季語/春待つ(はるまつ)を使った俳句

「春待つ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春待つ」について

【表記】春待つ

【読み方】はるまつ

【ローマ字読み】harumatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春を待つ(はるをまつ:haruomatsu)

・待春(たいしゅん:taishun)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

春待つを含む俳句例

待春や机に揃ふ書の小口/浪化

雪国の春待つ心遠々し/伊藤一露

口明て春を待らん犬はりこ/一茶

汀歩す待春の富士輝いて/星野椿

待春の茶杓一本蔵しけり/石嶌岳

春を待つ娘心や手鞠唄/井上井月

待春のふくれ崩るゝ波頭/星野椿

待春の枝の賑ひとも思ふ/友水清

春待や幸ある家の花袋/上島鬼貫

待春の空に襞ある瀧の音/古舘曹人

時雨るや旅に春待つ薬売/会津八一

茫々と初恋遠し春を待つ/稲畑汀子

鏡を磨がう春待つ老の若盛り/鬼貫

待春や手綱の赤き藁の馬/川村紫陽

春待つや手触れて軽き糸車/樋笠文

林中の径とどまりて春を待つ/原裕

春を待つ醤そへたる氷魚飯/森澄雄

待春の大樹の風を孕みたる/上野泰

紐長く小鳥籠吊り春待つ木/森重昭

春待や草の垣結ふ繩二束/村上鬼城

俳句例:21句目~

待春の礁に波の立ち上る/甘糟怜子

藁塚の棒先余し春を待つ/右城暮石

春を待つ淡海に心預けんと/高澤良一

春待つや仮の小桶に梅柳/安藤橡面坊

春を待つ心心のうなじ伸べ/木村蕪城

春待つや厨の妻のわらべ唄/今泉貞鳳

春を待つ夢の島バス停留所/田中啓介

春を待つ商人犬を愛しけり/前田普羅

春を待つ供養の針の一包み/西島麦南

煎大豆に花の春待つ宵なりけり/西勝

春待つや紅染める青木の実/小澤碧童

春待つや紙一しめを違ひ棚/増田龍雨

春を待つ下宿の人や書一巻/夏目漱石

声嗄れて春待つ心深まれり/関森勝夫

大江山春待つお伽草子かな/兼松平々

嵩減りて林中落葉春を待つ/井沢正江

大いなる水平線や春を待つ/宮崎寒水

同じ靴何度も修理春を待つ/細見綾子

待春か耐寒か石しづかにて/中嶋秀子

首垂れて春待つ木偶の並びたり/柏禎

俳句例:41句目~

塀に球なげて少年春を待つ/菖蒲あや

春待や花もつ枝の艶ぶくれ/室生犀星

更によし春待つ門の笑ひ声/尾崎紅葉

待春の海凪ぎ青き原酒樽/坂井とみ子

老人に空みえ辛夷春を待つ/和知喜八

白粥に人隔てゐて春を待つ/野澤節子

一挙手も一投足も春を待つ/後藤夜半

葛晒す白さ重ねて春を待つ/相良哀楽

待春の羽のごと干す白魚網/伊藤京子

分校に生徒が一人春を待つ/宮本旅川

鰭酒も春待つ月も琥珀色/水原秋櫻子

祝はるゝこと待春の心あり/高木晴子

待春や湯呑一つを前にして/村越化石

待春や病舎に菜売り卵売り/石橋秀野

待春や卒論の娘も嫁ぐ子も/小谷敦子

待春の人の来てゐる百度石/倉田紘文

待春の翡色の玉を身につけむ/泉早苗

待春の水よりも石静かなる/倉田紘文

春を待つ田水に映り道作り/石田波郷

蒟蒻薯春待つ貌の煤けたる/堀口星眠

俳句例:61句目~

春を待つ熊野の山は千の牛/夏石番矢

牛糞を焚く村落や春を待つ/野村喜舟

春を待ち我を待つとの妻の文/京極杞陽

これ程に春待つこゝろ生涯に/奥田智久

春を待つひらきし地図の野は緑/上野泰

春を待つコルク鉄砲うちにけり/辻桃子

春を待つ何も挿さざる壺円く/菖蒲あや

春を待つ心を正し処しにけり/星野立子

春を待つ心君にも吾にもあり/高濱年尾

春を待つ心遐けき身となんぬ/林原耒井

春を待つ狐火二つ消えにけり/萩原麦草

春を待つ鳥居の前の茶店かな/野村泊月

時ものを解決するや春を待つ/高浜虚子

桑畑を過ぎ行く時に春を待つ/細見綾子

檜扇へ土盛り上げて春を待つ/細見綾子

少年を枝にとまらせ春待つ木/西東三鬼

生野菜には塩ふつて春を待つ/細川加賀

真白き障子の中に春を待つ/松本たかし

庵の夜や春待ち兼て人のよる/井上井月

待春のぬけ道どれも潮の香/上田日差子

俳句例:81句目~

老松は父椎は母春を待つ/阿部みどり女

蒟蒻薯春を待つ貌の煤けたる/堀口星眠

鉄瓶の黙せばつぐ火春を待つ/亀井糸游

待春の丘に遊戯する鳥獣/長谷川かな女

待春の小匙にすくふ甘納豆/百瀬ひろし

待春の指先にのす弥次郎兵衛/加藤耕子

待春の睡りて白髪ふやしけり/池田秀水

待春の肱付き椅子の深さかな/高澤良一

待春の身の透く小鯛笹漬けに/田中英子

待春や会ひに行きたき道の神/村越化石

待春や氷にまじるちりあくた/河合智月

待春や浪花おこしのかろき味/田中英子

忌にありて春待つ心生れつゝ/稲畑汀子

春待つと檜山は月を育てけり/安立公彦

春待つやみな一脚のおしら神/古舘曹人

春待つや箒柄に彫るしだれ梅/西本一都

春待やうはごとまじる子守唄/室生犀星

春待や山吹の枯枝すぐりつつ/室生犀星

春待や漬け残りたる桶の茄子/室生犀星

果樹園も日ざし春待つスイス領/有働亨

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ