季語/春待つ(はるまつ)を使った俳句

俳句例:101句目~

濡れてより待春の黒土となる/岩岡中正

火を焚くや万年杭も春待つ木/佐野美智

珈琲の朝の湯気みな春待てる/原子公平

白足袋の爪先の春待つごとし/影島智子

紅裏の春待ち兼ねて燃ゆる哉/尾崎紅葉

酔をともに春待年をおしむ哉/加舎白雄

金の入日沼に沈めて春待たむ/角川源義

林檎の木いまだ幼く春を待つ/菖蒲あや

雪が降る春待つ心さぐるとき/林原耒井

鶴折つて春待つ風に吊しけり/土居蹄花

こまごまと草庵日記春を待つ/後藤夜半

九十の端を忘れ春を待つ/阿部みどり女

予感とは楽しき不安春を待つ/高石幸平

十一面それぞれ春を待つ観音/有馬朗人

掃除機で空気吸ひつつ春を待つ/皆吉司

新邸に楽しき春を待つばかり/鈴木花蓑

春待つや漬け残りたる桶の茄子/室生犀星

ずぶ濡れの太陽上り春待つ森/山崎ひさを

我が杖も春待つものゝ一つかな/緒方句狂

とど松もえぞ松も春待てる木々/高木晴子

俳句例:121句目~

月夜々に美しく春を待ちにけり/岸風三楼

ぬくきもの食べ春待ちの梟鳴く/村越化石

一隅の此のいしぶみも春を待つ/正田稲洋

春を待つ靴底にゴムを厚く貼る/岩田昌寿

バロックといふ待春の死語ひとつ/皆吉司

春待ちて我等東京の屋根の下/成瀬正とし

仕込み桶つぶやく泡に春待てり/伊藤京子

この丘に宵々のはやて春を待つ/内田百間

春を待つこころに野口雨情の忌/西本一都

年々に春待つこゝろこまやかに/下田実花

春待つや捲いて太らす毛糸玉/成瀬桜桃子

キリンも吾も頸堆七箇春を待つ/遠山陽子

待春のをりふし母の独りごと/猪俣千代子

春待つといふ大いなる言葉あり/後藤夜半

春を待つものに銀化の涙壺/野見山ひふみ

春待つや鈴ともならず松ぼくり/小川軽舟

春を待つ渡航の注射終へし腕/田川飛旅子

春を待つ花の歳時記開きては/岩崎富久子

庭に出て木々は常なる春を待つ/皆吉爽雨

春を待つ妻に泥鰌を食はせけり/岸本尚毅

俳句例:141句目~

春待つやふと来りたる返り事/島村元句集

思ひ出のそれのみにある春を待つ/上村占

或日あり或日ありつつ春を待つ/後藤夜半

春を待つ漁港の娼家はなやぎぬ/西島麦南

春を待つ港に船はなかりけり/増永波那女

すぐそこに来てゐる春や春を待つ/上村占

春待つ湾片手漕ぎして女の舟/加倉井秋を

炬燵板反りて読み書き春を待つ/皆吉爽雨

待春や駝鳥のかぶる日の帽子/上田日差子

生ま紙に重石をかけて春を待つ/細見綾子

仮縫のあとこころもち春を待つ/朝倉和江

病むことも身の養ひと春を待つ/関森勝夫

真つ白き障子の中に春を待つ/松本たかし

春待や生きのびし人の息づかひ/室生犀星

遠き世のごとく春待ち老夫婦/加倉井秋を

待春の金の成る木に花が咲く/伊藤いと子

待春の笑はして生え初めし歯よ/太田土男

春待てり製靴工場の木型どち/磯貝碧蹄館

待春の神事火の粉をよろこべり/中山純子

虚子館の鼓動聞きつつ春を待つ/藤浦昭代

俳句例:161句目~

諦めは癒ゆるを待たず春を待つ/朝倉和江

道祖神に赤い菓子置き春を待つ/藤岡筑邨

春を待つ子のクレヨンは海を生み/西村和子

春を待つ御手なる創にくちづけし/山本歩禅

その為に一壷酒のあり春を待つ/深川正一郎

春待つや力をこめてボール蹴る/波多野爽波

春を待つ悲しきことは云ふまじく/高濱年尾

春待つや一と間に住んで老夫婦/武原はん女

バスを待ち大路の春をうたがはず/石田波郷

春を待つ石のねむりのみとり妻/野見山朱鳥

春を待つ絵手紙に黄を重ねつつ/板橋美智代

春を待つ音符のやうなかいつぶり/山尾郁代

来て見れば孤島春待つ入らあり/金箱戈止夫

来るといふ人見えずして春を待つ/高浜年尾

春待やまなかひの手の照るを見つ/室生犀星

枯菊を残らず刈りて春を待つ/阿部みどり女

玩具と野菜畳に置くよ春待つよ/磯貝碧蹄館

うち集ふことは春待つことに似て/後藤夜半

写真も蘆花はひたもに春待つ眼/中村草田男

山羊を飼へとふ兎飼へとふ春待てば/及川貞

俳句例:181句目~

珠数くりて春を待つこそ仕事なれ/上島鬼貫

待春のほとりに木々をあつめたる/田中裕明

待春のみかんむかんにほかと割れ/亀井糸游

鉄線の春待つ気ぶりすら見せず/篠田悌二郎

待春やこころの忌明けせぬままに/岩間光景

妻病めばひと間をしめて春を待つ/岸風三楼

春待つや萬葉、古今、新古今/久保田万太郎

節穴にあつまり春を待つものら/津沢マサ子

林檎嗅ぎうしろの山も春待てり/新谷ひろし

待つことも医術のひとつ春を待つ/新明紫明

新居得て景色ととのふ春を待つ/下村ひろし

かの一事なるやならずや春を待つ/下村梅子

春を待つこゝろに雨の土ひかる/長谷川素逝

この子らも虜囚窓辺に春を待つ/金箱戈止夫

春待つや色麩ふたつのおかめそば/小川軽舟

春待つや帰らねばこそ波真白/野見山ひふみ

過ぎしこと再び言はず春を待つ/大橋越央子

春待つや地球のやうにみごもりて/仙田洋子

なつかしき羅宇屋の汽笛春待てば/加倉井秋を

みちのくにひつそり春を待つことを/高木晴子

タイトルとURLをコピーしました