季語/熊突(くまつき)を使った俳句

「熊突」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「熊突」について

【表記】熊突

【読み方】くまつき

【ローマ字読み】kumatsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・熊狩(くまがり:kumagari)

・熊猟(くまりょう:kumaryo)

・穴熊打(あなぐまうち:anagumauchi)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

熊突を含む俳句例

熊突の夫婦帰らず夜の雪/名倉梧月

神棚に熊撃銃の弾丸二つ/綾部仁喜

撃たれたる熊に近づく女傘/井上雪

旅人に熊狩のうた熊祭り/成瀬千代

熊突や海の氷れる北の国/山口漁壮

熊狩の犬別積みに出発す/茨木和生

熊突の話果てたる寝待月/矢島渚男

熊突の石狩川を渡りけり/深見桜山

一斉に熊狩の銃火を噴けり/鈴木貞二

熊撃ちし日の男等は山拝す/金子三郎

凶年を悲しむ鹿や熊を撃つ/百合山羽公

熊撃たる谺一つで終りけり/伊藤しげじ

熊撃ちし話大げさ薬罐噴き/松倉ゆずる

熊撃ちに行くとふ微笑髯の中/遠山陽子

熊撃ちに鹿撃ち道を譲りけり/鶴田玲子

鎖襦袢着て美少女は熊突きに/星野石雀

熊撃の夜語り雪となりにけり/鈴木野菊

熊撃の庭に仔熊を飼ひゐたり/根岸善雄

熊撃の髪剃つて家出て来たる/山中弘通

熊狩の少し伸びたる不精髭/三木はじめ

俳句例:21句目~

熊突や爪かけられし古布子/松根東洋城

熊撃ちも湯治の客も夜の炉端/石井とし夫

熊狩りのあとさき吹雪く奥檜山/西川光子

熊突が小屋にある時の眼鏡かな/小杉余子

熊撃ちの近寄りがたき傲りかな/山口冬男

熊撃ちし猟夫に一日客絶えず/黒坂紫陽子

源太村熊撃ちはみな頭のでかき/満田光生

熊撃のはにかんでゐる春炉かな/茨木和生

土間暗し吊りたる熊に突当り/白岩てい子

熊穴に入らむとするを撃たれけり/村松南斗

熊撃てばさながら大樹倒れけり/松根東洋城

熊撃ちのシュプール木々の胸さわぎ/平井さち子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ