季語/寄鍋(よせなべ)を使った俳句

「寄鍋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寄鍋」について

【表記】寄鍋

【読み方】よせなべ

【ローマ字読み】yosenabe

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「よ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

寄鍋を含む俳句例

寄鍋や東海の鮮灘の醇/富安風生

寄鍋や兵の話に尽くる齢/杉本寛

送別の寄鍋あつし病得て/金子潮

寄鍋の世話焼く袖を帯挟み/中火臣

寄鍋の夜を帰る人泊る人/稲畑汀子

寄鍋や母にまゐらす小盃/山本涼女

寄鍋や南も塞ぐ父なりし/大屋達治

寄鍋や蓋の重たき唐津焼/斎藤朗笛

寄鍋や子の饒舌を幸として/岡田貞峰

寄鍋や家郷に遠き人ばかり/大橋敦子

寄鍋や隣も小さきクラス会/栗原政子

寄鍋や剥き蛤のふくむつゆ/関谷嘶風

寄鍋に主客閑話や主婦多忙/星野立子

寄鍋の湯気暖かき夫婦かな/大賀豊泉

寄鍋の白菜雪のごとくなり/山口青邨

寄せ鍋の酔へば口つく国訛/森野敏子

京言葉もて寄鍋の世話をする/奥田可児

前山を見る寄鍋のうれしさで/栗林千津

又例の寄鍋にてもいたすべし/高濱虚子

寄鍋や酒は二級をよしとする/吉井莫生

俳句例:21句目~

寄鍋やたそがれ頃の雪もよひ/杉田久女

寄鍋のあげまき煮ゆる松浦潟/古舘曹人

寄鍋やむかしむかしの人思ふ/山口青邨

寄鍋を囲む寄席好き芝居好き/伊東白楊

煮細りし芹のもつるる寄鍋に/有馬籌子

寄鍋や話もつきて火も弱む/大山とみ子

沸々と寄せ鍋のもの動き合ふ/浅井意外

寄鍋にひとりふたりと相寄れる/火村卓造

寄鍋に青菜と私が揉まれます/武井美幸枝

寄鍋の湯気やはらかし家長たり/戸川稲村

寄鍋の終止符を打つ餅入れる/粟津松彩子

寄鍋やことし欠けたる林之助/鈴木しげを

寄鍋や下駄からころと路地通る/辻田克巳

寄鍋や豊かにくらす月はじめ/黒坂紫陽子

舌焼きてなほ寄鍋に執しけり/水原秋櫻子

又例の寄せ鍋にてもいたすべし/高浜虚子

寄せ鍋の大きな瀬戸の蓋を開く/星野立子

寄せ鍋の湯気にくづるゝ笑かな/島田青峰

寄せ鍋の眼鏡埋めて妻子あり/米澤吾亦紅

寄鍋を焦がせる酒となりにけり/石川桂郎

俳句例:41句目~

寄せ鍋やひと日離れぬ悔ありて/太田蓁樹

寄せ鍋や打ち込みし妓のうす情/日野草城

寄せ鍋や盗聴されてゐるごとし/田中良次

寄せ鍋や齢あかりに姉おとと/辺見じゅん

寄鍋や人の生きざまそれぞれに/阿部寿雄

寄鍋に僅かなる芹はさみけり/長谷川かな女

寄鍋の灰汁とり義士の日となりぬ/大森理恵

寄鍋や上着脱ぎたくなって来し/山元/秀女

寄鍋やわれを過ぎにしもののこゑ/角川春樹

寄せ鍋にやもめ同士の気楽さよ/竹田ひろし

舌焼きてなほ寄せ鍋に執しけり/水原秋櫻子

寄鍋の火を消しどこかたぎりをり/山下知津子

寄鍋や世に在ることの散りれんげ/永井東門居

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ