季語/春の雁(はるのかり)を使った俳句

「春の雁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の雁」について

【表記】春の雁

【読み方】はるのかり

【ローマ字読み】harunokari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・残る雁(のこるかり:nokorukari)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春の雁を含む俳句例

懐に父母恩重経春の雁/原裕

落丁や翅のみだれ春の雁/一蜂

黒き身の己を恃み残る雁/下田稔

一生を渡り職人春の雁/安藤林虫

纈の蝋煮ゆるなり春の雁/飴山実

臈纈の蝋煮ゆるなり春の雁/飴山實

つく~と海見て居るや春の雁/闌更

常滑の海より曇る春の雁/西川文子

枝ぶりも松の唐崎春の雁/脇村禎徳

横揺れの電車と帰る春の雁/西村公鳳

荷車をこぼるる藁や春の雁/藺草慶子

至りつく北思ふべし春の雁/岡田貞峰

春の雁旅情あるとき慕情に似/安住敦

春の雁仰ぐひもじき人の群/石原舟月

びろうどの帽子の上の春の雁/畑耕一

春の雁傘を忘れてもどりしよ/安住敦

春の雁石の上なる竹履かな/伊藤敬子

春の雁煙のごとし妻癒えず/小林康治

天心にして脇見せり春の雁/永田耕衣

春の雁流砂のなかの佛たち/藺草慶子

俳句例:21句目~

潟波に春雁たかし僧を送る/石原舟月

海を見てをれば一列春の雁/高野素十

浮雲の辺に紛れたり春の雁/西村和子

春の雁市井の夕日卑しかり/石原舟月

波頭ふれんばかりに春の雁/高畑浩平

春の雁したたりやまぬ夕茜/小林康治

春の雁淋しき刻を渡りけり/小林康治

貧交の誰彼とほし春の雁/上田五千石

都辺に家欲りをるや春の雁/杉山岳陽

みれんなく陸後にせり春の雁/松村蒼石

下宿屋も死語となりたる春の雁/西林始

天上に御座ただよふ春の雁/沼尻巳津子

帰るべきところへ帰る春の雁/廣瀬町子

春の雁いまも焦土にことならず/安住敦

春の雁うすうす果てし旅の恋/小林康治

春の雁ひかりて月の大河あり/石原舟月

春の雁人は孤影を曳き歩む/柴田白葉女

春の雁天王寺道いづれも坂/猿橋統流子

春の雁家ほしき顔ばかりなり/加藤楸邨

春の雁手控に紅にじみたる/沼尻巳津子

俳句例:41句目~

春の雁死の順列を崩すなよ/宇多喜代子

春の雁母焼く煙たちそむる/文挟夫佐恵

春の雁山は乳房ををさめけり/木村虹雨

春の雁眉うしなうて眩しめり/巌谷小波

春の雁裾濃となりて傾ぐ空/柴田白葉女

春の雁遠淡し徒労つゞくかな/小林康治

春の雁鍬を杖とし送りをり/向久保貞文

春雁や秩父七瀧ひびき合ふ/小川原嘘師

春雁や肩痛む日も文字を書く/橋本鶏二

沖に降る小雨に入るや春の雁/黒柳召波

瀬戸の海へ人忘れけり春の雁/小林康治

ろうけちの蝋煮ゆるなり春の雁/飴山實

すれすれに笹の山翔つ春の雁/岡井省二

つながらぬものにも縁春の雁/手塚美佐

飯食うて居れば門田に春の雁/角田竹冷

汝を悼む友皆遠し春の雁/竹下しづの女

春雁や手さぐりに夜の鬚剃れり/巌谷小波

春の雁立さはぎては日をおくる/松岡青蘿

春の雁棹だんだんに立つごとし/山口青邨

春雁をとどむるとしも五湖の雨/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

春雁をとゞむるとしも五湖の雨/飯田蛇笏

春の雁手つなぎ仰ぐこともなし/小林康治

春の雁みぎはの泥を曳きて翔つ/松村蒼石

汗撫でゝ顔のまぶしや春の雁/米沢吾亦紅

春の雁に坐りて低し土の上/長谷川かな女

春の雁親子のえにし薄かりし/柴田白葉女

戎克まだ来ぬアリナレや春の雁/原田青児

海を見てトラック憩ふ春の雁/百合山羽公

春の雁あはき思ひをさきざきに/松村蒼石

すぐ消える干潟の虹や春の雁/佐藤惣之助

春の雁永久に啼くべき声おとす/萩原麦草

酔ひもどる帽子あみだや春の雁/下村槐太

春の雁黄粉が指をこぼれけり/晏梛みや子

春の雁ことばはるけくなりにけり/菊地一雄

一夜のみ生きて手つなぐ春の雁/殿村菟絲子

海を見て春の雁見てさみしくなる/菖蒲あや

春の雁言ふまじき語を胸にして/柴田白葉女

空よりもはるかに春の雁のこゑ/今井杏太郎

くらくらと日の燃え落ちし春の雁/藤田湘子

春の雁月下に壱岐のまぎれなし/山崎富美子

俳句例:81句目~

逢ふことをいのちと知るや春の雁/小池文子

春の雁鳴けば見上げし遠野原/長谷川かな女

春雁の声につながる朝ごころ/阿部みどり女

恋ふるものに袂のまろみ/春の雁/櫛原希伊子

たましひを抱くともあらず春の雁/間庭とよ子

春雁脚見ゆるほどの低きに行くを仰ぐ泥濘を踏みて/安斎櫻カイ子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ