季語/畦塗(あぜぬり)を使った俳句

「畦塗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「畦塗」について

【表記】畦塗

【読み方】あぜぬり

【ローマ字読み】azenuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・塗畦(ぬりあぜ:nuriaze)

・畔塗り(くろぬり:kuronuri)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

畦塗を含む俳句例

畦塗に暾勁き薊露おびぬ/西島麦南

塗畦の光るに大豆埋めてゆく/篠原

畦塗るや大磐石に逢著す/西山泊雲

畦塗りつゝ夕鶯を聞く貌か/飴山實

畦塗の踏み固めをる鼠穴/福神規子

畦塗を一枚終るまで見たり/及川貞

畦塗るを鴉感心して眺む/西東三鬼

円盤のまはる新型畦塗機/佐藤稲舟

塗畦や外より家の内冷えて/上村占

波よりも輝き浦の畦を塗る/脇本星浪

塗畦のはやも光らず田を巻ける/篠原

塗畦の光りて蜑が通るなり/木村蕪城

塗畦の波のごと寄せ山陰線/西村公鳳

淡墨の花を螺鈿に畦塗れり/國島十雨

畦塗りの声よく透る古墳塚/河野南畦

畦塗るや聖牛角を正しをり/前田普羅

畦塗るや首をかしげて懇に/高浜虚子

畦塗るや高嶺いちにち雲の中/本村蠻

夫と塗る一本の畦歪まずに/影島智子

わが影に畦を塗りつけ~て/高野素十

俳句例:21句目~

女手に畦塗る畦は長きかな/相馬遷子

小器用に鍬を扱ひ畦を塗る/平松草太

絶壁に弓張の畦塗られけり/川端茅舎

赤米の神の畦こそ厚く塗る/向野楠葉

鉱害の水の匂ふと畦を塗る/猿渡青雨

畦を塗る泥水に蝌蚪水馬/青葉三角草

畦叩き塗りて母校に谺さす/太田土男

畦塗つて光の枠を嵌めてゆく/大串章

畦塗つて左右に分つ雲の影/河野南畦

畦塗にどこかの町の昼花火/相馬遷子

畦塗に白鷺下りて歩くかな/松藤夏山

畦塗の暮れても光る鼻柱/加藤知世子

曙の早き畦塗立てりける/阿波野青畝

畦塗の片がはばかり乾きをり/上村占

畦塗りし脛のほてりに足枕/太田土男

畦塗りに暾勁き薊露おびぬ/西島麥南

畦塗りの一日かわく嶽の風/六角文夫

働きし時間の見えて畦を塗る/松原秋果

象谷の入口の畦はや塗られ/大峯あきら

賤が岳見ゆる湖畔の畦を塗る/伊東宏晃

俳句例:41句目~

畦塗つて帰るや地主の塀厚し/香西照雄

なのはなのあと畦塗の安房郡/大屋達治

高畦を泥惜みなく塗りにけり/松藤夏山

畦を塗りあげて耕耘機でかへる/飴山實

畦を塗る一鍬ごとに水とばし/森岡花雷

畦を塗る己が泥の手眩しみつ/大熊輝一

まだ土の匂ひを持たぬ畦叩く/川上弥生

畦塗に鳥近よりてかくれけり/高橋馬相

老の腰尚も曲げてぞ畦塗れる/西山泊雲

今日塗りし月光の畦走りけり/細川加賀

見渡して空知植田は畦塗らず/高濱年尾

力入れ力を抜いて畦塗れる/石井とし夫

畦塗の深田踏みぬく音ひびく/大野林火

塗りこめし蝌蚪光りをる畦夕/久米正雄

塗りし畦塗りし力の残りをり/原田青児

畦塗の済みたる畦を跨ぎけり/青山友枝

畦塗の立ちて久しや何を見る/相馬遷子

畦を塗る鍬の光をかへしつゝ/高浜虚子

畦塗や夕焼けながら小糠雨/石島雉子郎

畦塗や笠阿呆かむり鍬はしり/西山泊雲

俳句例:61句目~

畦塗らむ紺股引にふぐり緊め/大熊輝一

畦塗られ水田は色を深くせり/相馬遷子

塗り終へて畦黒檀の日を返す/三輪閑蛙

畦塗りが畦に塗りこむ一番星/栗生純夫

塗畦のざつとながらの二三枚/綾部仁喜

畦を塗る磐石にそひ弓なりに/福田蓼汀

畦塗つて海の没日を大きくす/本宮哲郎

畦塗りのことに仕上げる落し口/飴山實

畦塗るや山に教会を戴きて/下村ひろし

畦塗るや軽雷耳にこゝろよく/西島麦南

山国の光あつめて畦を塗る/青柳志解樹

畦塗にぬりこめられぬ薊の葉/西山泊雲

畦を塗る朝の太陽ころがして/河合凱夫

社家の田を鴉が歩き畦塗らる/西村公鳳

畦塗に天くれなゐを流したる/相馬遷子

落柿舎の前一本の畦塗られ/冨田みのる

押し戻す力の畦を塗つてをり/斉藤棹歌

日が暈を一日脱がず畦を塗る/松下信子

日のあつく塗畦通ふ跣足かな/飯田蛇笏

畦塗の夕空の紺塗りこめし/今井杏太郎

俳句例:81句目~

槍穂高雲被て見えぬ畦を塗る/小林景峰

橋立と並行の畦塗りすすむ/猿橋統流子

藤懸かる笠置山あり畦を塗る/橋本鶏二

畦塗の夕日に押されゐたりけり/柳澤和子

水口を祭りし畦の塗り照らふ/金子無患子

阿蘇谷の火山灰土の畦高く塗る/上崎暮潮

畦塗つて雨に艶張る離宮の田/町田しげき

田の神の畦塗る仔細見て飽かず/鈴木貞雄

畦を塗る心になりて見てをりぬ/清崎敏郎

畦塗つて流れよき水添はせけり/荒井正隆

畦塗つて峡に孤独の田となせり/宮津昭彦

田の神の幣に泥跳ね畦を塗る/半崎墨縄子

二百枚棚田の畦の塗り上がる/本西満穂子

仕上げ鍬軽く滑らせ畦を塗る/石井とし夫

塗りあげし畦の掌型へ夕日澄む/吉田鴻司

疑はず農に生き来て畦を塗る/岡村喜代子

塗り上げし畦の掌型へ夕日澄む/吉田鴻司

畦塗つて有明月に手を合はす/市原あつし

塗り了へて畦直なるに汽笛添ふ/野沢節子

農継がぬ子を送り出し畦を塗る/皿井節子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ