季語/啄木忌(たくぼくき)を使った俳句

「啄木忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「啄木忌」について

【表記】啄木忌

【読み方】たくぼくき

【ローマ字読み】takubokuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

啄木忌を含む俳句例

雄鶏よ雌鶏よ今日啄木忌/原田喬

少年に窓の若葉や啄木忌/角川春樹

脚病めば故郷遠し啄木忌/遠藤梧逸

宅急便の花束匂ふ啄木忌/成田郁子

北上のとはの流れや啄木忌/田村了咲

戦経て傷みし身なり啄木忌/村山古郷

曲り屋は花に余白の啄木忌/平野無石

渋民に石川理髪店啄木忌/八牧美喜子

畦焼く火闇に階なし啄木忌/小原啄葉

皆痩せてかの子この子の啄木忌/林翔

啄木忌北指して雲流れをり/若色如月

花買つて米買つて税啄木忌/須川洋子

つきまとふ貧と文学啄木忌/小室善弘

靴裏に都会は固し啄木忌/秋元不死男

啄木忌悲しきまでに遠き雲/斎藤空華

啄木忌手種の砂のうす湿り/斉藤勇幸

啄木忌春田へ灯す君らの寮/古沢太穂

鶏卵を市電で割りぬ啄木忌/攝津幸彦

草藉きて三十路の吾や啄木忌/有働亨

国禁の書は今在らず啄木忌/林かつみ

俳句例:21句目~

壁の服みな腕垂れて啄木忌/齋藤朗笛

岬染め落暉ひろがる啄木忌/前山松花

便所より青空見えて啄木忌/寺山修司

兇器めく鉛筆の芯啄木忌/猿橋統流子

写真館の家族写真や啄木忌/内田美紗

あくびしていでし泪や啄木忌/木下夕爾

あふらるる辛夷の花や啄木忌/長谷川櫂

大皿にふるさとを盛り啄木忌/川本憲司

物書くは巣籠るに似て啄木忌/鷹羽狩行

啄木忌草に坐す野をもとめ来て/及川貞

こごみ和へ妻と突ける啄木忌/森田公司

その辺の草を歩いて啄木忌/大峯あきら

粕汁を噴きこぼしけり啄木忌/佐野農人

肚からの貧乏性や啄木忌/久保田万太郎

肩あげてなにに紛れむ啄木忌/小林康治

ひとの恋知れども触れず啄木忌/安住敦

背負ひたき母今は亡し啄木忌/市川愁子

啄木忌山河はわれを欺かず/遠藤若狭男

わが俳句玩具にあらず啄木忌/西本一都

バンドにて縛す教科書啄木忌/辻田克巳

俳句例:41句目~

仇名だけ記憶の師なり啄木忌/阿片瓢郎

何で癒やす疲れ啄木忌の曇天/佐藤鬼房

啄木忌いくたび職をかへてもや/安住敦

啄木忌さみしくなりて逆立す/吉田未灰

啄木忌母の知る歌妻の知る歌/田村了咲

鴨よりも家鴨が親し啄木忌/石田あき子

啄木忌利根の柳もあをみけり/川越蒼生

啄木忌句を三行にしたためて/田村了咲

啄木忌市井に棲みて尿濁る/伊丹三樹彦

啄木忌林檎芯まで食ひをはる/宮武寒々

提げてまた流離の傘や啄木忌/小林康治

城の堀いまもにほへり啄木忌/山口青邨

沖かけて北斗ゆたかに啄木忌/稲島帚木

浪人の子をひとりもち啄木忌/田村了咲

ある年の花遅かりき啄木忌/久保田万太郎

たなぞこを焼く握り飯啄木忌/赤松ケイ子

ひところのわれをかへりみ啄木忌/桂信子

みちのくの闇に野火して啄木忌/山口青邨

啄木忌ひとりの酒はあたためず/木村凍邨

新品の下駄を履きたる啄木忌/國分水府郎

俳句例:61句目~

啄木忌野に出で雲を追うてゐる/河野南畦

小石川、区の名は失せぬ啄木忌/吉屋信子

啄木忌為すこと多しおそからず/松村多美

啄木忌過去にはふれず働かす/八牧美喜子

見詰めれば指にペンだこ啄木忌/吉屋信子

紙に掬ふ消しゴムの屑啄木忌/奥谷亞津子

靴ずれの小指の胼胝や啄木忌/松沢佐多子

地に近きものより芽ぐむ啄木忌/宮坂静生

本棚のあたりより暮れ啄木忌/鈴木真砂女

いつ消えしわが手のたばこ啄木忌/木下夕爾

なりはひの下駄の片減り啄木忌/鈴木真砂女

ふるさとを持つ恥づかしさ啄木忌/櫂未知子

無駄遣ひ子にいましめる啄木忌/田中こずゑ

啄木忌ペン胼胝は業に異ならず/徳永山冬子

鮨台更けて一人が睡る啄木忌/長谷川かな女

野に咲くはなづなはこべら啄木忌/田村了咲

あ/あ/あ/とレコードとまる啄木忌/高柳重信

著ふるせるレンコ-トぞも啄木忌/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ