季語/蓬(よもぎ)を使った俳句

「蓬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蓬」について

【表記】蓬

【読み方】よもぎ

【ローマ字読み】yomogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・餅草(もちぐさ:mochigusa)

・艾草(もぐさ:mogusa)

・やき草(やきくさ:yakikusa)

・さしも草(さしもぐさ:sashimogusa)

・蓬生(よもぎう:yomogiu)

・蓬摘む(よもぎつむ:yomogitsumu)

季節による分類

・「よ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

蓬を含む俳句例

蓬の麓へ通ふ鼠かな/鬼貫

蓬に聞ばや伊勢の初便/芭蕉

白昼の能見て過す蓬かな/目

初夏や蓬が中の白薊/高田蝶衣

桜餅草餅春も半かな/正岡子規

蓬に聞かばや伊勢の初便/芭蕉

蓬や湯葉六代の竃神/黒木野雨

俎の蓬を刻みたるみどり/誓子

朝より腓返りの蓬原/柿本多映

掌に銀の影置く蓬かな/春日鳥宇

涼しさや長けし蓬を縄からげ/目

蓬に徐福と申す鼠かな/高浜虚子

蓬が杣和泉が軒の人形なり/幽山

園児らの眉ひらけゆく蓬道/原裕

七草や神も蓬が島あそび/白/尼

蓑笠を蓬にして草の庵/正岡子規

露霜や蓬生の宿に人病めり/紅葉

蓬生や手ぬぐひ懸て竹婦人/蓼太

太陽を蹴れば蹴鞠の蓬原/かけい

芦焼の水に蓬が漂うて/山西雅子

俳句例:21句目~

春雷やうす日来てゐる蓬原/石鼎

ちちははの魂あそぶ蓬かな/原裕

何のかの便りの風や枯芒/蓬山/

なにげなき餅草摘の身拵/斎藤玄

蓬や海に始まる人類史/高橋悦男

蓬や女峰磐座雲に立ち/小林碧郎

蓬や上野の山と相対す/正岡子規

右腕は雲の匂いに蓬摘む/守谷茂泰

野霞のこぼす小雨や蓬摘/芝不器男

春雨や蓬をのばす艸の道/松尾芭蕉

鈴の鳴る方へ傾く蓬かな/柿本多映

青嵐垢面蓬髭ばかりかな/清水基吉

静電気われ蓬野へ蓬野へ/永末恵子

枯芝に蓬薊と萌えて居し/松藤夏山

かまきりや日傭も同じ蓬が杣/露章

天心に跼むは蓬摘める母/齋藤愼爾

風呂敷を袋にむすび蓬摘む/上村占

餅草の匂ふ蓆をたたみぬ/室生犀星

餅草や砂渦のたつ曲り道/室生犀星

餅草を摘む歌の橋華の橋/永井龍男

俳句例:41句目~

寂しさが音になるなり蓬籠/斎藤玄

寒蓬推古の朝の堀ぞこれ/西本一都

香具山の蓬摘まんと大袋/大島雄作

水巴忌の蓬が混る蚊遣草/萩原麦草

山の湯の宿のロビーに絵蓬/酒井武

水鏡はなれて蓬原のあり/柿本多映

淋代の夏磯蓬長けにけり/古舘曹人

火の山の蓬の匂ふ雑煮椀/斎藤道子

炉開や天目古りし孤蓬庵/中川四明

焼芝の針の如くに蓬かな/松藤夏山

春たくる飛鳥の里の蓬哉/松瀬青々

短かさよ行基参のつみ蓬/松瀬青々

背で聴く育児らの摘む蓬の音/兜子

草蓬あまりにかろく骨置かる/楸邨

蓬々と詩につよき髪麥嵐/松村蒼石

ゆく春や蓬が中の人の骨/榎本星布

庭先へ廻りて一つ草の餅/草間時彦

蓬や掛けて隠るる古柱/後藤比奈夫

蓬匂ふ湯に洗足や飛ぶ螢/吉田冬葉

一ト所蝶のむれゐる蓬哉/松瀬青々

俳句例:61句目~

思ふこと風が奪へり蓬萌ゆ/村田脩

万葉の恋の蓬野電車ゆく/三嶋隆英

蓬摘む一円光のなかにゐて/桂信子

蓬摘一人は遠く水に沿ひ/田中王城

押へてもふくるる籠の蓬かな/実花

蓬摘潮のさざなみ川のぼる/中拓夫

蓬生に二日つづきし黄沙かな/省二

蓬生の野や芳しき風渡る/松本可南

佇つ影の日へ歩み出す蓬原/桂信子

低くして母のよろこぶ蓬山/齋藤玄

蓬生ふ月指す城の波の音/横光利一

蓬生や日暮れておろす凧の音/梅室

優婆塞が佛性ほどの蓬摘/筑紫磐井

蓬草軒葺き垂れて花御堂/松藤夏山

日の下に真水のくぼみ蓬山/桂信子

蛇の衣かゝれる蓬薊かな/岡本松浜

螢籠つるや蓬のかくし妻/高田蝶衣

行春やほう~として蓬原/子規句集

娶る日に冬の蓬が萌え易し/萩原麦草

あかがねの雨樋秋の蓬春邸/高澤良一

俳句例:81句目~

手造りのしかも味噌餡柏餅/草間時彦

蓬摘む生れかはりし童たち/松村蒼石

うら若き川原蓬やはるの風/加舎白雄

瓦落ち軒の蓬も飛びにけり/寺田寅彦

かへるさの日照雨に濡れし蓬籠/麦南

蓬干す莚ものべぬ薬の日/河東碧梧桐

餅草も雀がくれとなりしはや/森澄雄

餅に搗く蓬奔流しそめけり/皆吉爽雨

飛鳥仏の鼻梁も青し青し蓬/金子兜太

風邪引きや髯蓬々の山男/楠目橙黄子

登呂の世の車田の畦蓬萌ゆ/渡辺立男

死ぬるほど蓬負ひけり唇の塩/齋藤玄

摘む前の蓬の上に眠りたし/今瀬剛一

流れには遂に出逢はず蓬摘む/波津女

蓬や東にひらく伊豆の海/水原秋櫻子

芹蓬摘めよと與ふ子に刃物/石川桂郎

蓬摘む籠の中まで夕日入る/鈴木幸子

雪ふかく蓬かざる山廬かな/飯田蛇笏

銃眼を残して生ふる蓬かな/横光利一

萱の丘蓬々と紅く枯れんとす/瀧春一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ