季語/春の虹(はるのにじ)を使った俳句

「春の虹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の虹」について

【表記】春の虹

【読み方】はるのにじ

【ローマ字読み】harunoniji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初虹(はつにじ:hatsuniji)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春の虹を含む俳句例

青苔や膝の上まで春の虹/一茶

幼子の泪すぐ消ゆ春の虹/大串章

初虹や岳陽楼に登る人/尾崎紅葉

初虹や白川道を花売女/中川四明

歩行器に油さす母春の虹/花田春兆

震度五の空が屈折春の虹/吉原文音

春虹の頂見んと森を出づ/溝口青男

をののける雄鶏一羽春の虹/原田喬

春の虹花選る人を店の中/宮津昭彦

落書にいさゝかの毒春の虹/飴山実

蘭しげる滝口みえて春の虹/飯田蛇笏

抽斗につかはぬ音叉春の虹/菅原鬨也

春の虹この道ゆかば都あと/柿本多映

春の虹そのあと昏し足洗ふ/野澤節子

春の虹幼き我と見ておりぬ/鳴戸奈菜

春の虹手紙の母に愛さるる/寺山修司

春の虹断崖に立つ聖十字/柴田白葉女

初虹や裏見が瀧に照る朝日/井上井月

一脚は西大寺より春の虹/河原枇杷男

丘の上に女学院あり春の虹/岸風三楼

俳句例:21句目~

春の虹旅を夢見る子と仰ぐ/堀口星眠

春の虹片脚余呉に下しけり/加古宗也

兄弟の見上げる春の虹二重/満田春日

初虹の下流るゝや根なし水/松瀬青々

春の虹鳥になる子を育ており/杉田桂

朝戸出の人々のみに春の虹/中村汀女

武蔵野の森より森へ春の虹/鈴木花蓑

眼の玉の中にも水や春の虹/桑原三郎

大頭ならでは見えじ春の虹/和田悟朗

天橋の根のくろさや春の虹/西山泊雲

苜蓿つめたし春の虹かけて/内藤吐天

密息や山の根に浮く春の虹/赤尾兜子

吾子は早やわれを恃まず春の虹/八木芳

春の虹坂は自転車の上で歌ふ/石川桂郎

たをやかに幽明距つ春の虹/殿村菟絲子

春の虹泣ぐせことはもう泣かず/岸田稚

晩年やあまりに淡き春の虹/柴田白葉女

春虹の消えぎはに逢ふ柩出し/福永耕二

春虹や蔵王しめりの靴脱げば/清水基吉

春の虹映れりくらき水の上/柴田白葉女

俳句例:41句目~

五十鈴川奔り出でたる春の虹/野澤節子

春の虹田村俊子の墓小さき/岩井久美恵

砥石持ち母現はるる春の虹/郡山やゑ子

竹山に春の虹立つ間近さよ/松本たかし

春の虹消ぬまでの物思ひかな/中村苑子

遠く見るを忘れて久し春の虹/谷口桂子

夢殿に阿うんの春の虹立てり/冨田みのる

奥美濃のなかなか消えぬ春の虹/細見綾子

山国や手触れて消えむ春の虹/文挟夫佐恵

春の虹川よりいろの湧きにけり/谷口桂子

春の虹褪せゆく中に孤りなり/柴田白葉女

春の虹誰にも告げぬうちに消ゆ/朝倉和江

春の虹智恵子の空に懸かりけり/高原春二

まばたいて睫毛に春の虹たたす/野沢節子

春の虹山羊にはいつも首の鐶/百合山羽公

樹影身に揺れつつ遠き春の虹/柴田白葉女

春の虹消ゆまでを子と並び立つ/大野林火

みんなみに根の残りたる春の虹/伊藤通明

乳房やああ身をそらす春の虹/富澤赤黄男

ゲルニカの馬にまたがり春の虹/仙田洋子

俳句例:61句目~

春の虹とゞろく滝に澄みのぼる/中川宋淵

馬車駈りて野に遊びけり春の虹/鈴木花蓑

墨買ふや大和にかかる春の虹/町田しげき

春の虹うつれりくらき水の上/柴田白葉女

ひとごとのような寂しさ春の虹/平井久美子

春の虹消えて木椅子に猫ねむる/柴田白葉女

ことばもて子に距てらる春の虹/柴田白葉女

母の脆さ見すかされをり春の虹/柴田白葉女

貧富すべなし春の虹どこからも見ゆ/本多脩

春の虹消えまじとしてかかりをり/細見綾子

ほとばしる乳に噎せる子春の虹/小野とみえ

瞽女去つて佐渡に根のある春の虹/佐川広治

うすかりし春の虹なり消えにけり/五十嵐播水

春の虹あえかに立てば事務室のたれもやさしく窓ぎはに寄る/大西民子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ