季語/蛙の目借時(かわずのめかりどき)を使った俳句

「蛙の目借時」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蛙の目借時」について

【表記】蛙の目借時

【読み方】かわずのめかりどき

【ローマ字読み】kawazunomekaridoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・目借り時(めかりどき:mekaridoki)

・めかる蛙(めかるかえる:mekarukaeru)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

蛙の目借時を含む俳句例

鱒池の波鋼なす目借時/飯田龍太

鰊御殿天井高き目借時/館岡沙緻

靴の右左違へて目借時/寺岡捷子

体内の水嵩思ふ目借時/能村研三

採血の管を探せり目借時/高澤良一

目借時神に泪を拭はれて/堀口星眠

ねむたくて齢加はる目借時/森澄雄

高原にゐてや蛙の目借時/笠原古畦

人違ひして肩叩く目借時/徳丸峻二

芋水車終ふ蛙の目借時/平野紀美子

夜の雲に一粒荘は目借時/飯田蛇笏

能面の尉が天向く目借時/佐川広治

目借時鶴川村の残りをり/石川桂郎

戦意なき男がぬつと目借時/和湖長六

物音のしてゐる家や目借どき/岸田稚

顔拭いて顔細りけり目借どき/岸田稚

検査の為の検査蛙の目借時/高澤良一

牛車とほりしあとの目借時/細川加賀

片乳房に嬰ゐて蛙の目借時/柚木紀子

大きな子膝に蛙の目借時/服部くらら

俳句例:21句目~

点滴に五体をあづけ目借時/青木暁雲

目借時蒟蒻ちぎる爪をたて/石川桂郎

蟇の目に穴のあいたる目借時/石原八束

黒板にチヨークの音や目借時/福川悠子

つま呼んで水冥くなる目借時/関戸靖子

六地蔵のひとつ瞑る目借時/川崎光一郎

団三郎むじなの神の目借時/小島千架子

城山にいつものけふの目借時/岡井省二

大空を白いふうせん目借時/本田ひとみ

噛めば甘き峡の夕闇目借時/佐藤きみこ

煮こぼして薬減らしぬ目借時/関戸靖子

焼かれいる刻の遺影と目借時/森田智子

目借時たやすく死ぬる話して/嶋田麻紀

目借時ゆふべのままの紙とペン/井上雪

目借時狩野の襖絵古りに古り/京極杜藻

種あかす手品などみて目借時/高澤良一

落葉松に峡田のすきて目借時/飯田蛇笏

父に似ぬ不器用可笑し目借時/小松崎爽青

目借時ヨセミテの木々つつく音/仙田洋子

目借時沽券てふ字が書けなくて/高澤良一

俳句例:41句目~

慶弔のかさなつてくる目借どき/佐川広治

母とゐて早寝共にす目借どき/八牧美喜子

耳までも貸してしまへり目借時/能村研三

夜は猫も美食たのしむ目借時/北原志満子

腹いつも減りゐるごとし目借時/藤田湘子

膝に読む本のぬくもり目借どき/作田文子

煙草吸ふや夜のやはらかき目借時/森澄雄

イヤホーン付けて蛙の目借時/堀之内和子

煮ものして窓のくもりし目借どき/檜紀代

すりこぎに足生え飛騨の目借時/文挟夫佐恵

水飲みてすこしさびしき目借時/能村登四郎

日の外に何か散り来る目借時/阿部みどり女

山鳩の来る樹きまれる目借時/阿部みどり女

めかり時映画はシルバー料金にて/高澤良一

目借どきいよよまろさの宋の壺/中戸川朝人

バス停をひとつ乗り越す目借時/佐藤のぶ女

たまたまの外出坐れば目借時/阿部みどり女

およその量で買物たのむ目借どき/平井さち子

めつむればいづこも同じ目借時/阿部みどり女

とりとめなきはなししてをり目借時/中山純子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ