季語/紫雲英(げんげ)を使った俳句

「紫雲英」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「紫雲英」について

【表記】紫雲英

【読み方】げんげ

【ローマ字読み】genge

子季語・関連季語・傍題・類語など

・げんげ(げんげ:genge_)

・蓮華草(れんげそう:rengeso)

・五形花(げげばな:gegebana)

・げんげん(げんげん:gengen)

・げんげ田(げんげた:gengeta)

季節による分類

・「け」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

紫雲英を含む俳句例

桜島いまし雲ぬぎ紫雲英の上/青邨

密密のげんげ畑や猿田彦/安原楢子

美しき越境げんげ畦越えて/中野弘

げんげ田を一枚へだて婚の家/長田等

げんげ田に恋猫がゐて神宿る/三谷昭

紫雲英野の道たかまりて川跨ぐ/敏郎

げんげ田の紅を紡ぎて海の風/檜紀代

菜花げんげ田朝潮川にさし/永井龍男

紫雲英咲き熊野ふる道細りけり/紫水

荒鋤田紫雲英残りて畔に咲く/村岡悠

道草の鞄げんげの中にあり/小澤初江

爪打ちの鐘の余韻は紫雲英野に/風生

げんげ田に寝て白雲の数知れず/林火

げんげ鋤く一鍬一鍬鮮烈に/栗生純夫

げんげ田に太陽がをり瓦の村/桜井博道

げんげ畦旅の余りを一寺訪ふ/荒井正隆

野に放つ心集めて紫雲英摘む/稲畑汀子

紫雲英燃ゆ子捨川とて村外れ/沢木欣一

げんげ田に泣く弟を姉が抱く/太田土男

紫雲英畑日々に隆まる揺色ぞ/香西照雄

俳句例:21句目~

紫雲英荷と夕映充てし頬窪と/香西照雄

げんげ田に寝し青春を失へる/田村一翠

五形花田や犂つけて牛とべる/西山泊雲

愁ひ身にあれば紫雲英の野は白し/鷹女

胸までの紫雲英仔犬は迷ひゆく/草田男

捨ててある紫雲英の束や夕日射す/苑子

隣田は紫雲英咲きそむ鰻池/水原秋櫻子

げんげ田に隠れし廃井回想誌/対馬康子

げんげ田に大きな影や風車/山口波津女

国東や青麦げんげ織りなせる/大橋敦子

朝の気にげんげも英気養はん/高澤良一

狡る休みせし吾をげんげ田に許す/清子

田に降りし雀げんげの花隠し/辻田克巳

紫雲英や三々五々に江戸の松/関森勝夫

花御堂葺くげんげ笊つゝじ笊/宇野萩塘

げんげ蒔く今日より南小国町/穴井研石

げんげ田に乳房拡げて牛憩ふ/高橋悦男

紫雲英咲く白毫寺村佳き香せり/林之助

げんげ田真紅一瞬にして白もどる/三谷昭

みづうみの夕映明り紫雲英蒔く/栗田秀畝

俳句例:41句目~

げんげ田を鋤く帰らざる人のごと/森澄雄

げんげ田を百枚見れば臼杵かな/藤田湘子

げんげ田に沈みて遍路冥利かな/沢木欣一

指ゆるめ紫雲英の束を寛がす/橋本美代子

水軍の島紫雲英咲き菜の花咲き/大橋敦子

河原田の紫雲英帯なす日高川/下村ひろし

げんげ田に峡に弥勒の影うまる/荒木青踏

げんげ田に影を重ねて老夫婦/宇多喜代子

げんげ田に殺すあそびの紐来る/熊谷愛子

神将の左拳にまとふ紫雲英の風/古舘曹人

げんげ田は農夫の座敷飯を食ふ/品川鈴子

げんげ田にながなが繋ぐ歩み板/二村典子

げんげ田に残りて亘き礎石かな/石井桐陰

紫雲英野をまぶしみ神を疑はず/片山桃史

げんげ田の遠近疎密あきらかに/栗生純夫

赤ちゃんは音楽が好き蓮華草/岩根真由美

蓮華草亡父は雨戸を背負ふらん/攝津幸彦

げんげ田に吾の居し跡経し時間/津田清子

けふの雨げんげんの花廻すらむ/依光陽子

げんげ田に臥しげんげんの厚褥/大橋敦子

俳句例:61句目~

げんげんに寝て大空の声を聞く/影島智子

げんげ田の甘きかぜ来る鼻の先/高澤良一

げんげんは土になりきり千曲川/栗生純夫

げんげんや夕日眩ぶしく人の声/笹沢美明

紫雲英蒔くときの花咲爺めく/覚正たけし

げんげ道筆箱が鳴るランドセル/吉原文音

げんげ野を眺めて居れど夫はなし/桂信子

げんげ田に仰臥良寛かもしれず/柴田奈美

三日月に誓ふて交すげんげかな/渡辺水巴

仰向き寝るげんげ今年の冷たさよ/下田稔

口開いて蛸壺げんげに転がれず/和知喜八

四角い田打つげんげ田の女かな/萩原麦草

花御堂美濃の紫雲英を葺き重ね/近藤一鴻

夕冷えに死ぬげんげんの眠り虻/太田鴻村

げんげ田はみんな曇りぬ関ケ原/細川加賀

紫雲英道幾筋断ちて基地始まる/香西照雄

熱く生きげんげ田に影消す日いつ/渋谷道

げんげ田の果てに山あり母郷行/伊東宏晃

狡休みせし吾をげんげ田に許す/津田清子

げんげ田の広大これが美濃の國/山口誓子

俳句例:81句目~

げんげ田に人の寝型の残りをり/伊藤京子

げんげ田のつづき天女の遊び足/吉野義子

げんげ田はいま誰のもの花盛り/右城暮石

虻と虻ここも組討げんげ揺れ/阿波野青畝

げんげ田の風がまるごと校庭に/小川軽舟

げんげ田がすこし青みてお正月/廣江八重櫻

げんげ田といふほどもなく渚かな/田中裕明

げんげ田に子盗ろの雲の下りて来る/滝佳杖

風に揺るゝげんげの花の畦づたひ/星野立子

げんげ田に悲しみの知恵袋を開く/寺井谷子

げんげ田に誰からとなく靴を脱ぐ/太田土男

げんげ田に降りしばかりに鴉の愚/岸風三樓

げんげ田のどこかがかげり凧揚る/菖蒲あや

げんげ田のほむらをのぼる月の色/松村蒼石

げんげ田の遠ざかるほど密度増す/栗生純夫

げんげ田は父の胡坐に入るごとし/影島智子

げんげ田は風匍ひ止みて青は青/池内友次郎

げんげ田や多喜忌の径を急がばや/八十島稔

げんげ田や鋤くあとよりの浸り水/臼田亞浪

げんげ田を出ずわが世界劃りたし/津田清子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ