季語/果樹植う(かじゅうう)を使った俳句

「果樹植う」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「果樹植う」について

【表記】果樹植う

【読み方】かじゅうう

【ローマ字読み】kajuu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

果樹植うを含む俳句例

冬雄逝き庭に棗の木を植える/穴井太

東より春は来ると植ゑし梅/高浜虚子

果樹植うや庭隅の土耕して/遠藤ちづる

桃栗三年婆七十歳の柿植うる/菊池志乃

桃植うや晩婚の子の汝が為に/杉山岳陽

桃植うる川のひかりを遠く来て/岡庭正

浦々に蜜柑など植えざんざ降り/穴井太

整然たる桃の植穴明日は晴れむ/張替総史

独り住む娘の植ゑゆきし梅擬/平松/青泉

移し植えて信濃の緋桃三年ごし/松村蒼石

古稀の手でみかん苗植う海霧の中/閑田梅月

川音のあるかなしさや果樹植うる/村沢夏風

ぶどう苗木寸土に植えて子といる日/古沢太穂

富士見ゆる丘のなぞへに果樹植うる/藤田知子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ