季語/春の霜(はるのしも)を使った俳句

「春の霜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の霜」について

【表記】春の霜

【読み方】はるのしも

【ローマ字読み】harunoshimo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春霜(はるしも/しゅんそう:harushimo)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の霜を含む俳句例

晩霜や生ける屍が妻叱る/草城

春霜や鍬音たかき籬外/西山泊雲

老人の墓と睦める春の霜/岸田稚

一握の韮の切口春の霜/松村蒼石

曙や麦の葉末の春の霜/上島鬼貫

酪舎より海の弓月春の霜/飯田蛇笏

晩霜や手紙の宛名市となりて/暮石

あけぼのや麦の葉末の春の霜/鬼貫

天清く鶴能く高し春の霜/内田百間

骨壺にわが息通ふ春の霜/細田寿郎

春の霜幼子黙す別れかな/相馬遷子

更年や春の霜被て庭の石/石塚友二

莟もつべん~草や春の霜/羅蘇山人

春霜や久女に翳る父の墓/古館曹人

大寺に箒だまりや春の霜/向笠和子

春霜や東行庵の片びさし/飯田蛇笏

語りつつ片耳熱す春の霜/柿本多映

春霜や箒に似たる庵の主/内田百間

吊橋に暁光とほく春の霜/大島民郎

晩霜の豫報や遠き夜の山/石塚友二

俳句例:21句目~

晩霜の予報高原星満つる/杉山鶴子

晩霜の父へ一升提げし旅/古舘曹人

一握り塩振る水菜春の霜/小林康治

たらの芽や晩霜径をかゞやかす/秩父

揚舟にいきいき春の霜結ぶ/佐藤鬼房

春の霜柳に解けて流れけり/石井露月

出来過ごす麦の薬や春の霜/水田正秀

春霜の畝立つ若き修道士/下村ひろし

春霜や池のちりなる巻煙草/増田龍雨

晩霜をくすべて三日李畑/山中真智子

一望にあらきの起伏春の霜/飯田蛇笏

谺して春霜木々へ還りゆく/藤田湘子

春の霜沖幽らむまで人遠し/小林康治

春の霜また病妻に会ひにゆく/有働亨

春の霜睡魔のごとき田一枚/白井友山

春の霜別るる日まで児を叱し/樋笠文

春の霜鶏に追はれし女の子/伊藤通明

春霜や袋かむれる葱坊主/松本たかし

春の霜レール曲げたる車止/吉村摂護

満月の宙やきらめく春の霜/相馬遷子

俳句例:41句目~

絶命の寸前にして春の霜/野見山朱鳥

晩霜におびえて星の瞬けり/相馬遷子

苗床の土くれあらし春の霜/西山泊雲

晩霜の気配に澄めり星の空/石塚友二

子の背に少年兆す春の霜/上田日差子

起きぬけに結ぶ角帯春の霜/松村蒼石

道祖神の彫の曖昧春の霜/小林美夜子

春の霜農婦に老の影はやく/西島麥南

春の霜炎のごとき供華を擁く/保谷小竹

声たてて阿蘇の春霜崩れゆく/石原八束

指ふれて加賀の春霜厚かりし/高野素十

春の霜身が窶る詩を念へども/飯田蛇笏

春霜の擾乱やがて火となる藁/河合凱夫

春の霜過ぎし月日が光り出す/井沢正江

春霜や墓もへだたり父と母/成瀬桜桃子

春霜や耕人今日をたたへ合ひ/西山泊雲

晩霜に食われて黒き農夫の貌/佐藤鬼房

枸杞の芽の傷みて黒し春の霜/高橋春灯

汽車下りて鼻梁をただす春の霜/松澤昭

晩霜の茶を刈り捨てて雨籠り/荏原京子

俳句例:61句目~

晩霜警報農には農の荷あまれり/及川貞

これきりと見えてどつさり春の霜/一茶

体重を少し浮かせて春の霜/佐々木久代

苗藁をほどく手荒れぬ春の霜/室生犀星

春の霜煤け軽子が日を溜め来/小林康治

藁塚の三つが身を寄せ春の霜/中村汀女

手に取れば波の文ある春の霜/星野紗一

折れ葱のなかの白濁春の霜/大木あまり

春の霜かゞやく見よや貯炭守/小林康治

じつにしづかな晩霜の殺戮よ/坂戸淳夫

百六年後の二十二世紀春の霜/桑原三郎

晩霜の野山くつきり在りにけり/草間時彦

春霜満地銀狐の餌はきざまるゝ/前田普羅

春霜のきびしき城の辺に出づる/木村蕪城

道のべに春霜解けてにじむほど/皆吉爽雨

春の霜忌にゆく影を当てて過ぐ/野沢節子

春霜に美しう老いておはすらむ/中川宋淵

つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ/前田普羅

かはらけに味噌やく朝や春の霜/中川四明

晩霜や花からたちに山羊を飼ふ/石原舟月

俳句例:81句目~

子供らは影のごと跳び春の霜/小松崎爽青

をだまきのネオンの墓場春の霜/宮武寒々

先見ゆるいのちなりけり春の霜/石塚友二

晩霜やラスコーリニコフの斧の上/齋藤愼爾

山鳴りの山をはなれず春の霜/菅原師竹句集

人の死に狎れることなし春の霜/大木あまり

名園の春の霜とけかねしかな/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ