2月の季語一覧&俳句

2月に使用する季語を一覧にまとめました。

※後半に「二月」の例句を300句ほどまとめてあります。

スポンサーリンク

2月の季語:時候

初春 / 睦月 / 旧正月 / 寒明 / 立春 / 早春 / 春浅し / 冴返る / 余寒 / 春寒 / 遅春 / 春めく / うりずん / 魚氷に上る / 雨水 / 獺魚を祭る / 二月尽 /

2月の季語:地理

焼野 / 堅雪 /

2月の季語:生活

蕗味噌 / 鶯餅 / 白魚飯 / 味噌豆煮る / 野焼 / 山焼 / 畑焼く / 芝焼く / 麦踏 / 藍蒔く / 海苔掻き / 魞挿す / 磯竃 / 梅見 / 春スキー / 鶯笛 /

2月の季語:行事

祈念祭 / 列見 / 建国記念日 / 絵踏 / 初午 / 二月礼者 / 針供養 / 藁馬曳き / 御灯祭 / 竹割祭 / 橿原祭 / 長谷寺のただ押し / どんづき祭 / 黒森歌舞伎 / 谷汲踊 / 一夜官女 / 北野菜種御供 / 摩耶詣 / 二十六聖人祭 / バレンタインの日 / 謝肉祭 / 才麿忌 / 野波忌 / 良寛忌 / 夕霧忌 / 義仲忌 / 実朝忌 / 右近忌 / 句仏忌 / 節忌 / 霽月忌 / 安吾忌 / かの子忌 / 鳴雪忌 / 多喜二忌 / 不器男忌 / 茂吉忌 / 逍遙忌 / 三汀忌 /

2月の季語:動物

猫の恋 / 白魚 / 公魚 / 飯蛸 /

2月の季語:植物

/ 紅梅 / 牡丹の芽 / 薔薇の芽 / 三茱臾の花 / 黄梅 / ミモザ / 金縷梅 / 猫柳 / スノードロップ / クロッカス / ヒヤシンス / 菠薐草 / 如月菜 / 水菜 / 壬生菜 / 慈姑 / 烏芋 / 種芋 / 下萌 / 草青む / 駒返る草 / 草の芽 / ものの芽 / 末黒の薄 / 桔梗の芽 / 古草 / 節分草 / 洲浜草 / 犬ふぐり / 蕗の薹 / 雀の帷子 / 片栗の花 / 猫の眼草 / 菊苦菜 / 海苔 / 岩海苔 /

※当記事では【 三春(2月から4月の全期間で使用可能な季語)】は掲載しておりません。より多くの季語をお探しの場合は、以下のページを御覧ください。
⇒ 三春を含む春の季語一覧はこちらをクリック

「二月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「二月」について

【表記】二月

【読み方】にがつ

【ローマ字読み】nigatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・二月早や(にがつはや:nigatsuhaya)

季節による分類

・「に」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

スポンサーリンク

二月を含む俳句例

二月の籠鶯の緋總かな/原石鼎

燕に賑ひそめる二月かな/蓼太

沓の音水の音しぬ二月堂/大魯

二月や松の苗売る松の下/素牛

鼻筋の父似二月の桃畠/宮坂静生

火の朧水の朧や二月堂/中岡毅雄

女弟子伴ひ二月礼者かな/中川朝

風二月顔よごれきる賽の神/原裕

若楓鹿ひと声の二月堂/早坂信子

軍服を畳に展げ梅二月/坂本宮尾

濡れ色の鴉に二月屹立す/桂信子

梅どこか二月の雪の二三尺/一茶

蕾より大きな雫梅二月/倉田紘文

梅の枝唐竹割に二月空/高澤良一

鳥の啼く梢は寒き二月かな/衛美

切株に鶯とまる二月かな/原石鼎

二月堂も三月堂も冬霞/田中冬二

眼帯や街に二月の風荒き/桂信子

男にもある更年期二月尽/森松清

畑歩く二月の鴉母衰ふ/服部一彦

俳句例:21句目~

寝話しの親子兄妹二月尽/瀧春一

塵芥車滴り長し二月尽/沢木欣一

啄木の花を下さい二月尽/鷲田環

厨芥車滴り長し二月尽/沢木欣一

相娵の心々の二月かな/野村喜舟

灸点をぬるや二月の筆初/正岡子規

鬘屋の目無し人形街二月/小川澤子

累々と橙落つる二月かな/野村喜舟

二月果つ虚空に鳩の銀の渦/塚原岬

開店の新書匂ひぬ梅二月/板坂良子

鶯や二月礼者に疎からず/松瀬青々

雁帰るころやしづまる二月堂/青々

女の子つれて二月の礼者かな/圭岳

朽舟にさざ波光る二月かな/桂信子

二月や人の形見の絣着て/細見綾子

紅梅の二月は恋の鹿子哉/正岡子規

羅の二月堂僧杉間より/赤松けい子

二月には甘納豆と坂下る/坪内稔典

梅二月鳩居堂香たきこめて/樺山翠

梅二月脂粉の匂ふ裏通路/浜島君江

俳句例:41句目~

柊の埃払はん二月かな/大谷碧雲居

梅二月灯台青き灯を点す/加古宗也

二月の梢かゞやくそよぎかな/篠原

甘酒を吹いて涼しき二月堂/小島健

鴎舞ふ夕日の中を二月過ぐ/城松喜

春風の女吹くなり二月堂/正岡子規

早春の雲のあたりが二月堂/星野椿

天平の春月出づる二月堂/佐藤浩子

天上の灯は二月堂春の闇/井沢正江

二月堂春の燭足す堂童子/吉原文音

傷兵に喜捨す二月の戎橋/宮武寒々

元日の酔詫に来る二月哉/高井几董

雪五たび二月慌しく過ぎし/上野泰

草市を覗く子鹿や二月堂/香西信子

二月先づ碧梧桐忌や畑平ら/泉天郎

名刹に野外撮影ある二月/宮武寒々

一月や声筒抜けに二月堂/吉沢紀子

土竜噴く上の一輪梅二月/皆吉爽雨

お松明果てたる二月堂に月/奥静代

水色に昏るる二月の燈台は/桂信子

俳句例:61句目~

雪除けて紅梅仰ぐ二月盡/横光利一

鏡中に余る小住ひ二月尽/松山足羽

針金の切り口光る牧二月/飯塚芳子

石の鹿灯袋を駈け二月尽/伊藤敬子

赫土を盛りて二月の霜柱/松村蒼石

大仏の胴中まはる二月哉/正岡子規

二月尽天城山葵に涙して/細見綾子

白鷺は榛の宿水に二月盡/松村蒼石

大葬や二月の雨を両頬に/宇咲冬男

二三日葬りに使ひ二月尽/伊藤敬子

法堂や二月厳しき松の幹/渡邊水巴

猶遠き行脚の足や二月灸/大谷句仏

灰十字額に受けて二月尽/笠原達山

湿原は鶴の涯なる二月盡/古舘曹人

蛤や二月の波の横走り/殿村莵絲子

橘や蒼きうるふの二月尽/三橋敏雄

葬りの二月や空に鳴る滑車/澁谷道

萱原の笹原続き二月かな/尾崎迷堂

木々の瘤空にきらめく二月尽/原裕

書庫の径菜畑の径二月尽/山口青邨

俳句例:81句目~

波音に応へし幹や二月果つ/桂信子

山わかつ日裏日表二月尽/福田蓼汀

二月菜母を誘ひて母に随き/岸田稚

犬の耳臭くなりたり二月尽/龍岡晋

天空に未生の星や二月尽/福田葉子

開店の二月彩り理容灯/三栖菜穂子

若草ははや風宿る二月哉/正岡子規

病人の足に黴浮く二月かな/龍岡晋

天竺や花ちる二月十五日/正岡子規

苔白く舌を覆へる二月かな/龍岡晋

晩年の母に二月の山走る/飯田龍太

亭人とまむしの咄二月尽/宮坂静生

二月尽風より殖ゆる鳥のかず/原裕

二月尽父の酔眼遥かなる/金行康子

二月尽江差追分なら聞こう/池禎章

嬰児の一髪なびき二月尽/和田悟朗

象の眼に固まる涙二月空/磯貝碧蹄館

二月空板ある谷の時止まり/和知喜八

雨止んで二月堂裏笹子かな/茂里正治

二月や人の油断を花になる/正岡子規