季語/勿忘草(わすれなぐさ)を使った俳句

「勿忘草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「勿忘草」について

【表記】勿忘草

【読み方】わすれなぐさ

【ローマ字読み】wasurenagusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・わするな草(わするなぐさ:wasurunagusa)

・ミヨソティス(みよそてぃす:miyosoteisu)

・藍微塵(あいみじん:aimijin)

季節による分類

・「わ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

勿忘草を含む俳句例

一面の勿忘草に日は淡し/轡田進

水神へ勿忘草の日向道/伊原正江

情夫待つ勿忘草の風の中/高橋彩子

勿忘草の法體の漢なぞ/佐々木六戈

夕さりぬ勿忘草へ山の風/伊藤敬子

勿忘草人は恋にも死ににけり/林翔

勿忘草霧に咳き人行けり/堀口星眠

勿忘草司祭の館丘に寂ぶ/小池文子

勿忘草神々の座に氷河照り/有働亨

すぐ横を勿忘草の水流れ/佐々木六戈

勿忘草穂高のゆらぐ泉あり/澤田緑生

雨晴れて忘れな草に仲直り/杉田久女

遠く細し勿忘草の径のこる/田島誠壽

雫して勿忘草の色褪せず/佐藤きみこ

バイカルの勿忘草に空高し/依田明倫

船室の勿忘草のなえにけり/佐藤眉峰

母の忌に勿忘草を姉さげて/南/耕風

少し長け勿忘草の色減りし/稲畑汀子

勿忘草夫に贈りし日は遠く/堀内民子

美しき勿忘草を植ゑ替へし/枌/さつき

俳句例:21句目~

勿忘草たちまち迷ふ出湯の径/児玉小秋

小さう咲いて勿忘草や妹が許/村上鬼城

消ぬばかり勿忘草の風に揺れ/菊川芳秋

ふるさとを忘れな草の咲く頃に/成嶋瓢雨

勿忘草光りて呼ぶはちさき水面/香西照雄

勿忘草そこが日溜まり司祭館/渡辺乃梨子

奏でる海へ音なく大河勿忘草/中村草田男

勿忘草いよいよ口を閉ぢて病む/石田波郷

勿忘草利根の離村にやさしかり/大谷雅子

雨やさし勿忘草に降りにけり/佐藤美恵子

わたしひとり勿忘草のこちら側/浅利康衛

花よりも勿忘草といふ名摘む/粟津松彩子

勿忘草蒔けり女子寮に吾子を入れ/堀口星眠

忘れな草更けてゐし寺の夜風にも/中川宋淵

勿忘草にいろいろ別れありにけり/赤松寿代

摘までゆく勿忘草よふるさとよ/大久保橙青

勿忘草わかものゝ墓標ばかりなり/石田波郷

血を喀けば勿忘草の瑠璃かすむ/古賀まり子

忘れな草冷ゆるラファエルの石棺に/小池文子

シヤンソンを聴く薄明の勿忘草/きくちつねこ

俳句例:41句目~

サマルカンド/ブルーはなみだ勿忘草/佐々木とみ子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ