季語/初鳩(はつばと)を使った俳句

「初鳩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初鳩」について

【表記】初鳩

【読み方】はつばと

【ローマ字読み】hatsubato

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の動物」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初鳩を含む俳句例

初鳩や真蒼に晴れし大欅/篠原

初鳩や創口かばふ懐手/吉田鴻司

英霊よ白装束の初鳩よ/築城百々平

初鳩の群れの大きな影走る/廣瀬直人

初鳩や水平飛行して千木に/村山古郷

口笛に初鳩もどり声きざむ/寺田木公

初鳩に日高くなりし野の社/坂田ゆきを

初鳩のくぐもり鳴くや塔の中/浅野草人

初鳩の番ひ庭木に来て睦む/菱田トクエ

初鳩を聴きたる障子あけにけり/野沢純

初鳩を開き撒きたる巨き掌よ/柳田芽衣

由比ケ浜の風が初鳩ちらしけり/西宇内

初鳩に希望を言へり翔んでをり/松浦敬親

初鳩の光となりて飛び立ちぬ/小俣由とり

初鳩や空にひろがる涅槃の手/磯貝碧蹄館