季語/小正月(こしょうがつ)を使った俳句

「小正月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「小正月」について

【表記】小正月

【読み方】こしょうがつ

【ローマ字読み】koshogatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・望正月(もちしょうがつ:mochishogatsu)

・望年(もちどし:mochidoshi)

・若年(わかとし:wakatoshi)

・若正月(わかしょうがつ:wakashogatsu)

・二番正月(にばんしょうがつ:nibanshogatsu)

・花正月(はなしょうがつ:hanashogatsu)

季節による分類

・「こ」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

小正月を含む俳句例

雪祭了へただ眠き小正月/林翔

寺の畑雪厚くせる小正月/昭彦

犬槙に風のあつまる小正月/肇

木菟檻に鶏の頭や小正月/辻桃子

小正月刻にはづれし出前そば/衛

好しき切通あり小正月/八木林之介

妻が書く賀状二三や小正月/九品太

馬曳くと早池峯すでに小正月/春樹

雨脚が竹の空より小正月/広瀬直人

衰ふや一椀おもき小正月/石田波郷

蒔絵筆ぎつしり壷に小正月/井上雪

木菟の大まばたきや小正月/辻桃子

田雀は篠に戻りぬ小正月/石田勝彦

山川に流るゝ菜屑小正月/清原枴童

喪の女鎌倉で降り小正月/沢木欣一

浪華津の白浪見たり小正月/桂信子

地卵に血の筋多し小正月/角川春樹

松とりて世ごころ楽し小正月/几董

褒貶はをんなの遊び小正月/井沢正江

誰も来よ今日小正月よく晴れし/立子

俳句例:21句目~

奉公も今はむかしに小正月/石山佇牛

小正月女の神山に雪あらた/石野冬青

小正月栄転の子の帰京待つ/関根淑子

裏紙に妻のメモ書き小正月/高澤良一

日を浴びてさざめく樟や小正月/静二

暖かく暮れて月夜や小正月/岡本圭岳

徳利が袴を吸ふぞ小正月/八木林之介

杉山に煙ふうはり小正月/猪俣千代子

水つぽき蟹食ひ温き小正月/西村公鳳

水底の如たそがれの小正月/松尾朱葉

炉の上の小豆匂へり小正月/杉崎あさ

蘆刈も渡舟もやすみ小正月/福田杜仙

ひとりづつきて磯育ち小正月/古舘曹人

片側の屋根に雪ある小正月/小瀬川季楽

小正月稿のなき手をふり歩く/川崎展宏

猿が棒抱へてゐたり小正月/柴崎左田男

はしら酢や小正月なる客二人/増田龍雨

木挽師の煮メを食うて小正月/斎藤夏風

田に立てて杉の木青し小正月/長谷川櫂

小正月寂然として目をつむる/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

看護婦の恋育て来よ小正月/八木林之助

人寄せて妻つかれさす小正月/吉良蘇月

鄙びたる押ずし甘し小正月/藤井すみ子

十五から我酒のみ出て小正月/加藤郁乎

味噌漬の鮭の赤き身小正月/菅原多つを

夜をこめて大根を煮る小正月/細見綾子

時かけて生木燃えだす小正月/廣瀬直人

杵音のすぐに止みたる小正月/奥山昌美

豆源の豆菓子ありて小正月/鈴木しげを

樹の太刀をつくる漢の小正月/佐川広治

晴着来て幼女はなやぐ小正月/矢部宮居

故ありてお仲間入りや小正月/高木晴子

室の津へ混み合ふバスや小正月/富竹雨

妻が買ふひそかなる株小正月/斎藤五子

魚釣を海女が見てをり小正月/和田祥子

あやとりの紐のくれなゐ小正月/中野青芽

うしろより見る田の神や小正月/草間時彦

やはり酒出すことにして小正月/能村研三

京の夜の濡れてゐるなり小正月/椎橋清翠

初産によき名たづさへ小正月/赤松けい子

俳句例:61句目~

囲炉裏にて馬の豆煮る小正月/瀧澤伊代次

コルク屑ワインに混じる小正月/能村研三

小正月読まずにたたむ政治欄/伊藤トキノ

小正月蝙蝠傘を突きて出でし/廣江八重櫻

湯上がりの爪の手入や小正月/鈴木真砂女

小正月路傍の石も祀らるる/鍵和田ゆう子

山の温泉に海女来て踊る小正月/野原春醪

あたゝかく暮れて月夜や小正月/岡本圭岳

雪嶺の目の高さなる小正月/阿部みどり女

安曇野に冴ゆる灯数や小正月/鳥羽とほる

ふだん着にゆるりと暮す小正月/太田のりえ

薄赤きシヤツなど着つつ小正月/八木林之介

煮こんにやくつるりと食へば小正月/松本旭

小正月そそのかされて酔ひにけり/中村苑子

小正月いまおしろいコつけでらおン/黒瀧昭一

うぐひすのことしまだ来ず小正月/久保田万太郎