季語/初不動(はつふどう)を使った俳句

「初不動」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初不動」について

【表記】初不動

【読み方】はつふどう

【ローマ字読み】hatsufudo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初不動を含む俳句例

佃煮の漆光りや初不動/岡本眸

母懐ふ老の感傷初不動/富安風生

初不動門前町の鰻の香/片山桃弓

山裾へ参道細る初不動/北原木犀

初不動煙の中に厄払ふ/中野美智子

漬物の店の賑はふ初不動/村上辰良

初不動百円で買ふ香の束/布野想夕

長男も我も酉年初不動/増田平才奈

参詣の早くも群聚初不動/高浜虚子

信心に末法はなし初不動/山口笙堂

引く鈴に山籟つのる初不動/北光丘

初不動帰りの厚き肉啖ふ/菖蒲あや

北空へ片寄る雲や初不動/福川悠子

支那服の女易者や初不動/加納朝子

堂裏に小滝二すぢ初不動/吉川草莱

いづこなる水の声々初不動/玉置仙蒋

初不動雑の佃煮売つてをり/宮田/要

前髪にちらつく雪や初不動/石田波郷

風車田かぜ冷たき初不動/国光勢津子

朝護摩供早や群参の初不動/松田空如

俳句例:21句目~

宝満山おろし音なす初不動/中村文平

打つ鐘の一山制す初不動/小川てる子

灯る頃雪となりたり初不動/堀/文子

辰巳風吹いて深川初不動/竹内大琴子

初不動田に荒鐘の風吹いて/田村奎三

人の囲を覗けば蛇や初不動/小森白芒子

初不動浪花ことばで水を掛け/中村芳子

初不動火攻めの御幣躍りけり/泉並末香

咽喉もとを焼く甘酒の初不動/遠山弘子

奪ひ買ふ火伏のうちは初不動/早坂さき

山鳴りも二日を経たり初不動/飯野燦雨

日の出見し洲崎の戻り初不動/中野三允

狛犬の光る眼と合ひ初不動/室田東洋女

瓔珞に護摩火かゞやき初不動/和田花青

稚子抱ける母の祈りや初不動/斎藤竹水

綿菓子の貌のほどにも初不動/山口青邨

綿飴の吹き飛んで来る初不動/笹川星二

駒下駄の橋わたりくる初不動/角川春樹

辰巳妓のきほひは今も初不動/真鍋蟻十

火事めきて大香炉の初不動/長谷川督江

俳句例:41句目~

掌を合はすことが幸せ初不動/堀米/康

正月の末の寒さや初不動/久保田万太郎

ざわめきの瀬音をなせり初不動/吉村秋川

たわたわと降りくる鳩や初不動/山口青邨

初不動ひねもす山のよく晴れて/田口秀子

劫火浴びられしことあり初不動/瀬木清子

大護摩のはじまるしじま初不動/井口蛇渓

日だまりに祈祷を待てり初不動/川口/修

綿菓子のほそりて帰る初不動/井口詞音子

風止みて冱てやはらぎぬ初不動/田島群峰

豆煎りの炭が焔となる初不動/伊藤いと子

護摩の火を揺るがす太鼓初不動/長屋秋蝉洞

ぬかるみにうるむ灯のあり初不動/八木林之助

初不動梅咲くとしもなかりけり/久保田万太郎

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ