季語/双六(すごろく)を使った俳句

「双六」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「双六」について

【表記】双六

【読み方】すごろく

【ローマ字読み】sugoroku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・絵双六(えすごろく:esugoroku)

・紙双六(かみすごろく:kamisugoroku)

・道中双六(どううちゅうすごろく:douchusugoroku)

季節による分類

・「す」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

双六を含む俳句例

双六の上り大臣関白に/下田喜代

双六めく盲暦を読初に/野澤節子

双六や押立槍の早上り/西山泊雲

万両や配流の戸に古双六/古舘曹人

三道を進むや軍の絵双六/広田寒山

畳みゆく双六世界虹と失せ/上野泰

双六や額あつめて筒井筒/安井小洒

双六の彦根あたりの齢かな/渡辺純

双六の近江の国を引き返す/林佑子

双六や屑目平凡にわが娘/日野草城

一振りで越ゆ双六の箱根山/大石悦子

一番に上りてさみし絵双六/内田美紗

双六の友だち来たり坊が春/羅蘇山人

道中双六後や先なる君と我/渡辺波空

双六の橋の真上に波あがる/角川春樹

人の世の様描かれて絵双六/高浜虚子

賽の目の仮の運命よ絵双六/高浜虚子

伊賀越えて金の洛に絵双六/大屋達治

絵双六人生戻ることできず/宇咲冬男

子供等に双六まけて老の春/高浜虚子

俳句例:21句目~

双六の花鳥こぼるる畳かな/橋本鶏二

双六の上りて仲間はづれめく/檜紀代

双六に折りかけ垣や梅の花/立花北枝

双六に気のなき賽を父振りし/森澄雄

双六の賽転がりて袖の上/山口波津女

双六の賽振り奥の細道へ/水原秋櫻子

双六の中の人生にも負けて/大槻右城

双六や早く上りし盲目の児/羅蘇山人

ふるさとの山の姿や絵双六/寺山修司

双六の二回休みといふ難所/山内山彦

双六のわが道中の永かりき/辻田克巳

双六の五十三次晴れつづき/柴崎富子

双六の戻りて大井川越せず/池田秀水

振り出しへ戻りて遠し絵双六/山口幻花

素飛びに川越えにけり絵双六/関戸靖子

ちちははの愉しき山を絵双六/関戸靖子

絵の破片あり双六のたたみあり/上野泰

ふりかへす双六の目や梅の花/会津八一

老い二人双六におどけ冬籠/山田みづえ

草摺りの絵双六古り蔵古りて/谷津妙子

俳句例:41句目~

三が出て伊勢に三泊り絵双六/北村雪山

負け役の父呼びに来る絵双六/鷹羽狩行

出世して上る双六ふと貧し/後藤比奈夫

双六に負けし子母の膝の上/小坂優美子

双六のごとく大津に戻りをり/鈴木鷹夫

双六のなかなか果てず雪降り来/辻桃子

双六の一のあがりや籠みかん/羅蘇山人

双六の上りは月の世界かな/椎名みすず

双六の上り大文字山が待つ/下村ひろし

双六の小夜の中山越えにけり/柴田行太

双六の山河畳んでありしかな/大石悦子

双六の絵にも越ゆべき幾山河/江川虹村

双六の賽が目をむきとまりけり/上野泰

双六の賽ころがしてかへしけり/上野泰

双六の賽ころがりて袖の上/山口波津女

双六の賽掌に暖め家長の座/保知券二郎

双六の長崎出島より発ちぬ/岡部六弥太

双六やわが名ひとの名打重ね/野村喜舟

双六や二三の駅に富士見ゆる/広田寒山

双六や大人ばかりが残りたる/内田美紗

俳句例:61句目~

双六や手ぶり可笑しき三太夫/羅蘇山人

双六や風邪を召したる姉の側/羅蘇山人

双六をあがりたる手で猫掴む/大石雄鬼

古き世の絵双六見て年忘れ/成瀬正とし

大津から程むつかしや絵双六/野村喜舟

年寄りてたのしみ顔や絵双六/飯田蛇笏

年忘れ人生双六しばし止む/百合山羽公

忘れゐしものの一つの絵双六/石川桂郎

双六や一夜に消ゆるこころざし/江頭信子

双六をひろげて淋し賽一つ/久保田万太郎

ばりばりと附録双六ひろげけり/日野草城

双六の正しき折目敷き展べし/島田みつ子

わが過去の双六に似て行き戻り/伊東白楊

人の世に振出しありぬ絵双六/冨田みのる

双六の忍者の伊賀を一跳びに/下村ひろし

双六の振出しのまづ花ざかり/後藤比奈夫

双六にいれてもらへず父は立つ/鷹羽狩行

双六の一と出でたる上がりかな/島田青峰

双六に負けておとなしく美しく/高浜虚子

祖母の世の裏打ちしたる絵双六/高浜虚子

俳句例:81句目~

双六の振出しといふ初心あり/後藤比奈夫

双六のとびたる賽にみんなの眼/藤本朱竹

仲見世の昼の灯あはし絵双六/古賀まり子

道中双六いそがぬ旅のひとり哉/籾山梓月

写楽の目ぎりぎり寄って絵双六/紅露ゆき子

双六をしてゐるごとし世はたのし/国弘賢治

してみたくなきもの浄土絵双六/後藤比奈夫

双六の賽に雪の気かよひけり/久保田万太郎

双六の川止めに遭ひ茶を淹るる/下村ひろし

双六や恋の修羅場を逃げてばかり/鈴木栄子

吾子等はやくはしきかなや絵双六/中村汀女

伊都や奴や倭や狗奴国や絵双六/中戸川朝人

絵双六死にはぐれたる生活かも/古賀まり子

絵双六雪の匂ひのする夜なり/すずきりつこ

四さへある双六の賽振らばやな/相生垣瓜人

双六のさいを堰きたる折目かな/松野加寿女

三春発つて江戸を上がりの絵双六/宮津昭彦

双六の賽の禍福のまろぶかな/久保田万太郎

子に負けてやる双六のむづかしく/嶋田一歩

君追うて越せぬ大井や絵双六/吉武月二郎句集

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ