季語/初霜(はつしも)を使った俳句

「初霜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初霜」について

【表記】初霜

【読み方】はつしも

【ローマ字読み】hatsushimo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

初霜を含む俳句例

初霜や茶椀を握る掌/秋来

初霜の沙汰や頃日葱蕪/笠斎

初霜や唐招提寺志す/鈴木花蓑

初霜やさすが都の竹箒/炭太祇

初霜や麦まく土のうら表/北枝

初霜や茎の歯ぎれも去年迄/一茶

初霜や物干竿の節の上/永井荷風

初霜の坂口の竹明りかな/梶千秋

初霜や落葉の上の青笹に/泉鏡花

初霜や七夜の朝の樽ざかな/荊口

初霜に覆ひかかるや闇の星/千川

初霜や矮鶏諍ふ神の庭/牧野暁行

初霜やうす紅の鳩の脚/中川四明

初霜や犬溺する橋のもと/寺田寅彦

初霜は裏羊蹄の翳に踏む/古舘曹人

初霜や片脚立ちに神の鶏/鈴木花重

一刻の炊ぎのけむり初霜消/原石鼎

初霜や小笹が下のえびかづら/素牛

初霜の朝市にゐる迷ひ犬/藤本朋子

初霜の石を崩して堰普請/及川仙石

俳句例:21句目~

初霜の置く石の臼茎の石/青木重行

初霜や復旧までの仮の橋/枡田国市

初霜の降りて暦日過たず/浜渦美好

初霜やわづらふ鶴を遠く見る/蕪村

初霜の柿や天地を貫けり/瀧井孝作

初霜や嵩減り枯れて箒草/西山泊雲

初霜や雀居並ふ疎籬斜め/尾崎紅葉

初霜を鴉のわたる佛國寺/三好達治

人影す堆の初霜あたゝかに/西島麦南

初霜に櫛目を正す朝の日箭/有馬籌子

初霜に焚く櫻葉の匂ひかな/松瀬青々

初霜のありし纜解きにけり/秋山英子

初霜や烏を懼すからす羽に/高井几董

初霜の奈良田の宿の十三夜/田中冬二

初霜の消え束の間の野の光/河野美奇

初霜やわが母なれど面冴え/中村汀女

初霜や底より湧いて鯉の色/広瀬直人

初霜や甘藍緊まり極まれば/林原耒井

初霜や黄葉ほろ~と垣枳殻/西山泊雲

初霜や勝手のちがふ酒の燗/中村史邦

俳句例:41句目~

初霜や菊冷え初むる腰の綿/松尾芭蕉

初霜や藪に隣れる住み心/芥川龍之介

初霜や掌にしたゝらす髪油/青木喜久

初霜消花の咲く木の葉の上に/原石鼎

初霜や余白なき日を繰り返し/大島民郎

初霜や火事跡といふ黒きもの/鷹羽狩行

やはらかに青草充ちて初霜す/松村蒼石

一つ葉に初霜の消え残りたる/高浜虚子

初霜や粉な屋の驢馬の耳機嫌/中川四明

初霜にとぢこめられし山の音/吉年虹二

初霜のありたる無人駅ホーム/有永千里

初霜のことし大霜でありにけり/原石鼎

初霜のぬれて日和や譜に朱うつ/原石鼎

初霜のデッキ味噌汁匂ひ来し/鴨下秀峰

初霜や藁燃えて居る土手の上/寺田寅彦

初霜に胸埋め嵯峨の石仏は/長谷川秋子

初霜や障子にこもる陽の翅音/篠田悦子

初霜の来し上州と聞きしより/稲畑汀子

初霜や麦の芽二寸ばかりなり/寺田寅彦

初霜の金柑残る葉越しかな/芥川龍之介

俳句例:61句目~

初霜ややさしくなりぬ山の色/神原栄二

雁来ればすぐ初霜や伊賀盆地/橋本鶏二

縄切れに置く初霜やいろは蔵/野村喜舟

縫ひ進む糸か初霜むすぶ音か/永井龍男

初霜の降る音聞いてゐる玻璃戸/梶尾黙魚

初霜の金柑見ゆる葉越しかな/芥川龍之介

初霜のまとめられたる無縁墓/鷲谷七菜子

初霜やむらさきがちの佐久の鯉/皆川盤水

初霜のありとしもなき波郷の墓/飯島晴子

ちから芝初霜かぶりたかぶりぬ/前田普羅

初霜やガラス隔てて吾子と会ふ/高橋悦男

初霜やひとりの咳はおのれ聴く/日野草城

初霜やけさおとなしき鹿島灘/藤田あけ烏

医師去つて初霜の香の残りけり/野澤節子

子をふちどる朝日の赤さ初霜す/大熊輝一

桑焦がすほどの初霜には非ず/荒川あつし

沼べりに初霜コメデアン死んで/栗林千津

初霜や稲扱きの歯に降りにけり/吉田冬葉

初霜やいよよ百目柿の甘からん/依光陽子

初霜や素焼の土器に御饌の塩/玉貫甲子郎

俳句例:81句目~

初霜や川上は墓地のあるところ/辺見じゅん

初霜や斧を打ちこむ樹の根つこ/秋元不死男

さめざめと初霜きゆる佳き日なり/松村蒼石

初霜越えて逃れにゆく祈りにゆく/平畑静塔

踏んで見もして初霜の解けやすき/篠崎杏二

わが名づく赤子つよかれ初霜に/長谷川かな女

初霜やあはれはまろぶざくろの実/久保田万太郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ