季語/夜鷹蕎麦(よたかそば)を使った俳句

「夜鷹蕎麦」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜鷹蕎麦」について

【表記】夜鷹蕎麦

【読み方】よたかそば

【ローマ字読み】yotakasoba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夜泣蕎麦(よなきそば:yonakisoba)

・夜啼饂飩(よなきうどん:yonakiudon)

季節による分類

・「よ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

夜鷹蕎麦を含む俳句例

竹筒に竹箸なんど夜鷹蕎麦/原石鼎

青森の港は暗し夜鷹蕎麦/府金静波

夜泣そば水遺ふ音さびしいぞ/島将五

夜泣そば眠らねば水枕鳴る/大井雅人

夜鳴そば呼びて百姓豊の秋/亀井糸游

父方の血は脈脈と夜鷹蕎麦/五野上予史

上下線ともに不通ぞ夜鳴蕎麦/後藤一之

月冴えて夜鳴そば笛また通る/渋谷一重

みちのくの雪降る町の夜鷹蕎麦/山口青邨

夜鷹蕎麦客の附かざる笛長く/佐藤うた子

夜鷹蕎麦来て足早に刻が過ぐ/古賀まり子

夜鷹蕎麦足もとに雨ひかりそめ/細川加賀

夜鷹蕎麦食べて間に合ひ終電車/飯田京畔

灯の下に霧のたまるや夜鷹蕎麦/太田鴻村

靴下の下に寝る毛や夜鷹蕎麦/田川飛旅子

六道にいまさしかかる夜鳴蕎麦/寺井禾青

夜鳴蕎麦来しけはひ犬遠吠えす/代田千七

船員に夜が尽きにけり夜鷹蕎麦/米沢吾亦紅

更くる夜の愛しきものに夜泣そば/中村春逸

燈のもとに霧のたまるや夜泣蕎麦/太田鴻村

俳句例:21句目~

夜鷹蕎麦これより曳いてゆくところ/岸本尚毅

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ