季語/ペチカを使った俳句

「ペチカ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ペチカ」について

【表記】ペチカ

【読み方】ぺちか

【ローマ字読み】pechika

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ペーチカ(ぺーちか:pechika_)

季節による分類

・「へ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

ペチカを含む俳句例

凍光に放心の刻ペチカもゆ/飯田蛇笏

暁のペチカぬくきがうれしけれ/伊藤凍

ペチカ燃ゆ根室の街の茶房かな/東本礼子

八ケ岳くもれば灯しペチカ焚く/大島民郎

凍結の鮪に歌う「ペチカ」です/五島エミ

剣玉や少年の日はペチカ焚き/河西みつる

動かしてペチカにほぐす十の指/石川桂郎

手袋と鞭置かれあるペチカかな/原田青児

新聞の這入りし音やペチカ焚く/斎藤雨意

滅びゆく階級きみのペチカ燃ゆ/八木博信

楽鳴れば文鳥和しぬ夜のペチカ/赤塚喜美重

ペチカ燃ゆ星をきれいに食べしあと/栗林千津

さいはてにペチカを焚いて土着医師/中山フジ江

トロイカは眼ナ裏を駆けペチカ燃ゆ/吉岡秋帆影

ペチカの煙砥の粉色に吐き住みつく気/平井さち子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ