季語/初天神(はつてんじん)を使った俳句

「初天神」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初天神」について

【表記】初天神

【読み方】はつてんじん

【ローマ字読み】hatsutenjin

子季語・関連季語・傍題・類語など

・天神花(てんじんばな:tenjimbana)

・天神旗(てんじんばた:tenjimbata)

・宵天神(よいてんじん:yoitenjin)

・残り天神(のこりてんじん:nokoritenjin)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初天神を含む俳句例

初天神裏に十枚ほど枯田/堀古蝶

雪風や宵天神の橋長く/青水月斗

畑姥も初天神の蜜柑売/大谷句仏

初天神絹の匂ひの女かな/柴崎七重

受験の子あれば心に初天神/轡田進

命濃き天神花の翳さるる/後藤夜半

我も又初天神の人となり/工藤隆子

春日傘お初天神通り抜け/前内木耳

湯の道も初天神の人通り/岡本松浜

甘酒がバケツに二拝初天神/辻桃子

お初天神菊づくしなる春灯/西本一都

その神楽天神花をかざす由/後藤夜半

初天神学問の絵馬恋の絵馬/結城一雄

初天神易者の見台遠巻きに/脇坂啓子

御鏡に振る鈴うつり初天神/中田余瓶

宵天神晩学の願ねむごろに/草村素子

末社にも初天神の人等かな/青山友枝

杖ついて初天神へ一長者/三木彦兵衛

紅すこし初天神といひて濃く/上村占

願ひ事二つありけり初天神/薦田伸子

俳句例:21句目~

ふるさとの初天神に詣でけり/橋本花風

一日の日射さぬままに宵天神/舘岡沙緻

亀戸の湯屋のけむりや初天神/加藤松薫

今生に父母なく子なく初天神/菖蒲あや

初天神妻が真綿を買ひにけり/草間時彦

寒一と日初天神といふ日あり/後藤夜半

消えがての日陰の雪や初天神/土方花酔

強風に打ち合ふ絵馬や初天神/沖山政子

初天神黒き運河を越えて来ぬ/村山古郷

初天神隅田渡りてなほ遠し/高橋淡路女

初天神友みな遠くなりしかな/星野麦丘人

初天神太鼓橋より通りやんせ/百瀬ひろし

初天神石の牛にもコイン置く/渡辺満千子

日おもてに雀群れたり初天神/柴田白葉女

束ねたるまま古書を買ふ初天神/久松久子

巫女の袖触れし天神花を享く/後藤比奈夫

鈴の緒がひねもす振られ初天神/品川鈴子

わらべうた路地よりきこえ宵天神/宮下翠舟

初天神百のともし火またたけり/芝山喜久子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ