季語/御行(おぎょう)を使った俳句

「御行」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「御行」について

【表記】御行

【読み方】おぎょう

【ローマ字読み】ogyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・五形(ごぎょう:gogyo)

・御形(ごぎょう:gogyo_)

季節による分類

・「お」で始まる新年の季語

・「新年の植物」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

御行を含む俳句例

一籠の薺にまじる御形かな/吉田冬葉

芹薺御形はこべら犬の糞/佐々木六戈

高麗の里御行の畦に風移る/広瀬一朗

せりなづな御形といひて声の止む/展宏

草の戸や門辺に御形薺など/高橋淡路女

ふみ外す畦なつかしき御行かな/勝又一透

草茂り木茂り加茂の御形かな/岡本癖三酔

御行摘む田の面かすめて風きたる/松本茂子

目について秋の御形のちひささよ/北原白秋

古都に住む身には平野の御行かな/名和三幹竹

風あれど日のぬくければ御形摘む/文挾夫佐恵

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ