季語/蛇苺(へびいちご)を使った俳句

「蛇苺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蛇苺」について

【表記】蛇苺

【読み方】へびいちご

【ローマ字読み】hebiichigo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「へ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

蛇苺を含む俳句例

雨に来し壺の碑蛇苺/遠藤梧逸

蛇苺発止と紅し熱の中/三保鵠磁

雨のせて川の明るさ蛇苺/岡本眸

蛇苺ふるき社の女坂/浅田伊賀子

人気なき昼を窺ふ蛇苺/高澤良一

追伸の叔母の急病蛇苺/塚本邦雄

蛇苺闌け農繁の水濁る/松村蒼石

水飲んで口拭いたる蛇苺/伊藤梢

流水に真紅うつらず蛇苺/山口誓子

蛇苺鎖大師へ詣でけり/松本たかし

蛇苺その下かげを這へる虫/上村占

蛇苺車輪は円を残し去る/安井浩司

牧場の名残の土手の蛇苺/藤井紅子

生涯に嘘いくつ言ふ蛇苺/阿部寿雄

木立もる雨後の日射や蛇苺/上村占

蛇苺崖に張りつく大師道/大野紫陽

蛇苺小さく赤き昼の夢/冨田みのる

道問へば吉野訛りや蛇苺/寺島初巳

約束の果せずぢまひ蛇苺/吉田素糸

少年の裸かがやく蛇苺/町田しげき

俳句例:21句目~

少年少女童話全集蛇苺/佐々木六戈

蛇苺王者の墓と路傍の墓/有馬朗人

蛇苺森の真上は晴れわたる/佐藤朝子

蛇苺高原の日に傷みたる/石橋辰之助

くるぶしに水流ひびく蛇苺/山田諒子

くるぶしの固さ謀議の蛇苺/河合凱夫

蛇苺黒衣聖女の指が摘む/秋元不死男

言海は毒ありとせり蛇苺/相生垣瓜人

鍬湿し置く水溜まり蛇苺/旗川万鶴子

蛇苺音のなき雨降りゐたり/加藤楸邨

まだ蛇に会はない色の蛇苺/今瀬剛一

シャツ白く干し渋民の蛇苺/鈴木太郎

修羅修羅と十三ななつ蛇苺/鳴戸奈菜

天に蕊あり蛇苺ぬれてをり/柿本多映

機械きて大穴を掘る蛇苺/百合山羽公

照りすぎし水の匂ひや蛇苺/平子公一

田水満ち日いづる露に蛇苺/飯田蛇笏

目に白き道あはれなり蛇苺/石田波郷

石蹴りの石の失せどの蛇苺/佐野俊夫

草むらに蛇苺とて隠れけり/野村喜舟

俳句例:41句目~

畦道に日の残りたる蛇苺/西島美代子

蛇苺こころ疲れし午後の時/角川春樹

蛇苺その草叢の英字標/長谷川かな女

蛇苺朝夕は日も濡れにけり/福永耕二

蛇苺湖に日輪とどまれり/磯貝碧蹄館

蛇苺運不運など始めから/河野多希女

蛇苺鉢に仕立てて野草展/藤本スエ子

うしろより子の来る如し蛇苺/伊藤四郎

蛇苺採など真似てせぬものぞ/高澤良一

この径の変つてをらず蛇苺/小島ミサヲ

蛇苺しんとこころに記紀の山/齋藤愼爾

牛の餌に混じりてゐたり蛇苺/棚山波朗

草刈りしあとにこぼれて蛇苺/村野蓼水

蛇苺世を拒まねば光りえぬか/齋藤愼爾

蛇苺地に熟れ人の眼はにごる/片山桃史

蛇苺女人のごとくわれを見る/菊池麻風

蛇苺あたりの草のかげは濃き/原田種茅

蛇いちご半弓提げて夫婦づれ/服部嵐雪

蛇苺手に触れ見えぬ蛇に怖づ/松下雅静

蛇苺遠く旅ゆくもののあり/富沢赤黄男

俳句例:61句目~

濡れ巌のしののめあかり蛇苺/松村蒼石

まつくろな嘘もあるべし蛇苺/高橋悦男

蛇苺いつも葉っぱを見忘れる/池田澄子

蛇いちご魂二三個色づきぬ/河原枇杷男

君が墓来つつ目守りぬ蛇苺/水原秋桜子

関寺の小町の塚の蛇いちご/村木佐紀夫

パンのやうに匂ふ少女ら蛇苺/富田直治

ふるさとの沼のにほひや蛇苺/水原秋櫻子

ぽつつりとおのが名知らぬ蛇苺/川島千枝

蛇いちご口に含めば燃え立たむ/三森鉄治

蛇苺ふくみ馴れたる径たのし/石橋辰之助

蛇苺ふみにじらんとしてためらふ/上村占

蛇苺おとがひのはや少女期過ぐ/行方克巳

崖に座し食むもわりなし蛇苺/佐野まもる

田水みち日いづる露に蛇いちご/飯田蛇笏

うたてなき名貰ひうまさう蛇苺/山本馬句

蛇いちご珠とうづもれ畦を塗る/皆吉爽雨

蛇苺われも喩として在る如し/河原枇杷男

蛇苺みてゐて眉間に眸のうまる/河原枇杷男

花粉にまみれ少年に酔う蛇苺の夜/森山光章

俳句例:81句目~

すいすいと草そよぎをり蛇苺/阿部みどり女

釣糸の目をうつしけり蛇苺/かきね草/藤井紫影

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ