季語/夜鷹(よたか)を使った俳句

「夜鷹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜鷹」について

【表記】夜鷹

【読み方】よたか

【ローマ字読み】yotaka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蚊吸鳥(かすいどり:kasuidori)

・怪鴟(よたか:yotaka_)

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夜鷹を含む俳句例

裏富士の星の光芒鳴く夜鷹/神田岩

玉霰夜鷹は月に帰るめり/小林一茶

星の数おほかた揃ひ夜鷹鳴く/上村占

遅月をかくす雲あり夜鷹鳴き/谷迪子

闇よせぬ幹は白樺夜鷹なく/井沢正江

夜鷹鳴く鳥海までの真の闇/山口青邨

夜鷹啼き月ある方の雲厚く/中田樵杖

叢林に夜鷹鳴くより星隠る/相馬遷子

夜鷹啼き檜山の雲を月泳ぐ/巌谷小波

夜鷹鳴き遅月くもる樅の梢/相馬遷子

夜鷹啼き教師居残る常の如/木村蕪城

夜鷹舞ひなほ皎々と水芭蕉/堀口星眠

夜鷹啼く人の吐息の片隅で/幸田昌子

夜鷹鳴く暈を大きく深山月/椎橋清翠

夜は灯す梁ひくし夜鷹鳴く/山口草堂

夜鷹鳴く森ゆき友の靴白し/堀口星眠

ひと聲は夜鷹なりけむ露の秋/石塚友二

火口壁石落ちてゆく夜鷹啼く/中島斌男

夜鷹鳴き雪渓のみの夜空あり/太田蓁樹

低く来て夜鷹かすめし誘蛾燈/根岸善雄

俳句例:21句目~

蕗を負ふ母娘の下山夜鷹鳴く/皆吉爽雨

夜鷹鳴きランプ引寄す毛鉤巻/藤原如水

夜鷹鳴き能面ひとつ口ひらく/堀口星眠

啼く夜鷹若竹の節泛びけり/千代田葛彦

夜鷹鳴く森の高さに星ひかり/湯目孝風

夜鷹鳴き馬市あとの水清し/太田のりえ

夜鷹鳴く山小屋蒲団配り終へ/西村梛子

夜鷹なき滝寂光をかかげけり/向野楠葉

夜鷹の目煌々と雛かばひをり/内山亜川

夜鷹鳴く榧の梢に月かかり/福田甲子雄

山小屋の押入れ泊り夜鷹鳴く/堀口星眠

夜鷹啼き牛方宿は灯さざる/山本八重子

故郷の闇あをあをと夜鷹鳴く/恩田洋子

白樺の幹のすつくと夜鷹くる/石田郷子

夜鷹啼く森へあふるる沼の霧/小林碧郎

夜鷹啼く榧の梢に月かかり/福田甲子雄

夜鷹啼く檜山の径に月こぼれ/那須乙郎

夜鷹啼く遠く遠くの山を思ふ/高木晴子

月仄か寝ない夜鷹に刻過ぐる/菖蒲あや

夜鷹鳴き教師居残る常のごと/木村蕪城

俳句例:41句目~

森陰に水の香満てり鳴く夜鷹/平賀扶人

宿坊のあさき睡りや梅雨夜鷹/下村ひろし

夜鷹啼く夜は夜半なり蚤いらち/内藤丈草

傷つける蚊吸鳥を放つ黒き森/文挾夫佐恵

啼きまじる夜鷹も水鶏月夜なる/井沢正江

夜鷹聴いて闇の中なるわれ一人/豊山千蔭

夏山辺あかつきかけて夜鷹啼く/飯田蛇笏

夜鷹聴けり病みても髪の漆黒に/酒井鱒吉

夜鷹鳴き日の出たづさふ一位笠/澤田緑生

夜鷹鳴き炉に香りたつ朴葉味噌/松本幹雄

坊の灯の雲にしづみて鳴く夜鷹/土方秋湖

夜鷹鳴き霧の吹き入る行者小屋/羽田岳水

夜鷹鳴き牧舎をひたす梅雨の闇/相馬遷子

夜鷹鳴き硫気にゆらぐ星ひとつ/堀口星眠

真赤なる河内の月に夜鷹啼く/大峯あきら

軒しづく夜鷹の啼ける月ながら/木津柳芽

夜鷹鳴き影の高嶺をきびしくす/岡田貞峰

夜鷹鳴きぬ微塵に小虫集りぬ/長谷川かな女

夜鷹鳴き落葉松の空なほくらし/水原秋櫻子

飯櫃の音さもしさや夜鷹鳴く/長谷川かな女

俳句例:61句目~

一墓標あたらし夜鷹鳴き熄まず/小林黒石礁

母とふたり父を看護れば夜鷹啼く/吉武玲子

夜鷹鳴く次の間くらき旅の起居/稲垣きくの

登山の荷羽摶ちて過ぎし夜鷹あり/渡辺立男

啼く夜鷹咳やすらげば痩躯冷ゆ/千代田葛彦

夜の不二と夜鷹の声と澄みまさり/吉川春藻

夜鷹鳴く蛾におびえたる声のあと/堀口星眠

夜鷹鳴き小比叡を星がのぼり来る/山田孝子

夜鷹鳴きあり~垂るゝ梅雨の雲/米沢吾亦紅

夜鷹鳴き窯火守るひとと犬とゐる/水内鬼灯

夜鷹鳴きいつも何かに急かれゐる/棚山波朗

夜鷹鳴き風呂の火窓を染めにけり/米沢吾亦紅

夜鷹らも堪へ難く居む山毛欅の闇/小林黒石礁

夜明てもくらしと夜鷹鳴きつゞく/水原秋桜子

夜鷹啼くごつくりごくり水飲めば/青柳志解樹

夜鷹鳴きランプまたたくこともなし/小澤満佐子

まぎれなく夜鷹と聴きて寝そびれし/千代田葛彦

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ