季語/夏霞(なつがすみ)を使った俳句

「夏霞」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏霞」について

【表記】夏霞

【読み方】なつがすみ

【ローマ字読み】natsugasumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏の霞(なつのかすみ:natsunokasumi)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏霞を含む俳句例

虚国の尻無川や夏霞/芝不器男

大都会一網にせし夏霞/堀恭子

虚国の尻無川や夏霞/芝不器男

夏霞山にせまりて厨窓/坂口栞女

夏霞左ほそみに島の末/石川桂郎

夏霞鋸山の歯のこぼれ/佐藤紅緑

洞庭の水遙かなり夏霞/山本歩禅

白濤の白極まりぬ夏霞/香西照雄

二タ岬色を重ねて夏霞/佐川雨人

素頭のわれは秀才夏霞/三橋敏雄

城址に立膝少年夏霞/中村草田男

するするとのびし岬や夏霞/桂信子

信濃の山越後の山の夏霞/高室呉龍

島影は太古に似たり夏霞/佐藤春夫

大川の橋重ね合ふ夏霞/山県よしゑ

風信も久隔もいま夏霞/鷲谷七菜子

おろがみし神の三輪山夏霞/梧桐青吾

城廓の中の牧場や夏がすみ/飯田蛇笏

夏霞君は果てなき旅に居て/大谷句佛

山々に懸かれば青き夏霞/木暮陶句郎

俳句例:21句目~

手鏡にうつらぬものに夏霞/鈴木太郎

肝腎のゆるみやすくて夏霞/寺井谷子

夏霞弟子を捨てたる人羨し/佐藤鬼房

そのゆらぎ波と現れつつ夏霞/依光陽子

みづうみをしづめたりけり夏霞/中田剛

一戸より高き一樹の夏がすみ/廣瀬直人

夏がすみ平野俯瞰図展けくる/佐野良太

夏霞みをらざるはこの幹一つ/京極杞陽

夏霞女櫛山は遠くやさしけれ/佐藤千兵

指圧教室経穴を揉まれて夏霞/高澤良一

朝の間の富士すでになし夏霞/稲畑汀子

大き寺見えて西国夏がすみ/宇佐美魚目

海も空も生もまぎるる夏霞/成瀬桜桃子

妻の他は第三者航く大島は夏霞/橋本夢道

火山灰降つてをりしと思ふ夏霞/藤崎久を

夏霞小舟二艘は海女が漕ぐ/阿部みどり女

夏霞オホツク海と云ふあたり/長谷川かな女

柱いつぽん倚るべくありぬ夏霞/中尾寿美子

夏霞水田のつゞくかぎりかな/久保田万太郎

薬山のその名負ふべし夏がすみ/宇佐美魚目

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ