季語/草いきれ(くさいきれ)を使った俳句

「草いきれ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草いきれ」について

【表記】草いきれ

【読み方】くさいきれ

【ローマ字読み】kusaikire

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草いきり(くさいきり:kusaikiri)

・草の息(くさのいき:kusanoiki)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

草いきれを含む俳句例

草いきれ女友達隠れおり/高澤晶子

天命や短き骨に草いきれ/和田悟朗

草いきれ今出しばかり月低く/爽波

少年がなぐる少年草いきれ/皆吉司

少年の喉仏から草いきれ/櫂未知子

草いきれ潮引く力遠きより/上村占

礑と草いきれ一歩にして返す/槐太

杉山の育ち盛りの草いきれ/西村和子

草いきれ少年の尿僧の尿/和田耕三郎

草いきれ人死に居ると札の立つ/蕪村

潮騒のだん~遠し草いきれ/修藤清潯

訓練の犬放たれし草いきれ/川崎妙子

睡のめば喉に音あり草いきれ/上村占

放牛の反芻しかと草いきれ/立半青紹

鬢白くして生きのこる草いきれ/誓子

草いきれ山羊の倦怠思ひ遣る/莵絲子

倒れ居る鉄の扉や草いきれ/会津八一

敗戦の記憶に続く草いきれ/石川文子

草いきれ脚絆の紺を頼みかな/野村喜舟

海を見て戻る再び草いきれ/中島木曽子

俳句例:21句目~

くちなはの尾を余したる草いきれ/黛執

渡し場なし北上川の草いきれ/駒走鷹志

温泉に通ふ小さき電車や草いきれ/句仏

草いきれ魔の踏切と人は云ふ/草野駝王

猪の抜毛かたまり草いきれ/吉本伊智朗

陸揚げの船抜け歩く草いきれ/茨木和生

電車のみ音して通ふ草いきれ/右城暮石

高原の蝶噴き上げて草いきれ/西東三鬼

罪の重さが額づくときの草いきれ/楸邨

草いきれ道だけ通る未来都市/吉原文音

草いきれしずめる星の遠くより/伊藤信

草いきれして一草も動かざる/藤崎久を

八方にスト雲までの草いきれ/西東三鬼

草いきれ夕月赫く出でしかな/倉田晴生

草いきれ一径楼に入れるのみ/桂樟蹊子

草いきれ嘴のごと月細りゐる/友岡子郷

草いきれ女童会釈してゆきにけり/蛇笏

草いきれ忘れて水の流るゝや/松瀬青々

草いきれ断層盆地鬱と照り/豊長みのる

草いきれ沈めて川の昏れて来し/星野椿

俳句例:41句目~

草いきれ男はもたぬ装身具/波多野爽波

懐かしき匂ひと思ふ草いきれ/黒川悦子

草いきれ稀の郊行手ぐさなし/石塚友二

故郷はなほかやつり草の草いきれ/秋津

断崖に一歩近づく草いきれ/吉田満梨女

寝墓また寝苦しからむ草いきれ/鷹羽狩行

約束の絵を見にきたる草いきれ/田中裕明

肺熱きまで草いきれしてゐたり/岩岡中正

草いきれ言葉溜めゐて息苦し/稲垣きくの

しかすがに撫子赤し草いきれ/東洋城千句

草いきれ枝垂桜へ抜けにけり/波多野爽波

誰からも管理されない草いきれ/櫂未知子

のこりゐる海の暮色と草いきれ/木下夕爾

のはのはと死居る蛇や草いきれ/会津八一

草いきれさめゆく園の夕かな/池内友次郎

草いきれ草の高さを越えはじむ/藤崎久を

草いきれふるさとびとの匂ふ中/石塚友二

三人といふ数の重さよ草いきれ/谷口桂子

草いきれ脚絆につける炎かな/東洋城千句

卒塔婆はかの世へ倒れ草いきれ/神山冬崖

俳句例:61句目~

唇噛めばいよいよ草いきれ激し/鎌倉佐弓

大股で歩むほかなき草いきれ/牛山一庭人

草いきれ老婆とめどもなく焚けり/松田進

草いきれ妻子いきれを逃れきて/本宮鼎三

草いきれ無人駅にてとぎれけり/種市清子

草いきれおたいこの奥臓腑めき/川口重美

捨て猫の石をかぎ居つ草いきれ/富田木歩

草いきれ浪のうねりの高からず/河合凱夫

爪赤く染めて来たるに草いきれ/岸本尚毅

知らず知らず女の罪の草いきれ/中村明子

糶を待つ牛の連れ鳴く草いきれ/西村梛子

草いきれ貨車の落書き走り出す/原子公平

草いきれ身内に慕情うづくまり/品川鈴子

怖き父家に在る日の草いきれ/波多野爽波

草いきれ鉄材錆びて積まれけり/杉田久女

草いきれあなの郊行手ぐさなし/石塚友二

身もあらず鶏の砂あぶ草いきれ/富田木歩

遠縁のをんなのやうな草いきれ/長谷川双

野良犬の水飲みに来つ草いきれ/富田木歩

電線のみ奥へ入りゆく草いきれ/右城暮石

俳句例:81句目~

馬いきれ草いきれなる百姓家/吉田秋水子

草いきれ生きてることは歩くこと/河津玲子

草いきれ水筒の水の鳴りの乏しき/原田種茅

草いきれ一歩を入るゝすべもなし/高木晴子

草いきれ緬羊に美醜あるあはれ/関口比良男

草いきれ人いきれして国土あり/細木芒角星

うつぶせの君はオカリナ草いきれ/塩見恵介

こころざしいまに残れり草いきれ/中島克巳

とむらひは盛りなる草いきれして/西口昌伸

うつし身や坐して聖地の草いきれ/宇咲冬男

草いきれとて青春に似たるもの/後藤比奈夫

見当らぬゴルフのボール草いきれ/三木由美

まぼろしの旅人に蹤く草いきれ/上田五千石

草いきれ行きて眩しきものばかり/島村時子

ばうばうと寺の跡地や草いきれ/鹿倉はるか

草いきれさめず童子は降りてこず/田中裕明

草いきれ尾さばきもなき馬の後/能村登四郎

草いきれその正体に近づきゆく/波多野爽波

草いきれかきわけ出でて齢殖ゆ/山田みづえ

草いきれ共に入り来る弥撒の席/山田ひさし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ