季語/日向水(ひなたみず)を使った俳句

「日向水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「日向水」について

【表記】日向水

【読み方】ひなたみず

【ローマ字読み】hinatamizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

日向水を含む俳句例

人形を悪事に誘ふ日向水/栗林千津

大小の馬穴並べて日向水/森田たえ

日向水時刻違はず海女戻る/森田峠

日向水漣立ちて昃りをり/京極杞陽

蛭肥えて芹ふし立ちぬ日向水/暁台

訪れて留守の家なる日向水/村岡悠

峰入りの鈴の音絶えし日向水/上村占

日向水に玉蜀黍の映りゐる/滝井孝作

日向水ほどに温もる忘れ潮/山内遊糸

日向水今在る今のなつかしく/小澤實

日向水凝然として黄熟す/相生垣瓜人

日向水農婦尻より子を浸す/皆川白陀

死水と同じひかりに日向水/綾部仁喜

胃袋の重くて日向水があり/伊達甲女

夕風の吹きはじめたる日向水/宮崎夕美

忘れられあるが如くに日向水/高濱虚子

日向水かぶりて其日暮しかな/森川暁水

日向水使ひし後を打水に/野見山ひふみ

日向水かの渤海をさまよわん/津沢マサ子

日向水二歳の弟子よあればあれ/加藤郁乎

俳句例:21句目~

日向水いとひもならずかぶりけり/森川暁水

日向水湯よりもあつく沸きにけり/森川暁水

留守の戸に海女が汲み置く日向水/大橋敦子

日向水ひろごる雲をうつしけり/久保田万太郎

使わずに翳りしままの日向水/高星吐「夕焼句集」

日向水それも捨てずにつゝましく/池内たけし「玉葛」

用途別あるらし海女の日向水/村手圭子「かつらぎ選集」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ