季語/頬被(ほおかぶり)を使った俳句

「頬被」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「頬被」について

【表記】頬被

【読み方】ほおかぶり

【ローマ字読み】hokaburi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・頬かむり(ほおかむり:hokamuri)

季節による分類

・「ほ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

頬被を含む俳句例

頬被人の噂に裏ありて/道川虹洋

頬被して古の王の墓/佐々木六戈

頬被正月ものの覗突漁/高澤良一

頬被結び直して答へざる/湯川雅

一漁師なれの果なる頬被/森田峠

牛市の売手買手の頬被/浅賀渡洋

川狩や頬被して真裸/新免一五坊

入坑の頬被して幼けれ/岸風三楼

桑畑や女蓑着て頬被り/高浜虚子

頬被り上手な斜里の女かな/千葉仁

頬被り男まさりの山女/岩本/周熈

大原女や御影供詣の頬被/柴田只管

一望怒濤の襟巻でする頬被/斎藤玄

道聞けば案内にたちぬ頬被/草地勉

野菜曳く村の小町の頬被り/松浦釉

頬被して出漁の夜明待つ/須藤常央

曳く馬に養はれゐる頬被/福田蓼汀

淀の月頬被して通りけり/野村泊月

夕舟を返しくるなり頬被/石田勝彦

頬被はるかな山を見てをりぬ/黛執

俳句例:21句目~

米積んで島へと帰る頬被/依光陽子

背の薪の切口誇り頬被り/香西照雄

麦蒔や西日に白き頬被り/村上鬼城

野遊や人目なければ頬被り/岡本松浜

林中にきのこ採取の頬被り/関森勝夫

頬被りしつかと覗く噴火口/高野素十

産土神に頬被解く田植道/阿波野青畝

眼に脣にとびつく雪や頬被/桐山薫子

種馬のふところに入る頬被/佐野鬼人

頬被り渡舟の席の座り沢/中村草田男

出されたる傘ことわつて頬被/山桐愛

津軽女等やませの寒さ頬被/富安風生

頬被付け火の噂してゆけり/茨木和生

流木をひよいと担ぎし頬被/山岡麥舟

頬被とれば媼やえり簀編む/中山碧城

頬被解いてうき世の塵払ふ/宮下萠人

南部富士けふ厳かに頬被り/山口青邨

生涯を都に遠く頬かぶり/市原あつし

紫荊女もすなる頬かむり/猿橋統流子

織子帰る武甲颪に頬かむり/有本銘仙

俳句例:41句目~

茶羽織の人も汐干の頬かむり/森田峠

頬かむりをとこ結びに朝市女/上村占

頬被り英彦颪に解けにけり/筑紫千代美

しぐるゝや疣の目につく頬被/角田竹冷

亡父かなし夢の中まで頬被/成田智世子

佐渡茫茫帽子ぐるみの頬被/肥田埜勝美

単線の汽車くるまでの頬被り/阿部子峡

大原女が時雨にしたる頬被り/高濱年尾

頬被野菊を切つてゆきにけり/岸本尚毅

麦の芽にふるさとびとや頬被/橋本鶏二

日雇に来てをり母の頬被り/名雪多加志

黄泉の人みな頬被り青山椒/摂津よしこ

名月や居酒のまんと頬かぶり/榎本其角

狸罠見について行く頬かむり/中村春逸

早乙女も頬被してアイヌめき/野村泊月

海苔採や女もすなる頬被り/高橋淡路女

頬被してあどけなき笑顔かな/小川竜雄

羽子板や気もけし玉の頬かむり/龍岡晋

頬被りさせて出しやる風の中/大島三平

草刈女ながるる霧に頬かむり/橋本鶏二

俳句例:61句目~

頬被犬に吠えたてられてをり/関根照子

麦蒔や妹が湯をまつ頬かぶり/上島鬼貫

人真似の吾が頬かむり木曾山中/橋本三汀

そこにあるありあふものを頬被/高浜虚子

夜桑摘む島人海霧に頬かむり/小原菁々子

屋根替のひとり淋しや頬かむり/高浜虚子

山を見に出る元日の頬かむり/木附沢麦青

頬被りしてそれぞれの昼にする/攝津幸彦

立春の野を焼かばやと頬かむり/下村梅子

幾度しても子の頬被眼が見えず/宮坂静生

ちぬ釣やまくらがりなる頬被/吉岡禅寺洞

見かけよりぬくきものなり頬被/右城暮石

露けしやぼくちの花の頬かむり/堀口星眠

ふるさとや若き農夫の頬かむり/伊藤美喜

頬かむり揺れ天草採りの桶眼鏡/古沢太穂

もし泣くとすれば火男頬かむり/佐藤鬼房

涅槃図を去り直ぐ蜑の頬かむり/石井とし夫

頬被りむかしヤン衆かぶりとも/成田智世子

飛騨に住み古り頬被りにも馴れし/橋詰一石

苗床や風に解けたる頬かむり/阿部みどり女

俳句例:81句目~

頬かぶり新幹線にて解きにけり/和田耕三郎

老いらくの鳥屋師は霧に頬かむり/小原菁々子

ふるさとの那須の乙女の頬かむり/深見けん二

頬かむり緊めて畦焼くひととなれり/大熊輝一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ