季語/葉桜(はざくら)を使った俳句

「葉桜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葉桜」について

【表記】葉桜

【読み方】はざくら

【ローマ字読み】hazakura

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

葉桜を含む俳句例

葉桜や一宙劃る仏の手/槐太

葉桜の下帰り来てに塩/綾子

葉桜や車空なるきつね雨/源義

葉桜や深夜犬ども睦しく/不死男

葉桜や胸に脈打つ幼な山羊/林翔

葉桜や流れ釣なる瀬戸の舟/久女

葉桜の中の無数の空さわぐ/篠原

葉桜に心ゆかしや鞍鐙/上島鬼貫

葉桜や競馬に動く億の金/長田等

葉桜や女の旅の雨となる/半澤律

葉桜や南良に二日の泊り客/蕪村

葉桜の万の囁き夜の椅子/森大暁

葉桜へ厠の暗さ負ひ出づる/柏禎

葉桜のうへに赤しや塔二重/唯人

葉桜のひと木淋しや堂の前/太祗

葉桜にわが噛む音の欹つよ/子郷

葉桜や嵐橋晴るる人の傘/飯田蛇笏

葉桜に時の太鼓や午の雨/西山泊雲

日本より来し桜の葉桜餅/渡利渡鳥

葉桜や木深き窓に靴工兵/西山泊雲

俳句例:21句目~

校庭の葉桜となり父兄会/福田清人

葉桜や屋根より下りて大鴉/浩山人

葉桜や逢うて手を挙げ白々と/青邨

葉桜や沖まで波の限りなく/飛旅子

葉桜や古き校舎に古き唱/堀口星眠

葉桜に正体みせぬ大使館/横山白虹

葉桜に暗き戸口や貸家札/羅蘇山人

葉ざくらや千体仏のみがき箔/史邦

葉桜や傘傾けて月の人/島村元句集

葉桜や同じ祷りに隣り合ふ/草田男

葉桜を猶猶蒼く風吹けり/高澤良一

葉桜やかつて高等女学校/上村米子

老木の梢くづれし葉桜よ/瀧井孝作

葉桜は花終りたる木にあらず/雅人

葉桜の駅に字を書く洋傘の尖/誓子

葉桜の風松籟に紛れゐる/手塚美佐

葉桜の樹液鬱々と芥燃え/桜井博道

葉桜の並木つゞけり曲りても/立子

葉桜の木の下風や釣の糸/尾崎紅葉

ひびきふる雨千本の葉桜に/滝春一

俳句例:41句目~

葉桜の影ゆらぐなか二児の父/原裕

葉桜や藁屋根厚き能舞台/遠藤梧逸

葉桜にてらてら風の光る朝/上村占

葉桜や頃日朴歯得がたかり/齋藤玄

葉桜や蓑きて通ふ湯治客/前田普羅

葉桜の中の騒ぎは是一羽/依光陽子

葉桜のころの奉納相撲かな/日原傳

葉桜や寺とおぼしき庭に出づ/上村占

葉桜や寝そべつて書く一行詩/有働亨

返らぬ日葉桜に赫き道変らず/瀧春一

葉桜や図書館に特大の窓/片山由美子

ちと雨のほしい葉桜又風か/尾崎紅葉

葉桜を出でず光りて五日月/宮津昭彦

葉桜よ黒猫を抱き抱き殺す/坪内稔典

葉桜に地中の闇の行きわたる/佃悦夫

人さながら葉桜の幹傷多く/大井雅人

葉ざくらや南良に二日の泊り客/蕪村

友逝きて葉桜に妻遺りたり/沢木欣一

葉桜や雨ともならぬ夜の密度/有働亨

葉ざくらや女に憑きし饑神/浦野芳南

俳句例:61句目~

葉桜の中に金星あらはれて/岩田由美

葉桜やふかぶか沈む鯛生簀/秋光泉児

葉桜やたてがみ白き神の馬/佐藤幸男

葉桜のなほこぼすもの風に舞ふ/汀子

葉桜や関屋の小娘機につく/井上井月

葉桜やいつか川辺に人憩ふ/稲畑汀子

旧道の葉桜並木のこるダム/右城暮石

月なくて葉桜は燈をいつくしむ/昭彦

瀬の音のして葉桜の山泊り/神原栄二

葉桜や金婚式は彼の国で/郡山とし子

葉桜の街見下しに父逝けり/沢木欣一

葉桜の蔭重ねけり立石寺/橋本春燈花

葉桜に訪ね来てその闇帰る/野澤節子

葉桜の葉蔭重りあるところ/高浜年尾

葉桜の濃きより出でて桂川/橋場千舟

葉桜に扉ビーンと響きけり/久米正雄

葉桜といはむに早き水の上/林原耒井

葉桜のころの父母家にゐる/岡本高明

葉桜となりて沈思の仏たち/橋本榮治

葉桜の走り根踏んで風の山/桜井博道

俳句例:81句目~

葉桜の斑や墓山に墓探ね/上田五千石

葉桜となり屈葬の者つつむ/坊城俊樹

葉桜や真赤に洗ふ消防車/百合山羽公

葉桜となる少年の日の履歴/対馬康子

葉桜や滝津瀬となる山の雨/石塚友二

葉桜や海を見たるは十五歳/柳澤和子

葉桜の大柄洩れ日多佳子の忌/堀内薫

葉ざくらの中の無数の空さわぐ/篠原

葉桜の夕ベかならず風さわぐ/桂信子

葉桜や治水の長者今も活く/中川四明

葉桜になりおふせたる堤哉/篠崎霞山

葉桜や毛虫太らす街あかり/篠田悦子

葉桜に一木はざまやわか楓/高井几董

葉桜や武道館より太鼓鳴る/土井三乙

葉桜や忘れし傘を取りに来ず/安住敦

遺児けふは葉桜の影満身に/石田波郷

噴水を撓め葉桜を薙ぐ風雨/大橋櫻坡子

実るまでが葉桜の季地味な嫁/香西照雄

敦盛塚葉ざくら雫もて祓ふ/山田みづえ

画然と今日葉桜になりしこと/竹村茅雨

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ