季語/打水(うちみず)を使った俳句

「打水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「打水」について

【表記】打水

【読み方】うちみず

【ローマ字読み】uchimizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・水打つ(みずうつ:mizutsu)

・水撒き(みずまき:mizumaki)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

打水を含む俳句例

打水の末集りて流れけり/篠原

打水の松に雫す八日月/正岡子規

打水の桶に浮べる柄杓かな/篠原

打水の力ぬけたる柳哉/正岡子規

打水の水の大きな塊よ/京極杞陽

打水や薩摩隼人が赤褌/鈴木吾花

打水や石への愛は日に一度/林翔

打水や通称日光職人町/西本一都

打水に小便とばす志/佐々木六戈

四辻や打水氷る朝日影/正岡子規

打水に石の流紋走りけり/小島健

夕茜打水土に泡だてる/西山泊雲

打水に胸板の如幹のあり/上野泰

打水の火焔太鼓の如空に/上野泰

打水や蘇鉄の雫松の露/正岡子規

打水の剣の如く塀を出づ/上野泰

打水やもとより浄き飛騨格子/林翔

打水や芝垣泳ぐものゝ蔓/西山泊雲

人力車朝の打水踏み来り/大野徳樹

劇痛は打水の穂を思ふなり/齋藤玄

俳句例:21句目~

地下道に溜る打水五月尽/右城暮石

打水の一塊となり蜂溺る/右城暮石

打水の流れし跡や山の町/京極杞陽

鉈の如打水幹を打ちにけり/上野泰

打水の土凹ませて炭運ぶ/右城暮石

打水の垣越ゆ水の一塊り/高澤良一

打水や児を葬れど仮の宿/前田普羅

打水に秋草なればひた青し/瀧春一

打水の滴りて居る小笹哉/太田南岳

打水や虹を投出す大柄杓/正岡子規

打水に小庭は苔の匂ひ哉/正岡子規

打水に残る埃や遠く匍ふ/高濱年尾

打水に残る涼みや梅の中/内藤丈草

打水のあめふりかゝる蟇/正岡子規

縁側に打水終へし跣かな/野村泊月

打水の玻璃の衣着し椿かな/上野泰

打水の空に飛びつく水のあり/上野泰

打水の終りは円を描きけり/吉岡和子

打水の雫まだある庭の月/五十嵐播水

打水の音さらさらと庭の竹/正岡子規

俳句例:41句目~

打水へ蝶飛んで来し神楽坂/我部敬子

一峡に打水をして驟雨去る/赤松徳二

打水も必死のすがた二た七日/上村占

寒の打水徐々に流れて泡を抱く/林翔

打水やまだ夕立の足らぬ町/正岡子規

打水やビルの谷間の小待合/清水基吉

打水す娘に翠巒の雲ゆけり/飯田蛇笏

打水や土につきたる蜂の尻/芝不器男

打水にしばらく藤の雫かな/高濱虚子

打水や天より下りし蝶一つ/増田龍雨

打水に夕べせはしき木挽町/武原はん

打水や平次が謎を解く時分/小沢昭一

打水や檜葉そよ~と後れ風/鈴木花蓑

打水や端から乾く枯山水/酒向香代子

打水に約束の刻すぎにけり/西/順子

打水や縁の灯うつる草の中/柳下孤村

打水のあと相咬める轍かな/田中蛇湖

打水や肩から上は母に似る/望月一美

打水や草履ぬれたる庵の内/松瀬青々

打水や葉梅に黒き金亀子/島村元句集

俳句例:61句目~

打水をしてゐる主縁に客/今井つる女

打水を店のなかから先斗町/三浦美穂

打水のゆき届きたる祭路地/菖蒲あや

打水を鯉の生簀の蓋にまで/茨木和生

法然院さまの打水またぎをり/小島健

打水の一杓をもて鹿追はれ/櫨木優子

打水の十雨を下す小庭かな/尾崎紅葉

打水の半七塚を濡らしけり/白岩三郎

打水の拾ひ歩きや神楽坂/今井つる女

打水や夕くれ雲の黄に赤に/大塚甲山

打水の桶の夕焼みだれけり/岩脇五風

打水の流れて御師の宿ならぶ/森田峠

打水の生垣越えて土けむり/高澤良一

本郷菊坂打水の端流れ出す/鈴木鷹夫

お召車を待つ打水や五月富士/永井龍男

齢加へをり打水のかがやきに/永島靖子

打水の杓たてかけて茶屋渡世/木村蕪城

打水の最後の水がとんでゆく/辻田克巳

打水の斑ら乾きやながさき忌/中尾杏子

打水をしてあり交番巡回中/松沢満里子

俳句例:81句目~

打水の町となりけり今年はや/吉屋信子

打水か波か軒端のきらきらす/岩田由美

打水にあらず祗園の初しぐれ/大島民郎

打水にしみ~更けて夜の庭木/河野静雲

打水に浮き出て暮れぬ苔の花/原コウ子

打水に濡れた小蟹か薔薇色に/北原白秋

打水をばさ~かぶる芭蕉かな/野村泊月

打水やぬれていでたる竹の月/正岡子規

打水を踏みし足跡出てゆけり/鈴木鷹夫

打水を踏みてなじます藁草履/大熊輝一

打水を車体に受けて市電走る/右城暮石

折からの天の打水句碑に杉に/西村和子

日向水使ひし後を打水に/野見山ひふみ

打水の日を截るしぶき花芙蓉/渡邊水巴

打水のホテルに残る屋号の名/村本畔秀

植木屋の打水ふんで苗えらぶ/宮井保彦

次第に遠く打水避けて立つ埃/高濱年尾

水が来て打水ホースの胴震ひ/能村研三

打水や法衣をぬぎて母となり/尼子凡女

無事が憂し打水と月庭面押へ/香西照雄

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ