季語/杜鵑草(ほととぎす)を使った俳句

「杜鵑草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「杜鵑草」について

【表記】杜鵑草

【読み方】ほととぎす

【ローマ字読み】hototogisu_____

子季語・関連季語・傍題・類語など

・油点草(ゆてんそう:yutenso)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

杜鵑草を含む俳句例

紫の斑の賑しや杜鵑草/轡田進

茎高く時鳥草まだ蕾/大賀/賢子

幾度も雨に倒れし油点草/稲畑汀子

油点草藪の径は坂をなす/安田万十

禅寺に青い目集ふ杜鵑草/蕪木啓子

時鳥草顔冷ゆるまで跼みもし/岸田稚

殉教の土の暗さに時鳥草/後藤比奈夫

水に映りて斑をふやす杜鵑草/檜紀代

油点草紫出過ぎても居らず/中谷楓子

渓の湯の石段せまし油点草/田中冬二

この山の時鳥草活け手桶古る/野澤節子

墓の辺や風あれば揺れ杜鵑草/河野友人

杜鵑草森にタールの匂い立つ/関口桂史

油点草紐で垣するほどに咲く/後藤夜半

砂子めく蚕紙守る家に時鳥草/田中英子

かすかなる山姥のこゑ杜鵑草/小檜山繁子

からげたる紐切れてをり杜鵑草/嶋田麻紀

むらさきの後れはとらじ油点草/後藤夜半

ゆく水に触れて色濃し油点草/山口いさを

時鳥草三つ四つ母のうすまぶた/水谷文子

俳句例:21句目~

時鳥草鴉も鳴かず雀も来ず/阿部みどり女

杜鵑草手にし座興に啼かせみぬ/高澤良一

杜鵑草黙し立てずに五十路過ぐ/安井信朗

ほととぎす草溢れ咲く中怕い顔/関根黄鶴亭

油点草咲ききりし斑のつまびらか/西村和子

活ける間も花のこぼるる杜鵑草/松沢佐多子

飛び石にもたれかかるや杜鵑草/落合よう子

夜をこめて咲きてむらさき時鳥草/後藤比奈夫

ほととぎす草今日むなしき手をのべぬ/八木林之助

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ