季語/鯊(はぜ)を使った俳句

「鯊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鯊」について

【表記】鯊

【読み方】はぜ

【ローマ字読み】haze

子季語・関連季語・傍題・類語など

・真鯊(まはぜ:mahaze)

・黒鯊(くろはぜ:kurohaze)

・赤鯊(あかはぜ:akahaze)

・虎鯊(とらはぜ:torahaze)

・飛鯊(とびはぜ:tobihaze)

・どんこ(どんこ:donko)

・ふるせ(ふるせ:furuse)

・鯊舟(はぜぶね:hazebune_)

・鯊の竿(はぜのさお:hazenosao_)

・鯊日和(はぜびより:hazebiyori)

・鯊の秋(はぜのあき:hazenoaki)

・鯊干す(はぜほす:hazehosu)

・沙魚(はぜ:haze_)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鯊を含む俳句例

鯊釣の小舟漕ぐなる窓の前/蕪村

鯊つりの見返る空や本願寺/荷風

沙釣の籠を覗くや薬売/寺田寅彦

舟影に芥をはこび鯊の潮/桂信子

沙釣の小舟漕ぐなる窓の前/蕪村

沙釣や舟中閑に煙草盆/赤木格堂

沙釣や同じ處に小半日/寺田寅彦

水中に石段ひたり鯊の潮/桂信子

鯊釣や浜に傾斜の東京都/瀧井孝作

松島の鯊の貌見て旅了る/山口青邨

鯊釣や友舟とほき澪標/水原秋桜子

潮動き鯊の当りの忙しく/島野汐陽

合点と揚げて釣竿鯊空し/西山泊雲

鯊釣の陸に背中を並べをり/森野稔

鯊釣の子供の裸小さくて/岸本尚毅

餌売の世話やき声も鯊日和/金子潮

貧の宿一夜鯊焼く頻なり/尾崎紅葉

灘町は昔の構へ鯊を干す/木村蕪城

松島の鯊は鰭張り食積に/山口青邨

鯊釣に槌のひゞきは佃かな/零余子

俳句例:21句目~

頤を垂れて沙釣る翁かな/籾山柑子

鯊釣つて東京湾に親しめり/大串章

鯊釣って東京湾に親しめり/大串章

鯊舟の小錨砂に据りけり/永井龍男

波がしら橋くぐり来る鯊日和/樺峰

鯊釣の装備の一つ烏龍茶/高澤良一

やゝ寒うなりて太るよ砂の鯊/茶煙

晴昊や白砂に置いて鯊の顔/小澤實

浜宿の軒の立艪や沙の秋/野村泊月

突堤に弁当とどく鯊日和/佐藤信子

今年鯊はねて快晴浜離宮/鈴木鷹夫

鯊の宿薄墨色に鷺わたる/高橋馬相

鯊釣や蘆荻の中の半日は/尾崎迷堂

浜宿の軒の立艪や鯊の秋/野村泊月

足型も砂にほのかや鯊の水/西山泊雲

うち晴れて鯊の八郎潟となる/上村占

くもり日の舟板にころころの沙/孝作

蘆原を押分けくるや鯊の潮/古橋呼狂

焼鯊に思ふか君の痩をしも/尾崎紅葉

頬杖をついていつまで鯊の潮/岸田稚

俳句例:41句目~

鯊だしの博多雑煮は家伝もの/菁々子

鯊の潮狭し山鳩越えてゆく/木村蕪城

鯊日和夫の遺愛の竿を干す/白井一江

葛飾や灯れば鯊の潮のぼる/椎橋清翠

鯊舟の円陣汐の満ちくるか/櫻岡素子

沙釣の川を隔てゝ語りけり/寺田寅彦

鯊舟の舳に小さき錨かな/高橋淡路女

鯊釣の大きな箱に坐りけり/古舘曹人

鯊釣の幌深くゐて竿の数/佐藤まさ子

鯊釣の日和になりぬ葉鶏頭/正岡子規

鯊釣や松ある景の入江にて/尾崎迷堂

鯊釣や破れし船を波よけに/福田蓼汀

鯊釣るや一竿天地空しうす/志田素琴

一服の煙草甘さや鯊の秋/宮部寸七翁

自転車の走れるは道鯊日和/右城暮石

鯊釣るや光琳波に湖凪いで/高井北杜

九頭竜に雨の兆しや鯊光る/老川敏彦

鯊釣れて裸足で歩く女かな/岸本尚毅

鯊釣をやめ玄界の入日見よ/福田蓼汀

沙釣の西日に白き手甲かな/野村泊月

俳句例:61句目~

沙釣やあかつき方の渡し銭/松瀬青々

初大師焼鯊提げて戻りけり/川村黄雨

十二月八日鯊釣る帽深く/殿村莵絲子

夕映や沙釣もどる土堤の上/寺田寅彦

竹切に糸をつくれば鯊の竿/高浜虚子

大切に古りたる鯊の竿二本/鈴木花蓑

大漁を喞ち抜くなり鯊の腸/石塚友二

天窓を開く夜のあり子持鯊/小林貴子

沙釣や近く小鴨の群飛べる/小澤碧童

子持鯊釣れをる河口昼の月/鈴木雹吉

沙釣りや沖流れ去る菊一朶/会津八一

少女持つ籠の新らし鯊の秋/沖山政子

沙飛んで船に飯たくゆふべかな/才麿

煙突の影たわ~や鯊の汐/徳永山冬子

新居浜の煙突のもと鯊の汐/皆吉爽雨

暮潮の芥まとひぬ鯊の籠/水原秋桜子

海底に珊瑚花咲く鯊を釣る/高浜虚子

朝市のござ二つ折り子持鯊/斉藤道廣

桟橋の鯊の濡れ型すぐ乾く/西本一都

相似たる二人漁翁や鯊の秋/河野静雲

俳句例:81句目~

沙を釣る日々灌園を怠りて/高田蝶衣

町中に鯊が釣るゝよ秋の河/吉田冬葉

遁れきても亦鯊釣の充満す/石田波郷

遠目鏡鯊釣る友を思ふかな/尾崎紅葉

鈎呑んで宙に躍りし子持鯊/須並一衛

さざ波に酔ひて一日鯊を釣る/大石暁座

さばしりて巌濡らす水子持鯊/山崎柿郷

沙釣のこゝらあたりや垂れて見る/篠原

赤潮を越してなほ漕ぐ鯊の舟/前田普羅

落鯊や風の出できし空の色/八木林之介

荷船にも釣る人ありて鯊の潮/高濱虚子

みち潮の醋漬うれしく二才鯊/尾崎紅葉

みなそこや沙のよりそふうつせ貝/柳芽

サンパンのゆきかふ波に鯊の船/瀧春一

自転車の遠乗りをして鯊の海/高澤良一

男手に鯊の煮えたる産屋かな/石田波郷

一日を鯊釣ることに過しけり/高浜年尾

上げ汐をよろこぶ鯊も鯊釣も/右城暮石

九頭竜もこゝらは淀ミ鯊の秋/竹内柳花

二三尺てぐすが見ゆる鯊の潮/前田普羅

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ