季語/氷湖(ひょうこ)を使った俳句

「氷湖」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「氷湖」について

【表記】氷湖

【読み方】ひょうこ

【ローマ字読み】hyoko_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・湖凍る(みずうみこおる:mizumikoru)

・凍結湖(とうけつこ:toketsuko)

・凍湖(とうこ:toko____)

・結氷湖(けっぴょうこ:keppyoko)

・氷盤(ひょうばん:hyoban)

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

氷湖を含む俳句例

冬茜氷湖の中の城一つ/有馬朗人

厨房に温泉迸り湖氷る/木村蕪城

一枚の氷湖に幼手を殺す/古舘曹人

円湖凍てゝ方位東西相隣る/草田男

氷湖に雪死装束の白さもて/轡田進

諏訪衆に風の集まる氷湖かな/原裕

蒼天を涵し氷湖の罅深し/木村蕪城

穴釣や氷湖轟く寧からず/新井石毛

日輪を愛す氷湖の真中に/宮津昭彦

甘露煮に氷湖のひかり粗々し/原裕

湖凍ててわが声われを驚かす/林翔

一氷湖空の紺さへ許さざり/古内一吐

三面鏡その一枚にある氷湖/対馬康子

喪の家の氷湖をかくす深廂/田村了咲

月一輪凍湖一輪光りあふ/橋本多佳子

凍湖の汀ともなく木立あり/依田秋葭

氷湖より親しきものに蕪城の名/原裕

大氷湖落暉散乱しても無音/甲斐虎童

湖氷る響幾夜にわたりつる/木村蕪城

翡翆や氷湖一隅融けそめて/堀口星眠

俳句例:21句目~

湖凍るそがひの山に人葬る/木村蕪城

月光の切先に触れ湖凍てぬ/根岸善雄

月上げて氷湖一枚暮れ残る/伊東宏晃

氷湖照る明るさ朴の幹つたふ/早崎明

一枚の氷湖をふたり渡れるか/櫂未知子

児の睡る橇を氷湖に曳き渡る/品川鈴子

初荷橇氷湖をたわみつつ渡る/吉村唯行

曳く橇の氷湖に沿へり注連貰/村上光子

大吠えて氷湖天狼を真上にす/福田蓼汀

天仰ぐほかなし氷湖の真中は/野沢節子

抽んでし氷湖の芦に霧氷かな/奥田智久

日輸のほか何もなき氷湖かな/深谷岳彦

朝焼けて氷湖を渡る北きつね/高岡秀行

氷湖ゆく白犬に日の殺到す/岡部六弥太

氷湖日の出影も輝くわが分身/川村紫陽

氷湖昏れ万籟を絶つ四辺かな/伊東宏晃

氷湖照る吾妻鏡の世も斯くや/木村蕪城

氷湖見る胸をわづかに傾けて/古舘曹人

氷湖駆く余生の力恃みつつ/北見さとる

犬吠えて氷湖天狼を真上にす/福田蓼汀

俳句例:41句目~

老画家とゆく落日の氷湖の辺/野澤節子

脚ひらく氷湖に刃入るるとき/櫂未知子

鳥発つて氷湖傷つく鉄の刃/田川飛旅子

猟銃音湖氷らんとしつゝあり/相馬遷子

湖凍り林をのぼるオリオン座/堀口星眠

湖氷る大きな朝にあひにけり/加藤楸邨

湖氷る日を見さだめつ楮蒸す/栗生純夫

犬も亦凍湖を渡る家路あり/青葉三角草

穴釣す暁けの凍湖を渡り来て/松尾緑富

寸鉄をもて氷盤を磨ぎにけり/栗生純夫

穴釣りの人増え氷湖明けしらむ/伊東宏晃

橋一つこえて氷湖となりゐたり/友岡子郷

月光にさらけ出されし氷湖かな/草間時彦

山上湖氷らんとして波さわぐ/篠田悌二郎

山風や夜落ちしところ湖氷る/松根東洋城

月と日と倶にただよふ氷湖かな/板谷芳浄

漁樵をり氷湖雪山こもごも照る/木村蕪城

星の数ふえつゝ暗き氷湖かな/浜井武之助

漁夫戻る肩に氷湖のひかりをり/手島靖一

大試験さなかの氷湖かがやけり/木村蕪城

俳句例:61句目~

濯女に温泉湧きあふれて湖氷る/木村蕪城

湖凍てて療園の嬉戯玻璃のうち/木村蕪城

凍湖に犬の見つけし落しもの/青葉三角草

夜空より暗き氷湖と思ひけり/小島千架子

夕空の星研ぎいづる氷湖かな/徳永山冬子

氷湖の日わたるに置きて松葉杖/木村蕪城

風吹けり凍湖に琴糸はるように/対馬康子

氷盤の炎消しがたしかゆ炊く火/細谷源二

火口湖が白き氷盤となれるのみ/山口誓子

ミシガン湖凍りついたる初日かな/仙田洋子

光の中眼ひらきどほし湖氷挽く/加倉井秋を

夜は星の語り部となる氷湖かな/雨宮きぬよ

氷湖行けばさすらひの日の悴めり/巌谷小波

湖凍てて落暉の総のそよぎをり/大峯あきら

湖凍るひびきの夜夜を書に痴るる/木村蕪城

聯珠の灯氷湖をかこみ遠ちに切れ/福田蓼汀

氷湖白く喪の家の子らけふ見えず/田村了咲

ショーのあと消す氷盤に水撒きて/津田清子

湖氷挽く挽き音しだいに咽び音に/加倉井秋を

馬橇駆つて氷湖の風は刃のごとし/鷲谷七菜子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ