季語/湯ざめ(ゆざめ)を使った俳句

「湯ざめ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「湯ざめ」について

【表記】湯ざめ

【読み方】ゆざめ

【ローマ字読み】yuzame

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

湯ざめを含む俳句例

湯ざめして鏡の奥の狐顔/仙田洋子

湯ざめせし貌寒灯の下過ぐる/桂信子

湯ざめして夜の上陸諦めし/柴田道人

人の閑奪ひ一閑湯ざめ来て/香西照雄

湯ざめして大正の顔客観す/原子公平

剥製を女見てゐる湯ざめして/田村恵子

湯ざめして或夜の妻の美しく/鈴木花蓑

姿見に全身うつる湯ざめかな/菖蒲あや

小説の虜となりて湯ざめかな/綿谷吉男

掌のみかん冷たき湯ざめかな/滝田琴江

ふと湯ざめ右の肩より生れけり/塙告冬

旅の夜の湯ざめ早しと思ひつゝ/上村占

湯ざめして鏡に他人めき映る/大熊輝一

川千鳥湯ざめおぼゆる昼さがり/上村占

乾坤の光うしなふ湯ざめかな/木村蕪城

湯ざめして現の闇をひろげたり/長谷川双

湯ざめして心もとなし旅の宿/波多野爽波

湯ざめして夫婦老後を計りをり/高橋悦男

湯ざめしてもの食む音の身に返る/岡本眸

ぬる燗を湯ざめの上に重ねけり/草間時彦

俳句例:21句目~

鏡中に違ふ我ゐる湯ざめかな/小泉八重子

花かるた湯ざめの羽織うち重ね/清原枴童

湯ざめして君のくさめや十三夜/日野草城

恋めきて絨毯をふむ湯ざめかな/飯田蛇笏

湯ざめして一終戦史よみふける/岩崎照子

商談の折合いつかぬ湯ざめさな/佐藤佐世

湯ざめしてより美しき海の紺/今井杏太郎

湯ざめして陶淵明の書を閉づる/森田公司

湯ざめして二十世紀に遺されき/大屋達治

湯ざめせり残雪は土より凹む/千代田葛彦

湯ざめして酒を垂らせる李白かな/小島健

湯ざめして純文学を好みけり/深見けん二

湯ざめして鏡に命こめてをり/波多野爽波

ざうざうと湯ざめしてをり路次咄/久米三汀

湯に入れば湯ざめをかこつ女かな/高浜虚子

狐火を見るべく湯ざめこゝちかな/高森清子

藤の穂絮の兎となれり湯ざめして/中村苑子

遠くまで海にごりゐる湯ざめかな/吉田紫乃

壁の絵の写楽に湯ざめうつりけり/細川加賀

ビデオに吾湯ざめのごとく登場す/能村研三

俳句例:41句目~

後より掴まるるごと湯ざめせり/古賀まり子

投句者に怨まれつづけ湯ざめせり/宮坂静生

星空のうつくしかりし湯ざめかな/松村蒼石

湯ざめして何かと儚ごとばかり/能村登四郎

湯ざめして大きな月でありにけり/古舘曹人

湯ざめして庭より闇を負ひもどる/井沢正江

湯ざめして廃墟の中に立つごとし/藺草慶子

湯ざめして恋の焉りにゐるごとし/大石悦子

湯ざめして旅愁に似たる生家かな/保住敬子

湯ざめして晩年是非もなかりけり/長谷川双

湯ざめして竹人形のうすみどり/御旅屋長一

湯ざめして蕪村忌の夜の更けにけり/所山花

湯ざめして頭の上にありし灯よ/波多野爽波

湯ざめする気配の帯を締めにけり/小坂順子

湯ざめせしこと足先の知つてをり/稲畑汀子

湯ざめせし背に大いなる月かかる/中村汀女

湯ざめして鏡が水のやうに見ゆ/八牧美喜子

湯ざめとは耳の浮き立つ思ひかな/今瀬剛一

湯ざめの顔薄倖にしてうつくしき/石原舟月

すぐ湯ざめしさうなひとり暮しかな/藤崎久を

俳句例:61句目~

なほ生きん闇の湯ざめは締めつくる/香西照雄

昔をとこありけり湯ざめしたりけり/細川加賀

亡き母に叱られさうな湯ざめかな/八木林之助

不和の灯のしづみて湯ざめ顔ひとつ/石原舟月

湯ざめして顔の小さくなりにけり/雨宮きぬよ

湯ざめして古き映画を見たりけり/小宮山政子

湯ざめしてよりちかぢかと汽車の音/細川加賀

湯ざめしてなほ書きつづけゐる手紙/岩崎照子

湯ざめして一日の遠くなるおもひ/片山由美子

湯ざめしてしまひしことを引金に/今橋真理子

眉画くや湯ざめこゝちのほのかにも/清原枴童

湯ざめしてゐる手がつづけ髪手入/波多野爽波

湯ざめして遥かなるものはるかなり/藤田湘子

酢にむせしことより湯ざめ覚えけり/大熊輝一

つぎつぎに星座のそろふ湯ざめかな/福田甲子雄

湯ざめしてかつぱえびせん止まらない/内田美紗

湯ざめしておのれに聞かす二た三言/鷲谷七菜子

化粧ふれば女は湯ざめ知らぬなり/竹下しづの女

湯ざめしてにはかの山気かむりけり/上田五千石

湯ざめしてどうでもよいと思ふこと/片山由美子

俳句例:81句目~

テレビ見る子を湯ざめると叱りけり/吉田/守一

湯ざめしてのちのちのさもあらばあれ/長谷川双

湯ざめして眉のあたりのうつろなる/片山由美子

わが部屋に湯ざめせし身の灯を点もす/中村汀女

ゆずの香の湯ざめごこちになほのこる/田中冬二

髪結ふに手間とりすぎて湯ざめかな/宇佐美輝子

そこまで天の川、湯ざめすまじき羽織を借り/荻原井泉水

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ