季語/糸蜻蛉(いととんぼ)を使った俳句

「糸蜻蛉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「糸蜻蛉」について

【表記】糸蜻蛉

【読み方】いととんぼ

【ローマ字読み】itotombo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・燈心蜻蛉(とうしんとんぼ:toshintombo)

・とうすみ蜻蛉(とうすみとんぼ:tosumitombo)

季節による分類

・「い」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

糸蜻蛉を含む俳句例

糸蜻蛉水灌ぎても墓熱し/岸田稚

河童忌の燈心蜻蛉鼻の先/飯田龍太

糸とんぼ宙にして石進むなり/岸田稚

水引にとまる燈心蜻蛉かな/籾山柑子

一茎を両手で押へ糸とんぼ/高澤良一

糸とんぼ川の中洲は草ばかり/中拓夫

とうすみやまた雨叩く水の面/岸田稚

糸蜻蛉ふつと止りし草細し/小林律子

光りては光に消ゆる糸蜻蛉/仙田洋子

風よりも淡々流れ糸とんぼ/橋田憲明

点滴に弾かれ喜び糸とんぼ/香西照雄

庭守りは豪傑眉よ糸とんぼ/高井北杜

暁紅の忘れ形見の糸とんぼ/佐藤鬼房

青曳いて水にまぎれず糸蜻蛉/稲岡長

棟上げの写る水田の糸蜻蛉/高田里江

糸蜻蛉尾の先藍にして瀟洒/福田蓼汀

水繩に雷ちかみつゝ糸とんぼ/飴山實

糸とんぼ細藺の風に流さるゝ/古沢京

萍の動くがまゝに糸とんぼ/八重九皐

糸蜻蛉山水影をとどめざる/根岸善雄

俳句例:21句目~

糸蜻蛉止りし軽さ草にあり/北川一深

流水にとうしみ蜻蛉甲斐の国/森澄雄

草の葉をちぎる灯心蜻蛉ごと/中田剛

沼に生れし青とうすみを胸にとめ/林翔

糸とんぼ止まる所が判りけり/高澤良一

糸とんぼ遊び足らずよ夜も遊ぶ/藤井亘

三人は友となるかも糸蜻蛉/落合よう子

糸蜻蛉いのちあるものみな美し/駒崎盤

糸蜻蛉万座の空に染まりけり/小出文子

紫陽花の暗き蔭より糸とんぼ/遠藤梧逸

糸蜻蛉弓なりといふ愛しかた/中原道夫

糸蜻蛉記憶横切るやうに飛ぶ/後藤立夫

草の刃にふれしは昔糸とんぼ/畑ゆき乃

息殺す水にとうしみ生れけり/栗林千津

とうすみの覗いてをりぬ船料理/下田稔

とうすみや利玄生家へ石の橋/石田勝彦

梅雨晴れて一度に生れ糸とんぼ/稲畑汀子

とうすみと銀河鉄道すれ違ふ/上野まさい

糸蜻蛉進むリズムはピチカート/高澤良一

二歳児に捕らえられたる糸蜻蛉/摂待信子

俳句例:41句目~

とうすみに旅の時間の迅く流れ/行方克巳

糸車まはるまぼろし糸とんぼ/柴田白葉女

糸とんぼ生れし歓喜水去らず/勝部仇名草

糸蜻蛉暗き水辺に来て止まる/五十島典子

池にごりそめて生れし糸とんぼ/稲畑汀子

糸とんぼ茎に取り付くその角度/高澤良一

湖尻のさびしさにゐて糸蜻蛉/能村登四郎

山水を引きて五六戸糸蜻蛉/長谷川かな女

風になかなか草穂つかめず糸蜻蛉/中拓夫

香久山へとぶ糸蜻蛉失せやすし/向山隆峰

糸とんぼ放ちし羽根に風あたる/桜井博道

糸蜻蛉とまれる向きのみな違ふ/岸本尚毅

灯心蜻蛉ゆたのたゆたや天の川/尾崎紅葉

燈心蜻蛉は瑠璃一色の針とんぼ/高澤良一

糸とんぼ三つとなりし流れかな/瀧村水峯

鐘撞きに行くとは知らじ糸とんぼ/永田耕衣

糸とんぼ水辺の昏さばかりとぶ/松藤/三鶴

たましひの軽さはいくら糸とんぼ/仙田洋子

糸とんぼ水の匂ひを追ひて飛ぶ/伊藤芙美子

よぎるもの風にはあらず糸とんぼ/高澤良一

俳句例:61句目~

糸蜻蛉あとじさりてはとどまれる/大竹朝子

糸とんぼ骨身けづりし彩なせり/新谷ひろし

尾を曲げて瑠璃の濃くなる糸蜻蛉/堀口星眠

とうすみの水の暗さをはかり飛ぶ/行方克巳

灯心蜻蛉の尻尾ずんずん目の前を/高澤良一

とうすみに桂のくらき日中かな/摂津よしこ

糸とんぼ可憐に交みさまよひ出る/鈴木石夫

糸蜻蛉誰がことづてをもたらせし/横山房子

止まらんと瑠璃糸とんぼ間合詰め/高澤良一

流れゆくものに止まりて糸蜻蛉/遠山りん子

藻の上にとまれば見えず糸とんぼ/谷野黄沙

生れたるばかりに吹かれ糸とんぼ/稲畑汀子

とうすみはとぶよりとまること多き/富安風生

とうすみのこの世にたてし音しづか/藤井正幸

とうすみを追ふあやふやな風景/すずきりつこ

とうすみの止まり切つたる影揺るる/行方克巳

とうすみとゆくきつかけの塩のみち/吉田紫乃

燈心蜻蛉まはりの音のかき消えて/佐々木六戈

たはやすくとられてかなし糸とんぼ/福田蓼汀

糸とんぼ小諸の虚子を語れるに/長谷川かな女

俳句例:81句目~

ひたぶるな人に昼星とうすみとんぼ/伊藤淳子

とうすみ蜻蛉かくれし初夏の杉菜かな/中島月笠

今日も明日もトカトントンの糸とんぼ/仙田洋子

父母在さずこの指に止まれ糸とんぼ/磯貝碧蹄館

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ