季語/麦の秋(むぎのあき)を使った俳句

「麦の秋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麦の秋」について

【表記】麦の秋

【読み方】むぎのあき

【ローマ字読み】muginoaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・麦秋(むぎあき/ばくしゅう:mugiaki)

季節による分類

・「む」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

麦の秋を含む俳句例

麦秋や蛇と戦ふ寺の猫/鬼城

麦秋や箒かつぎて箒売/安住敦

麦秋の鐘に積りし埃かな/城月

宿々は皆新茶なり麦の秋/許六

病人の駕も過けり麦の秋/蕪村

能登麦秋女が運ぶ水美し/綾子

麦秋や葉書一枚野を流る/誓子

山寺は碁の秋里は麦の秋/一茶

我隣蚕に交る麦の秋/松岡青蘿

麦秋や雲よりうへの山畠/梅室

文鎮の青錆そだつ麦の秋/夕爾

橋燈の昼灯れり麦の秋/松藤夏山

麦秋や埃にかすむ昼の鐘/炭太祇

麦秋の黄をこめ灯る崖の上/鴻司

麦秋の雨が楓を打ちにくる/直人

角帽の金章は稲麦の秋/高橋悦男

麦秋や火のあそび出る瓦窯/静塔

毳だちし日輪の縁麦の秋/中田剛

麦秋やどこも能筆札所妻/木村勇

道端に切株一つ麦の秋/石山惠子

俳句例:21句目~

麦秋や樗咲きたる門構/子規句集

麦秋や松美しき道成寺/遠藤梧逸

麦秋や書架にあまりし文庫本/敦

麦秋や光なき海平らけく/上村占

村の童の大きな腹や麦の秋/篠原

麦秋や若者の髪炎なす/西東三鬼

麦秋やうらの苔屋は魚の秋/一茶

麦秋や中国下る旅役者/正岡子規

麦秋の草臥声や念仏講/高井几董

聖堂に組鐘吊せ麦の秋/後藤綾子

夕くれや野の声残る麦の秋/楚秋

麦秋や大きな家の二階住み/浪化

麦秋の亡者を埋むる土の音/麦南

麦秋の乳房悔なく萎びたり/間石

麦の秋中国畸人伝なかば/下田稔

行列の槍五六本麦の秋/子規句集

麦秋の丘は炎帝たたらふむ/鳳作

麦秋や籬の外の大焚火/西山泊雲

麦秋や石州瓦野に低き/松岡英士

百姓に恋女房や麦の秋/橋本鶏二

俳句例:41句目~

警戒の再び固き麦の秋/遠藤梧逸

当り傷多き電柱麦の秋/高井北杜

御車や道々民の麦の秋/子規句集

麦秋の峡深く来て天主堂/倉田青

麦秋を俯向き通る故郷かな/耕衣

十一面観音堂へ麦の秋/矢島渚男

門前の道修しけり麦の秋/原月舟

棺を置く大八車麦の秋/山本洋子

麦秋や雨の一日鯰釣り/野村喜舟

麦秋のくたびれ声や念仏講/几董

長崎を夜天に描く麦の秋/石原八束

麦秋の子どもの後姿かな/石田郷子

祭壇の奥に海ある麦の秋/石原八束

麦の秋さびしき貌の狂女かな/蕪村

麦秋の夕べ水路に物洗う/宮田祥子

北嵯峨や藪の間々麦の秋/西山泊雲

十一面の一面背く麦の秋/伊藤白潮

単線の大曲りして麦の秋/中森無伴

厠かとおもへば納戸麦の秋/辻桃子

麦秋の野を従へて河曲る/内藤吐天

俳句例:61句目~

口語訳聖書麦秋来りけり/橋本榮治

殉教の丘と伝へて麦の秋/景山筍吉

麦秋の野に人見ぬは息ぐるし/暮石

雨二滴日は照り返へす麦の秋/虚子

麦秋の里の香残る旅鞄/山田美知子

麦の秋寺山修司疾走す/秋山巳之流

商人の町の近江の麦の秋/大橋敦子

鼻に抜け目薬苦し麦の秋/細川加賀

土いろに貧農貧馬麦の秋/石原舟月

麦秋の日陰流れて軒の旗/内田百間

青雲と白雲と耀り麦の秋/日野草城

麦秋や石より大き石の影/岡田史乃

鞭鳴す馬車の埃や麦の秋/夏目漱石

麦秋や瞼に子連れ観世音/堀口星眠

大家族すでに伝説麦の秋/遠藤梧逸

麦秋の埃に沈む夕日かな/野村泊月

麦秋の肝胆ふかき首二つ/栗林千津

麦秋や痩馬牽きて長手綱/飯田蛇笏

ちさい子がたばこ吹也麦の秋/一茶

麦秋や狐ののかぬ小百姓/與謝蕪村

俳句例:81句目~

麦秋や狐たゝりの口々に/中川四明

麦秋の耳に陰もち恋人よ/久保純夫

女坂に自転車倒す麦の秋/後藤貴子

麦秋の中なるが悲し聖廃墟/秋櫻子

妊れる嫂と知らず麦の秋/久米正雄

蒼き胸乳へ蒼き唇麦の秋/夏石番矢

麦秋の縮図戻して着陸す/藤浦昭代

行人の背にある蝿や麦の秋/たかし

麦の秋母の骸やはらかし/萩原麦草

麦秋や子を負ながらいはし売/一茶

みちのくの熱き大飯麦の秋/下田稔

麦秋の筵仕舞ひや畑の中/野村泊月

西日して修学院村麦の秋/野村泊月

海鳴や弘法麦も麦の秋/山田みづえ

麦秋の石切りをるや沖谺/小林康治

山の上たひらに麦の秋となる/林火

野の中の腸詰工場麦の秋/原田青児

島々の麦秋終る火よ煙よ/皆吉爽雨

警報機のみの踏切麦の秋/長田久子

渇水の川床見ゆる麦の秋/滝井孝作

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ