季語/地虫穴を出づ(じむしあなをいづ)を使った俳句

「地虫穴を出づ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「地虫穴を出づ」について

【表記】地虫穴を出づ

【読み方】じむしあなをいづ

【ローマ字読み】jimushianaoizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・地虫出づ(じむしいづ:jimushiizu)

・地虫穴を出る(じむしあなをでる:jimushianaoderu)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

地虫穴を出づを含む俳句例

蟻穴を出づ吉原大門趾/里見梢

鳩よりも雀賢し地虫出づ/高木晴子

空港の全面鋪装地虫出づ/塩川雄三

蟻穴を出る縄文の住居跡/田村恵子

蟻穴を出でて動物園を馳す/大串章

啓蟄の蟻が早引く地虫かな/高浜虚子

焼土も蟻穴を出て走るなり/加藤楸邨

地虫出て靴の踵の急に減り/池田秀水

枯枝影動かずにあり地虫出づ/上野泰

地虫穴出るといふ日の街歩く/澤ゑい

地虫貌出す古代の微笑漂わせ/三谷昭

金策に妻出づ地虫穴を出づ/清水基吉

遠ざかる光年の果地虫の夜/三橋敏雄

菊園の晴れ厨房に地虫鳴く/松村蒼石

着る物のほとほと疲れ地虫出づ/林翔

下闇や地虫ながらの蝉の声/服部嵐雪

百姓の一言返事地虫出づ/米沢吾亦紅

二百三高地虫の音啻ならず/藤浦昭代

忙しき人の筆まめ地虫出づ/橋本榮治

蟻穴を出て地歩くや東大寺/松瀬青々

俳句例:21句目~

掘り出せし地虫刻々色変る/右城暮石

太陽に黒点地虫穴を出づ/岡本まち子

地虫出づ仏心仏語湧かしむる/吉田未灰

地虫出づ天地明るくなる程に/高木晴子

地虫出づ嬰の手足の深くびれ/白井爽風

地虫出づ日の山の音海の音/大峯あきら

麗日にあくまで深き地虫の穴/内藤吐天

蟻穴を出づ教会にアベマリア/山敷惠三

蟻穴を出て関節を鳴らしけり/赤塚五行

蟻穴を出でては居ぬか垣の内/高澤良一

地虫出て天日これに近づきぬ/下村非文

地虫出て釈迦の横臥や行者越/古館曹人

地虫啼く外は野分の月夜なり/臼田亜浪

地虫鳴く声を能面じつと聞く/品川鈴子

地虫鳴く外は野分の月夜かな/臼田亞浪

地虫出て自分が見えぬ日のありぬ/東都

塊に地虫はまろぶことありて/高浜年尾

停電の夜にて地虫なきいでつ/山口誓子

兄弟や地虫の穴にうづくまり/西山泊雲

帝陵に上らん地虫出でにけり/中瀬喜陽

俳句例:41句目~

半日の休暇をとれば地虫出づ/黒田杏子

呆けても腹の虫鳴く地虫鳴く/後藤綾子

床土のなれ遅き日の地虫羽虫/喜谷六花

愛鷹は雲の溜り場地虫出づ/菊池日呂志

地虫鳴く高千穂野ゆく夕月に/白川朝帆

地に月日空に月日や地虫出づ/橋本鶏二

日の暮の青天井に地虫なく/百合山羽公

日輪をゑがきし空や地虫出づ/橋本鶏二

昨日出し地虫も共に悲しめり/池田秀水

東山はればれとあり地虫出づ/日野草城

楽鳴らす壁画百仏地虫出づ/岡部六弥太

槐に地虫はまろぶことありて/高濱年尾

混濁の世に罷り出づ地虫かな/中野拓也

渓音も朝は朗らか地虫出づ/今井千鶴子

父葬りたる土よりも地虫出づ/橋本一水

百仏に穴を出あそぶ地虫かな/河野静雲

雨の玉土にころがり地虫出づ/橋本鶏二

綿々と阿漕つぶやく鳴く地虫/羽部洞然

老け急ぐ勿れ地虫も穴を出づ/小林康治

苗床の地虫を箆ではねにけり/高浜虚子

俳句例:61句目~

豚声の水に揃ふと地虫出づ/大木あまり

這ひ出でて分別臭き地虫かな/行方克巳

遺したくなき物の数地虫出づ/宮地英子

鮮しき蟻穴いくつも見て戻る/桜井博道

面こすり地虫出でけり大柳生/渡辺恭子

パレツトにのぞく親指地虫出づ/岡田貞峰

長き髭ささげて穴の地虫いづ/百合山羽公

峯づくる夜雲明るく地虫鳴く/金尾梅の門

杖先のおちいるところ地虫出づ/井沢正江

地虫出づるとも押入の母の闇/小檜山繁子

地虫出て金輪際をわすれけり/阿波野青畝

蟻穴をおほひし牡丹落花かな/成瀬正とし

地虫出て神を畏るゝこともなし/下村非文

地虫出づ穴に日射のあまねかり/高浜年尾

己が影を慕うて這へる地虫かな/村上鬼城

蟻穴を出でたるめくら走りかな/細川加賀

王冠を掃き転ばすや地虫出づ/佐野まもる

之を哭し之を笑ふや地虫出づ/相生垣瓜人

蟻穴を出でて二匹となりにけり/坊城俊樹

夜の酒のはなやぐ隙を地虫鳴く/小林康治

俳句例:81句目~

火の山の怒りをよそに地虫出づ/坂村とき

地虫出て来て三界はよきところ/後藤立夫

蟻穴を二ひきの蟻の出でんとす/京極杞陽

地に月日そらに月日や地虫出づ/橋本鶏二

竿竹屋来るたび特売地虫出づ/椙本千代子

地虫いづわが一生も末見えて/百合山羽公

地虫いづ同類の愛こまやかに/百合山羽公

抽斗に名刺がたまり地虫出づ/加倉井秋を

捨てられぬ合鍵ひとつ地虫出づ/橋本榮治

地虫こそ自我の孤独の声放つ/殿村菟絲子

芝焼くやどこかで地虫鳴く声す/河野南畦

姓の子等農を守りぬく地虫出づ/遠藤梧逸

蒸籠積む贋へつつひや地虫出づ/石川桂郎

地虫なく農家と同じ夕餉どき/百合山羽公

旧村居地虫なく頃ゆきて見む/百合山羽公

地虫釣り上げて午笛の鳴り終る/内藤吐天

地虫の窓覗く巨大な影となり/八木三日女

地虫なくさみだれ水の虚空にて/百合山羽公

夏立ちて地虫漏れなく日暮なり/百合山羽公

地虫鳴くつぐべき声をたしかめつ/中村汀女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ