季語/厩出し(うまやだし)を使った俳句

「厩出し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「厩出し」について

【表記】厩出し

【読み方】うまやだし

【ローマ字読み】umayadashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・まやだし(まやだし:mayadashi)

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

厩出しを含む俳句例

厩出箒の影の衰ふる/宮坂静生

厩出しの鬣に風草に風/岡本菊絵

牧開汚れ鏡に笑顔ある/四ツ谷龍

厩出し山へ雲へと嘶けり/檜紀代

厩出し牛に雪嶺蜜のごと/森澄雄

牧開白樺花を了りけり/水原秋桜子

牧開く槌音雲に響かせて/橋本榮治

久方の蔵王の貌や厩出し/兒玉南草

牧開く天賦自然の草の上/堀米秋良

黒牛の重き跳躍厩出し/清水久美子

風除の蔭より牛や厩出し/上田花勢

頂につらなる雪に厩出し/前田普羅

雲脱ぎて待つや月山牧開き/荒木梢

まつ先に風の一周牧開き/落藤和枝

月山の雲の夜明や厩出し/須佐薫子

姫神の山晴れてくる厩出し/清水芳子

子がいつも近道をくる厩出/宮坂静生

安達太良の雲が雲呼ぶ厩出し/松浦釉

戸の開いて秣のあふれ厩出し/森田峠

段畠へ雪を踏みしめ厩出し/近藤一鴻

俳句例:21句目~

留金に風をほどきて厩出し/岡田史乃

虻はまだ蠅はまだなる厩出し/森田峠

厩出し九重も阿蘇も隣り組/倉田凡人

足元に消ゆる地靄や厩出し/中島畦雨

厩出しの大きかりける馬の顔/森田峠

厩出しの山道蹄あとに荒れ/皆吉爽雨

雨脚の蓮田へ消ゆる厩出し/宮坂静生

鶏鳴の尾を長曳けり厩出し/太田土男

一頭ははや駆けゆけり牧開/西村梛子

先導に二度山の牛牧びらき/太田土男

厩出しや皆穏かなちぎれ雲/高野素十

子牛撥ね陽に輝きて牧開く/酒井湧甫

牧びらき牛の谺のために嶺/太田土男

牧開き四方の山々退けて/片山由美子

牧開き壊れし柵を補修して/塩川雄三

牧開泉声馬をみちびける/水原秋櫻子

雪嶺の天に牆なす牧びらき/小林碧郎

厩出しといふ実感や馬撫でて/大塚清子

地平線一引く蝦夷の牧びらき/阿部慧月

一声を富士へ放てり厩出し/佐野竹の子

俳句例:41句目~

乗り回し乗り回しして厩出し/小原弘幹

十勝野の風まだ寒き厩出し/島田一耕史

落葉松の色の溢るる牧開き/桜岡おおし

厩出しや白峰北岳暮れのこり/渡辺立男

山刀伐の鷹来て舞へる牧開き/細谷鳩舎

曇りても那須岳まぶし牧開き/斎藤道子

牧びらき焼印こばむ仔牛ゐて/中村翠湖

厩出しの親牛が跳ね仔牛跳ね/千葉年子

高き声森よりきこえ厩出し/柴田白葉女

牧開き阿蘇には白き雲流る/佐藤富美子

厩出しや自在の鍋のふきこぼれ/龍岡晋

厩出し一握の塩ふるまはれ/新谷ひろし

厩出しの嘶き死火山帯応ふ/加倉井秋を

厩出し朱を縒り込みし牛の綱/太田土男

牧開セメントのつく手を柵に/四ッ谷龍

損得を抜きの馬好き厩出し/竹田はるを

この沖にサハリンありと牧開く/辻桃子

夕つゞに牧夫の酔歌牧びらき/相馬遷子

強き蝿野に飛び出づる厩出し/橋本鶏二

草長けて雲になびけり牧開き/三宅句生

俳句例:61句目~

雲影に山梨散るや牧びらき/岡本まち子

朝霧に寄り添ふ牛や牧びらき/相馬遷子

厩出しの石にも当つる牛の舌/大岳水一路

厩出しの馬かもあらび山路来る/皆吉爽雨

おしまひに人が出てきし厩出し/今瀬剛一

厩出し水に馴らすといふことも/山田弘子

一番に仔馬が駆けて牧開き/瀬川としひで

雪舐むる他なし蝦夷の厩出し/佐藤たみ子

日もすがら繋がれてあり厩出し/高野素十

牧開くとて持ち馬のありつたけ/鷹羽狩行

垂るる尾の雪に触れつつ厩出し/倉垣和子

蝦夷はまだ雪の中なる厩出し/山口美千子

甲斐駒の匂ひ立つなり牧びらき/堀口星眠

阿蘇の雪一とたびは消え厩出し/山内星水

どの牛も塩負ひて着く牧開き/黒坂紫陽子

遅れじと犬の駈け出し牧開き/片山由美子

雪崩えの馬柵結ひて待つ牧開き/根岸善雄

この島の馬柵のいらざる牧開き/平松三平

牧開き日輪みどりにまはりそめ/村越化石

風が目を細めゐる日の厩出し/後藤比奈夫

俳句例:81句目~

みちのくは牛ばかりなり厩出し/瀧澤伊代次

厩出して雲の流離に敏く住む/野見山ひふみ

厩出しに会ひぬ野川も弾みつつ/星野麦丘人

厩出しのすでにたてがみ靡くかな/牧野寥々

厩出す途端一ト荒れ荒るゝかな/小笠原樹々

噛み減りし木戸をはづしぬ厩出し/米田一穂

日が照つて厩出し前の草のいろ/鷲谷七菜子

大根の花咲く厩出す黒馬の艶/安斎櫻カイ子

嘶きて今日の厩出し知つて居り/町田しげき

雉子の雛つらなり走る牧びらき/小林黒石礁

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ