季語/田打(たうち)を使った俳句

「田打」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「田打」について

【表記】田打

【読み方】たうち

【ローマ字読み】tauchi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春田打(はるたうち:harutauchi)

・田を打つ(たをうつ:taotsu)

・田を返す(たをかえす:taokaesu)

・小田かえす(おだかえす:odakaesu)

・田を鋤く(たをすく:taosuku)

・田掻(たがき:tagaki)

・田掻牛(たがきうし:tagakiushi)

・田掻馬(たがきうま:tagakiuma)

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

田打を含む俳句例

クルス下げ天草娘春田打つ/筍吉

金星を眦にして春田打ち/宮坂静生

春田打つかそかな音の海士郡/楸邨

荒鋤の田に鋤き込めり山桜/小島健

桐の花大和の国が田を鋤けば/澄雄

掌に拳一と打ち田起しへ/成田千空

掌に拳一と打ち田起しへ/成田千空

畑打つや屯田兵の裔いまも/東天紅

ふるさとの憶えは田打姿のみ/爽雨

梳る田打女の鍬ふと倒れ/牧野春駒

田を打つて弥々空の浅黄かな/一茶

ゆく雲の北は会津や春田打/岡本眸

減反は百も承知の春田打つ/大沢南渓

春田打つ鶴女房の村はづれ/有馬朗人

代数のきらひな末の春田打/金子雄山

象潟や媼霞みて荒田打つ/加藤知世子

烏来る田打弁当置きしあと/高野素十

山の上に円空佛や春田打/鈴木しげを

荒鋤田紫雲英残りて畔に咲く/村岡悠

田に田打常平倉の屋根に鶏/石井露月

俳句例:21句目~

扇骨を干すその先に春田打/大東晶子

一山の田打櫻のけさひらく/黒田杏子

田掻終ふ水の流れに農夫の瞳/中拓夫

田打鍬一人洗ふや一人待ち/高野素十

亀石の居眠る荒鋤田の真昼/野澤節子

梅林の中の一枚田を打てり/茂里正治

梅林の今日ヘだたりて荒田打/斎藤玄

田起しの日和の遊行柳かな/太田土男

惜春の虚しく鋤田ばかりなる/瀧春一

双肘に岳の日躍る峡田打/木下ふみ子

生涯の農かをとめも田掻する/及川貞

叱られて島の鼻まで鋤田牛/石川桂郎

田を鋤くを鴉がほめて安房の国/中拓夫

黒牛が鋤きて丹波の神の御田/茂里正治

耕牛の足短くてれんげ田鋤く/茨木和生

荒鋤きの田に煌々と波打てり/松村蒼石

どの家も田を打ちかけて春祭/白井爽風

荒鋤きや田へ引く水の朧にて/石川桂郎

ひねもすに春の石田を田打哉/松瀬青々

荒鋤田の残る一枚濡れとほす/野澤節子

俳句例:41句目~

藤原の祭も荒田鋤きゐたり/佐藤八百子

一人田を打つ音顔へ響くかな/今瀬剛一

鋤く乙女見渡す湖へ田はつゞく/及川貞

鋤眠る春の棄田のあおみたり/牧野桂一

遠く居し田打の人も雨に消え/松岡悠風

墓山の墓の見下ろす田打かな/阿部子峡

大涛に沈む日も見ず田打かな/渡辺水巴

鍬折々怒ひらめき峡田打つ/加藤知世子

千曲川くねりて春田打と会ふ/毛塚静枝

尼寺の隣の春田打たれけり/星野麦丘人

麹屋の蔵の裾より春田打ち/小島千架子

朝南風に立山近き田打かな/金尾梅の門

春田打つ胸に来信さしはさみ/友岡子郷

橋に下りし鷺に日弱り田打人/久米正雄

湖風の耳につめたき春田打/片山由美子

水流れきて流れゆく田打かな/芝不器男

烈風に畦をたのみの春田打/能村登四郎

流れ来し雲の中なる田打かな/白井爽風

血の滲む二足の草鞋春田打つ/武田和郎

遠きほど面輪は白し春田打/神尾久美子

俳句例:61句目~

深谷の花にはじまる田打かな/後長耕浦

鶺鴒のしづく光りて春田打つ/木村敏男

田掻波をさまり巡る源五郎/藤原たかを

ひろびろと田起しの雨近江なり/森澄雄

ほこほこと田起す方に岩手山/高澤良一

田打つ果燈台と知る小さき白/宮津昭彦

田起しに一と声かけて山の風/成田千空

田起しのいづこにをるも大没日/原田喬

田を鋤ける牛や角より行きちがふ/誓子

田ひばりや荒鋤の田の明るさに/堀文子

田を鋤くや橘寺の真下より/小澤満佐子

げん~を打ち起したる痩田かな/子規句集

茂吉忌の光背を持つ春田打ち/鳥居おさむ

窯焚いて春田は打たぬ君なれや/堀口星眠

山彦を引き寄せてゐる春田打/小泉八重子

本降りとなるまで山の春田打つ/後藤浩子

田を鋤くに雪形仔馬も歩み来よ/野澤節子

一人田を打ち暗き目をしてゐたり/大串章

田を鋤いて牛の伏目の日昏れまで/桂信子

田起しのひとりに越の梅あかり/橋本榮治

俳句例:81句目~

四角い田打つげんげ田の女かな/萩原麦草

田起しの土躍り出て蓮如の忌/鷲谷七菜子

打ちし田の広々とある夕かな/外島和香女

田打女について来る子も腰に泥/高野素十

目の奥にゐし春田打ゐずなりぬ/関戸靖子

東大寺普請に後れ田打かな/菅原師竹句集

泥田鋤きかくれの掟守り継ぐ/下村ひろし

母の忌や田を深く鋤き帰り来し/津田清子

深欲と言はれて田打つ素足われ/影島智子

枯色のまゝの春田を打ちはじむ/清崎敏郎

父の世に家業廃れて打つ田かな/野村泊月

田起しの小田の畦草なまなまと/高澤良一

でこぼこと鴉つきゆく春田打/藤井寿江子

田を打てり午前追叉手網の蜑/中戸川朝人

田打人みる~風に巻かれけり/大場白水郎

げんげ田を鋤く帰らざる人のごと/森澄雄

田打女に撫でてもらひに孕み猫/西本一都

今ははや目もなつかしき春田打/石塚友二

田打女の腰かけてゐる田舟かな/斎藤雨意

中共勝つ荒鋤の田にみつる土塊/古沢太穂

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ