季語/南瓜の花(かぼちゃのはな)を使った俳句

「南瓜の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「南瓜の花」について

【表記】南瓜の花

【読み方】かぼちゃのはな

【ローマ字読み】kabochanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花南瓜(はなかぼちゃ:hanakabocha)

・とうなすの花(とうなすのはな:tonasunohana)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

南瓜の花を含む俳句例

花南瓜尻窄りの通り雨/高澤良一

隣より蔓返されて花南瓜/林民子

湯治婆腰紐一つ花南瓜/遠藤梧逸

花南瓜雑居家族の飢深し/小池文子

桶匠の桶つくる音花南瓜/伊藤敬子

貧乏な日本が佳し花南瓜/池田澄子

狐かと南瓜の花に駭きし/右城暮石

山里の朝のかがやき花南瓜/村田脩

雨の日の日向に遊ぶ花南瓜/古舘曹人

戦地便着きし静けさ花南瓜/永井龍男

老農のいつも独りや花南瓜/仲佐方二

花南瓜汗ばむ母の顔ひそみ/大井雅人

舟小屋のうしろ日蔭の花南瓜/上村占

稲むらや南瓜の花に鶏諷ふ/梅沢墨水

母の鍬いつも戸口に花南瓜/伍賀稚子

畏くも玉音放送花かぼちゃ/高澤良一

馬鹿の腹いつも充実花南瓜/平畑静塔

いい加減降って止む雨花南瓜/高澤良一

豚の仔がころ~生れ花南瓜/中村としお

伊那訛やさし南瓜の花に霧/大岳水一路

俳句例:21句目~

南瓜の花破りて雷の逃ぐる音/西東三鬼

南瓜の花萎みぬ民話終りしごと/大串章

豚よりも愚で運がよし花南瓜/福田蓼汀

虻酔うて南瓜の花を出でにけり/小澤實

南瓜咲き百姓の子の大き臍/西野幸三郎

香たいて長命おそる花南瓜/鳥居美智子

売りし馬遁げ戻りきぬ花南瓜/横井迦南

孤かと南瓜の花におどろきし/右城暮石

早起の虻が来てをり花南瓜/大橋桜坡子

樺いろの焼雲たかし南瓜咲く/高井北杜

満月を南瓜の花が揚げにけり/川崎展宏

灯台の道に這い出て花南瓜/梅本しげ子

牛小屋の牛が貌出す花南瓜/柴田白葉女

砂を這ふ南瓜の花に島の雨/今井千鶴子

秋暑くアイヌに咲きぬ花南瓜/石原舟月

恵那山に雲湧きやまぬ花南瓜/遠藤梧逸

線路まで延び人好きの花南瓜/嶋野國夫

羽抜鶏はたとつるむや花南瓜/太田鴻村

花南瓜はいはいと婆逆らはず/辻田克巳

花南瓜艀へ伸びて津や古りし/茂里正治

俳句例:41句目~

花南瓜農夫に読まれ本白し/秋元不死男

南瓜咲いて民の慍りの解にけり/石井露月

南瓜咲く徒花ばかりにぎやかに/右城暮石

朗々たる南瓜の花に巻かれ棲む/中村和弘

花南瓜素顔にあればなつかしき/小山/遥

空は穴南瓜の花に取り巻かれ/金箱戈止夫

花南瓜馬車の世馭者の世は遠し/鷹羽狩行

落窪になだれはびこる花南瓜/楠目橙黄子

虻の輪の南瓜の花をはなれざる/本田閑秀

南瓜咲くや一茶旧居に似し土蔵/松村蒼石

見捨てられ雨の南瓜の花小さし/菖蒲あや

私設路次南瓜の花に瓦斯洩るる/宮武寒々

売る豚の走り出でたる花南瓜/青柳志解樹

這ひ出でて田水に乗れり花南瓜/荏原京子

遠雷に南瓜の花を見て過ぎぬ/田中貢太郎

邨の衆の何に羽織るぞ南瓜咲く/大谷句佛

咲き初めて雄花ばかりや花南瓜/河本遊子

雨の日は咲かぬものらし花南瓜/芦川巣洲

吏の妻として老い早し花南瓜/猿橋統流子

南瓜咲き室戸の雨は湯のごとし/大峯あきら

俳句例:61句目~

留守の座に向きて明るき花南瓜/加藤知世子

暁雲の光りしづまれる南瓜咲く/金尾梅の門

朝ぐもり海盤車の形に南瓜咲く/百合山羽公

花南瓜夕映遠くなりにけり/五十崎古郷句集

黄の濃さよ日の出前なる花南瓜/両角竹舟郎

半島のかぼちゃの花のパッパラパ/高澤良一

元気出てかぼちゃいろなる尿の色/高澤良一

頑張りのきくうちが華花かぼちゃ/高澤良一

かの飢えし日もかがやけり花南瓜/秋元草日居

移り住み南瓜の花を咲かせけり/三宮/美津子

花かぼちゃあさって向いて咲く一花/高澤良一

南瓜咲けりかの飢ゑし日と同じ黄に/徳永山冬子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ