季語/セルを使った俳句

「セル」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「セル」について

【表記】セル

【読み方】せる

【ローマ字読み】seru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「せ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

セルを含む俳句例

セルといふ頃を袷に病上り/上村占

中年を慎みて我セルの膝/喜谷六花

帯の上に集り流れセルの縞/高浜虚子

二三点雨の乾かぬセルの肩/日野草城

セルといふ短き季節愛すなり/上村占

湖風に女盛りのセル着たり/西本一都

袖といふ大きな袋セルを着て/八染藍子

行の意に従へりセルかろし/深川正一郎

蟻のぼる病のセルの黒きのみ/山口誓子

薫風や一帳羅張る古きセル/百合山羽公

秋のセル古き家風は失ひて/百合山羽公

盲目の老父やセルの襟合せ/百合山羽公

セルを着て髪美しき男かな/高橋淡路女

痩身にセル佳し錆で釘ふくれ/香西照雄

現し世の身姿のセル単へもの/高野素十

父のセル着て父の眼を感じをり/上村占

鶏卵を買ひきて拡ぐセルの膝/野澤節子

セル軽し机辺に花を飾るべく/飯田龍太

熱にすぐ膝冒されてセル寒し/下村槐太

セル匂ふ妻子なければ帯赤し/森川暁水

俳句例:21句目~

セルを著て時間に不足なき暮し/林真澄

セルの膝猫の重さをもて窪む/岸風三樓

セル着れば夕浪袖に通ふなる/久米正雄

セルを着て稚き金飼はむなど/沢木欣一

校正に出向く六月セルを著て/下村槐太

セルの頃旅は家庭を忘れつつ/京極杞陽

高くゆく雲と一日秋のセル/百合山羽公

相似たるセル着て心隔てをり/橋本榮治

セルを著て白きエプロン糊硬く/高浜虚子

セル召され十阿上人ホ句安居/小原菁々子

健康のもつともセルに勝れけり/飯田蛇笏

セル軽き端居の香をたつるなり/森川暁水

セル軽く荷風の六区歩きけり/加藤三七子

セル軽し妻の身忘れ歩みけり/柴田白葉女

七月のセル着せられて踊り見に/石川桂郎

亡き母の父の忌いつも紺のセル/田中英子

園の花みな薄呆けしセルを着る/久米正雄

夕空を広めむと歩すセル着なる/村越化石

得度すとなにげなく言ふセルの彼/森田峠

散歩して紐外れきし秋のセル/百合山羽公

俳句例:41句目~

旅ごろもセル一枚の手軽さに/楠目橙黄子

セルの季ひとすぢの川背に隠る/友岡子郷

海越ゆる一心セルの街は知らず/加藤楸邨

セルの胸買ひたる花の鉢を抱き/福田蓼汀

父のセル仮着に父を看護る日々/福田蓼汀

父のセル母が着わが着戦後経し/鈴木栄子

セルの袖煙草の箱の軽さあり/波多野爽波

獄長したえよと妻が云うセル着/橋本夢道

街をゆく着流しのセル昼の月/冨田みのる

セルは古びわが髪白を加ふなる/森川暁水

セルを着てほぼ年頃もおなじかな/上村占

セルを着て乳房窶るゝ科ありや/石橋秀野

セルを着て小さん贔屓の父なりき/石嶌岳

セルを着て昼月絮のごとくあり/友岡子郷

セルを着て村にひとつの店の前/飯田龍太

セルを着て父の世戦後続きをり/橋本榮治

セルを着て父を敬ふかぎりなし/中村汀女

セルを着て男さびしい背見せる/石川文子

セルを著て家居たのしむ心かな/高濱年尾

セルを著て帯くる~と和尚かな/河野静雲

俳句例:61句目~

セルを著て父なき故に大人びし/関口真沙

定年のあとの暮しやセル軽く/佐々木あきら

袖つまる古きセル着て風にたつ/百合山羽公

セルを着て人となり女とはなりぬ/北川左人

セルを着て手足さみしき一日かな/大野林火

なほ童心セルでかくせしネル寝巻/香西照雉

ひとの愛うたがはずセル着たりけり/安住敦

焼鳥を銜へてセルの夜なりけり/百合山羽公

川波のほとりにしばし秋のセル/百合山羽公

映画出てまだ明るしセルの肩を前/原田種茅

セルあつく野茨の垣とほりけり/川島彷徨子

セルを着て硝子の破片踏みて戻る/細見綾子

セルといふ仕立おろしは昔かな/小島千架子

セルに寒き雨降る遠く山羊が啼く/中島斌男

世のさやぎひしひし迫るセルの肌/林原耒井

セルを着て遺書は一行にて足りる/寺田京子

セルの膝甘えくる子を乗せにけり/岸風三樓

母の忌も経て襟合はす秋のセル/百合山羽公

セルの身にすこし離れて湯沸く音/下村槐太

セルを着て遊びにゆくや東京ヘ/松本たかし

俳句例:81句目~

出迎へのセルを召されし夫人かな/赤羽岳王

新馬鈴薯が丸くてセルの妻愉し/佐々木有風

戦中派われにセルの世あらざりし/岩崎照子

セル軽き端居に著莪のみどりあり/森川暁水

セル軽し書屋を出でぬ一日あり/深川正一郎

妻なきことつぶさや今宵セルを着て/森澄雄

セルを着て母の膝押しまた恋し/百合山羽公

セルを着てけさの箒は軽しといふ/永井龍男

セルを着し夜の水際草にほふなり/原田種茅

俳諧やセル著なしてはふはとぬぐ/加藤郁乎

襟もとを蜂になぶられ秋のセル/百合山羽公

詩人ありきセルに煙草の焦げ穴も/中村明子

風のなか行くセルの手に新刊書/柴田白葉女

マッチの火燃えて黄色やセルの胸/大峯あきら

わがセルは古り匂はずも子なきまま/森川暁水

浴後なりセル着て診るも許されむ/下村ひろし

セル買はむ銭持ち友の部屋に暮る/殿村莵絲子

セルを著て世を知らざりし若かりし/杉原竹女

セルを著ていつまで抜けぬ京言葉/松尾いはほ

痩せしことセルの胸元のみならず/山口波津女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ