季語/陽炎(かげろう)を使った俳句

俳句例:101句目~

囚人足寒橋脚昇る水陽炎/香西照雄

陽炎や体育教師屈折せり/攝津幸彦

陽炎や古きにかへる土一塊/中島月笠

陽炎や手に掬ぶ水口ヘまで/尾崎迷堂

陽炎や目につきまとふわらひ顔/一茶

水かぎろへる辺りより故郷/長谷川双

陽炎や朝日てらつく花の中/中村史邦

ギヤマンの如く豪華に陽炎へる/茅舎

陽炎も涙の中のものも揺れ/石田勝彦

かぎろへる大吊橋も通学路/衣川砂生

陽炎や土こぼしゆく苗車/市ヶ谷洋子

鱚釣や水かげろふの波殺し/冨田正吉

鯉はねて水かげろふの春障子/斉川妙

陽炎や野辺に捨てたる握飯/尾崎紅葉

陽炎やおさなき竹におさなき葉/魚目

陽炎の首を叩きて子の尿/長谷川秋子

芝草や陽炎ふひまを犬の夢/夏目漱石

陽炎や轡みがきのこぼれ籾/中川四明

陽炎やおとぎの国の時計台/及川秋美

陽炎や古希の情熱かと思ふ/橋本敏子

俳句例:121句目~

唐門の迦陵頻伽に遊糸かな/菅原師竹

豚駈けて牧の陽炎汚れける/桂樟蹊子

陽炎や蝶のいきする石の上/寺田寅彦

野馬に子供あそばす狐かな/野澤凡兆

大道芸なべて陽炎ふ自由席/高澤良一

陽炎やさく~と踏む砂の上/藤野古白

跳ぶ幼女水かげろふの向岸/佐藤鬼房

陽炎や落石ひびく前の岳/篠田悌二郎

陽炎や荷台の犬の遠ざかる/古澤千秋

孕み馬田に陽炎の一つ立ち/大畑善昭

字の何と陽炎立つや道標/松根東洋城

闘ふ艀の陽炎勁し襁褓干す/小林康治

陽炎は道の途中で首垂らす/鳴戸奈菜

陽炎か鹿かわからぬ翳よぎる/中田剛

陽炎や名もしらぬ虫の白き飛ぶ/蕪村

陽炎や芝居の幕を染める町/山口鴬子

天平の礎石かげろふ経楼趾/篠田幸子

志功展出て陽炎につまづけり/館容子

かげろふや破風の瓦の如意宝珠/許六

陽炎にいらか並ぶや遊女町/寺田寅彦

俳句例:141句目~

かげろふや昼より前はあくの滓/其継

陽炎や膝より下の小松原/東洋城千句

かげろふやいせの御祓捨てある/成美

かげろふの我肩にたつ紙子かな/芭蕉

陽炎の移り移れる旅人かな/野村喜舟

かげろふに俤つくれ石の上/松尾芭蕉

かげろふと共にちらつく小鮎哉/圃水

麦二寸陽炎立つ日また来べし/及川貞

陽炎によごれ気安し雀らは/西東三鬼

高陽炎老躯を支へ杖キラリ/香西照雄

陽炎や羽織脱ぎおく寺の縁/岸本尚毅

水の上或は這うて陽炎へり/鈴木花蓑

陽炎やひそみあへずも土龍/蕪村遺稿

陽炎へばさざなみ模様島甍/香西照雄

陽炎に坑梯消ゆる奈落かな/西本一都

陽炎を見失ふまで近づきぬ/朝倉和江

陽炎へば遠山低くなりにけり/星野椿

牛の背の陽炎ひて広く腰尖る/瀧春一

陽炎を薙いで交響曲溢る/鳥居おさむ

陽炎に蟹の泡ふく干潟かな/夏目漱石

俳句例:161句目~

黒雲母岩の陽炎ホームレス/斉藤夏風

陽炎を科学に括り嫌はるる/金子雄山

陽炎やむつましげなるつかと塚/一茶

陽炎のありか争ふ童べかな/幸田露伴

陽炎よ耳盲ふるは花の光か/片山桃史

畑中や陽炎はまだ藁の中/小檜山繁子

病者訪ふ幾崖越えし陽炎に/下村槐太

陽炎や馬屋の神馬に日は斜/幸田露伴

犬放つうしろ姿や野かぎろひ/及川貞

あしかびや白壁のぼる水陽炎/神蔵器

研物師水陽炎をこぼしゆく/野中亮介

破れ舟に陽炎のせて浜大津/樋口昌夫

陽炎や板とりて干す池のふね/炭太祇

陽炎や砂まみれなる生簀籠/岡田耿陽

陽炎やカスタネットの石畳/仙田洋子

陽炎や目立つ野中の一つ岩/井上井月

陽炎の深みと思ふ奈落あり/松山足羽

箒売り去りたる道の陽炎へり/大串章

こんこんと陽炎高し国府台/川端茅舎

のらくらと陽炎主宰月旦評/高澤良一

俳句例:181句目~

陽炎の中より現れし耕耘機/松山敏子

陽炎や我れに添ふ影鮮かに/島田青峰

陽炎の草に移りし夕べかな/臼田亞浪

陽炎と共に時計の中をゆく/加藤楸邨

かげろふやバターの匂ひして唇/小澤實

あるほどの養蜂箱の陽炎へる/西村和子

いとけなき陽炎のぼる象の尻/加藤楸邨

かげろふや丘に群がる兵の霊/石原八束

かげろふや夜べの網干す川の岸/炭太祇

かげろふや父に隠るる女の子/長香川櫂

かげろふや運河へひらく家の門/日原傳

荒金の煖炉かげろふ茂吉の死/平畑静塔

魂の大いに弱りかげろへり/小檜山繁子

ちらちらと陽炎立ちぬ猫の家/夏目漱石

つちくれに陽炎からむ青蜥蜴/石原舟月

かぎろひの野に石の貌石の尻/竹車悠紗

かぎろへるものに加へん鳥の墓/飴山實

乙女らの白妙の脚かぎろへり/室生犀星

炎上を過去に金閣かぎろへり/今井妙子

藪いでて常寂光寺かぎろへる/岸風三楼

タイトルとURLをコピーしました