季語/杉菜(すぎな)を使った俳句

「杉菜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「杉菜」について

【表記】杉菜

【読み方】すぎな

【ローマ字読み】sugina

子季語・関連季語・傍題・類語など

・接ぎ松(つぎまつ:tsugimatsu)

・犬杉菜(いぬすぎな:inusugina)

季節による分類

・「す」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

杉菜を含む俳句例

面相筆の細さ杉菜の風/北原白秋

雨水に杉菜涵りて夕蛙/飯田蛇笏

杉菜へ落ちた干物しろい/北原白秋

杉菜原深々とあり滋賀北端/渋谷道

杉菜の雨土足の谺渡殿に/下村槐太

墓原や湖のごと杉菜長け/勝又一透

芹摘の足を拭き行く杉菜哉/尾崎紅葉

湧水の木道に沿ひて杉菜生ふ/麓美奈

杉菜ばかりの竹の根もとだ/北原白秋

薬莢の現をひろう杉菜なり/中村和弘

水筒の水をこぼせる杉菜かな/辻桃子

杉菜そよ風竹の影になつた/北原白秋

杉苗に杉菜生そふあら野哉/加舎白雄

子の墓に杉菜の緑滲む如く/平松措大

母とゆく産土道の杉菜かな/小林康治

人間は杉菜と土筆の間かな/柿本多映

春深し杉菜のはては水の中/永井龍男

山畑に杉菜波打つ御師部落/菅原文子

凍解けの掘る根だたみ杉菜/喜谷六花

杉菜には杉菜の世界翳りあふ/有働亨

俳句例:21句目~

杉菜の墓一つ墓石が新しく/高澤良一

啄木も賢治も行きし杉菜かな/原田喬

杉菜の崖憂しや高校卒業して/右城暮石

カッパ淵杉菜の青を流しけり/高澤良一

今迄はしらで杉菜の喰ひ覚え/広瀬惟然

夕づくや杉菜をさなき鰻塚/小澤満佐子

家建てて杉菜が生ず束の間よ/細見綾子

小川二つ並び流るゝ杉菜かな/高浜虚子

だんだんに杉菜遊びの乳母車/姉崎蕗子

戦後飢えし記憶の中の杉菜道/田中鬼骨

曇り硝子しめても向うの杉菜/北原白秋

杉菜生ふる掘り崩す築地なり/小澤碧童

碑は傾ぎ杉菜斯く生ふ処刑塚/景山筍吉

窯出しの瓦積みをり杉菜の芽/北浦幸子

絵馬落ちて裏返しなる杉菜かな/原月舟

葦の水真澄みに杉菜涵りけり/飯田蛇笏

蓬々と杉菜生ふるは地の果か/三橋鷹女

雨二日杉菜に厚みくははりぬ/中嶋秀子

お濠の杉菜一面な吹く中の鴨/喜谷六花

雨漏りのわが頭蓋あり杉菜原/佐藤鬼房

俳句例:41句目~

蟇出でて杉菜のいろの総立ちに/上村占

すさまじや杉菜ばかりの丘一つ/正岡子規

幼稚園は休みです杉菜ぞくぞく/北原白秋

大雨の杉菜の宵となりにけり/大峯あきら

挿木細く杉菜の中に活きゐたり/西山泊雲

新墓は杉菜の露に明け放ち/阿部みどり女

くるひとぶ鵯に杉菜の露ぐもり/松村蒼石

旅人の如く杉菜を見てをりし/村中/美代

今まではしらで杉菜の喰ひ覚え/広瀬惟然

少年の匂ひとなりぬ杉菜生ふ/千代田葛彦

野に生れし杉菜よ地獄まで届け/櫂未知子

鉄道員雨の杉菜を照らしゆく/福田甲子雄

杉菜など墓地に生ふもの皆青く/高濱年尾

利根川のいたく濁れる杉菜かな/木津柳芽

ポケットの貝が哭くなり杉菜道/佐川広治

露むすぶ杉菜に朝の暇かな/阿部みどり女

杉菜の雨民の竃の一つを焚く/中村草田男

杉菜の下無為やはらかき真黒土/中村草田男

杉菜ゆさっ土日のあとの通勤路/白石みずき

身を出でて杉菜に跼む暗きもの/河原枇杷男

俳句例:61句目~

目にたどる杉菜が断ちて蜷のみち/石川桂郎

杉菜呆けて杉の木となる日永かな/高橋睦郎

杉菜生ふこのふるさとの日を青く/岸秋溪子

やはらかき杉菜の中に坐りけり/大橋櫻坡子

練馬野は住み憂かりける杉菜かな/村山古郷

塵取りにしほれてかゝる杉菜かな/松藤夏山

牛の息杉菜の露にかかりけり/阿部みどり女

古池へ下りる道なき杉菜かな/五十崎古郷句集

ゆららかや杉菜の中に日は落つれ/芥川龍之介

ぼうと杉菜に雨の灯うかべ妻子病む/佐藤鬼房

つくづくさびしいと杉菜見てゐる人/北原白秋

たそがれはたそがれの香を杉菜生ふ/古田紀一

杉菜びつしりのつめたさに脚投げぬ/原田種茅

目に立ちしときは杉菜でありにけり/稲畑汀子

忘れねば杉菜濃き野の濃きうれひ/稲垣きくの

これ杉菜これはこべらよ土手つゞく/高木晴子

杉菜噴き出すコンクリートの不覚/稲垣暁星子

とうすみ蜻蛉かくれし初夏の杉菜かな/中島月笠

しんしんと萌えしんしんと杉菜冷ゆ/千代田葛彦

杉菜が伸びる死者の来た日も来ない日も/稲葉直

俳句例:81句目~

鶏小舎の杉菜ぞつくりひよこだけゐる/北原白秋

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ