季語/陽炎(かげろう)を使った俳句

「陽炎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「陽炎」について

【表記】陽炎

【読み方】かげろう

【ローマ字読み】kagero

子季語・関連季語・傍題・類語など

・陽炎燃ゆる(かげろうもゆる:kageromoyuru)

・糸遊(いとゆう:itoyu)

・遊糸(ゆうし:yushi)

・野馬(やば:yaba)

・陽焔(ようえん:yoen)

・かぎろい(かぎろい:kagiroi)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

陽炎を含む俳句例

陽炎や日本の土に殯/子規

陽炎や新吉原の昼の体/一茶

陽炎に干鰯や宿はづれ/巴流

陽炎や雫ながらの肴銭/一茶

丈六に陽炎高し石の上/芭蕉

陽炎に敷居を越る朝日哉/一茶

陽炎に何やら猫の寝言哉/一茶

陽炎にぱつかり口を蜊哉/一茶

陽炎やおのが翅を池の水/園女

陽炎や鍬捨てゝ置く畠中/成美

陽炎にくい~猫の鼾かな/一茶

糸遊や埃にしらむ町の松/鼓舌

陽炎や鍋ずみ流す村の川/一茶

陽炎や敷居でつぶす髪虱/一茶

陽炎や折敷の飴の棚晒し/野径

陽炎のづんづと伸る葎哉/一茶

泉殿水かげろふも庇内/高木晴子

あそびの輪ぬけし一人に陽炎へる

陽炎や石の仁王の力瘤/正岡子規

糸遊や曲を操る水の音/浜田酒堂

俳句例:21句目~

陽炎や景清入れし洞の口/炭太祇

陽炎や春の汗干下小袖/松岡青蘿

陽炎やそば屋が前の箸の山/一茶

陽炎や臼の中からま一すじ/一茶

陽炎に躍る鰌や鶴の閑/野村喜舟

陽炎や老眼くもる鏡研/幸田露伴

陽炎にめしを埋る烏哉/小林一茶

陽炎の渚踏み来る肩車/塙三千男

陽炎や筏木かはく岸の上/炭太祇

陽炎や厩の軒の古合羽/寺田寅彦

陽炎や笠の手垢も春のさま/一茶

陽炎や我に無き人我を出る/耕衣

陽炎や寝たい程寝し昼の鐘/一茶

陽炎やわらで足ふく這入口/一茶

陽炎や馬をほしたる小松原/一茶

干網に立つ陽炎の腥き/夏目漱石

陽炎や猫にもたかる歩行神/一茶

陽炎や石の魂猶死なず/子規句集

陽炎や歩行ながらの御法談/一茶

陽炎の中にちらすや麻の種/樗堂

俳句例:41句目~

陽炎や馬糞も銭に成にけり/一茶

陽炎や下は流るる水ながら/平水

陽炎や砂に坐りて蛇籠あむ/篠原

古杜陽炎力無くもえぬ/正岡子規

古草に陽炎をふむ山路かな/大魯

糸遊やいまも筑波に陣中膏/原裕

陽炎の麦ひき延す小昼かな/路通

陽炎や同じ長けなる小松原/塘南

馬の尾に陽炎ちるや昼旅籠/惟然

陽炎や吹よせられて草の隅/怒誰

陽炎や薬の賣る廣小路/井上井月

陽炎や切欠てうるしなのゝ山/一茶

いじめると陽炎になる妹よ/仁平勝

陽炎や列車の中を速歩き/永末恵子

陽炎の手の皺からも立にけり/一茶

陽炎の村の掟を守り棲む/福田蓼汀

枯芝ややや陽炎の一二寸/松尾芭蕉

面影は陽炎ほどの男らよ/中村苑子

陽炎や枯野の時の馬の糞/正岡子規

陽炎や加茂の堤の古へは/野村喜舟

俳句例:61句目~

暁鵯に濤かげろふの堂廂/角川源義

巌のぼる水の陽炎梢まで/西村公鳳

陽炎や庇ふきたる杉の皮/広瀬惟然

彳めば曇る眼鏡や陽炎へり/上村占

かぎろひの丘の筍五六本/細川加賀

一つづつ陽炎あげて落椿/加藤霞村

糸遊やみすやの針の長短/中川四明

陽炎〔や〕道灌どのゝ物見塚/一茶

陽炎や茨の芽赤き藪の中/石井露月

糸遊へ誘はれ給ふ仏かな/沢木欣一

纜を陽炎ふ石に結び去る/近藤一鴻

陽炎や柴胡の糸の薄曇り/松尾芭蕉

澎湃と陽炎わたる沙の上/加藤秋邨

陽炎にさら~雨のかゝりけり/一茶

陽炎につまづく母を遺しけり/耕二

陽炎や塚より外に住むばかり/丈草

陽炎や墓の中まで透析日/朝倉和江

陽炎や此頃できし小石道/正岡子規

種俵大口あけて陽炎へり/前田普羅

かげろふや簣に土をめづる人/蕪村

俳句例:81句目~

陽炎に包まれ証拠不十分/後藤立夫

五感衰へ陽炎となる母か/奥坂まや

中秋や松にとびつく水陽炎/坂本登

陽炎や手に下駄はいて善光寺/一茶

陽炎に瓜十片を遺し征く/高橋馬相

陽炎に生まれぬ兄を思ひ出す/林桂

陽炎や酒にぬれたる舞扇/高井几董

墓石の傍のこどもの陽炎よ/中田剛

陽炎や破れ小靴が藪の中/飯田龍太

陽炎や砂より萌ゆる月見草/秋櫻子

三鬼死す陽炎逃場失ひて/小林康治

陽炎や足もとにつく戻り駕籠/去来

理立の土累々と陽炎へり/斉藤夏風

鴛鴦の胸分けの陽炎の水/瀧井孝作

陽炎のもえて田にちる椿かな/曲翠

陽炎のものみな風の光りかな/暁台

糸遊や弁財天まで船に乗り/森澄雄

陽炎や薄目の亀の子が歩む/中拓夫

陽炎の中に二間の我が庵/高浜虚子

陽炎の中に泳ぐ手一輪車/新井真衣

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ