季語/カンナを使った俳句

俳句例:101句目~

カンナひらひら運河逆流してゐたり/山田真砂年

風のごときひかり走れりカンナの緋に/山崎為人

カンナ赤しここにしてわかきいのち果つ/瀧春一

カンナ二本夜明となりし海の辺に/阿部みどり女

カンナうつる流れゆるやか魂送り/阿部みどり女

またたきをせし間の生死カンナ燃ゆ/野見山朱鳥

思ひ出してカンナの種を探しけり/阿部みどり女

カンナ咲きたのしきことの絶えてなし/加倉井秋を

老いしとおもふ老いじと思ふ陽のカンナ/三橋鷹女

陽あたりのカンナの広葉危機は午後に/鈴木六林男

カンナカンナ血のいろとなるまでカンナ/田井三重子

カンナまだ咲く家を越すことにしてゐる/栗林一石路

スト経て君らに去年より荒れて咲くカンナ/古沢太穂

タイトルとURLをコピーしました