季語/カンナを使った俳句

「カンナ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「カンナ」について

【表記】カンナ

【読み方】カンナ

【ローマ字読み】kanna

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花カンナ(はなかんな:hanakanna)

・檀特の花(だんとくのはな:dantokunohana)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

カンナを含む俳句例

熊本や朝鮮飴と花カンナ/才記翔子

街道に咲く痩カンナ痩老婆/三橋鷹女

老人の我流体操カンナの辺/高澤良一

蜜と乳賜ふカンナの白炎天/加藤耕子

海を抽くカンナ眼も少年期/桜井博道

大虻を吸ひしカンナの燃上り/上野泰

景色を凸凹にするカンナかな/京極杞陽

骨太に生きんと思ふカンナ咲く/滝青佳

鉄を打つ一瞬カンナ黄に眩み/三橋鷹女

釣瓶竿長しや島のカンナ燃ゆ/木村蕪城

庭にカンナ心にカンナ相対す/加藤秋邨

カンナの黄禁忌の稚児の肩車/吉田紫乃

散りし花のせてカンナの広葉かな/千仭

大学祭カンナ青年の丈に燃ゆ/宮坂静生

甃カンナの家をたかくして/川島彷徨子

一頁のこしカンナの駅に着く/山田桂三

滑走路尽きてすぐ海花カンナ/池田秀水

カンナ咲き畳古りたる天主堂/大島民郎

カンナ咲く海の遠のく埋立地/田山諷子

カンナ朱に神の愛憎いづれなる/岡本眸

俳句例:21句目~

天辺の花開くまでカンナ燃ゆ/乙武佳子

医師達の非常階段カンナ咲く/対馬康子

法廷や八朔照りのカンナ見ゆ/飯田蛇笏

水売の跣の過ぎしカンナかな/小池文子

女の唇十も集めてカンナの花/山口青邨

水カンナ霜月の種こぼしけり/青木重行

カンナ燃え異人眺めし海輝やく/清水基吉

ことに海青き日カンナ紅き日よ/河原白朝

カンナ赤し鋭し雲が突きさゝり/岩田昌寿

カンナ赤黄海老の形に狂者の屍/岩田昌寿

カンナ黄にはじまりは饒舌です/白石司子

乞丐たりかつ王子たりカンナ立つ/竹中宏

カンナの風農夫の影の紺となる/桜井博道

學校と見えてカンナを土手の内/寺田寅彦

カンナの黄雁来紅の緋を越えつ/飯田蛇笏

吹きしぼるカンナの揚羽何駅ぞ/石田波郷

夕凪の濃さに息づくカンナかな/久米正雄

眼帯のうちにて炎ゆるカンナあり/桂信子

水郷は隅なく晴れてカンナの緋/末永悦代

広芝の風の行方にカンナの緋/中口飛朗子

俳句例:41句目~

海あがり裸足で連るるカンナや/原田種茅

潮風にちぎれんばかりカンナ紅/田中英子

痩せてゆくカンナの夜と檻の声/久保純夫

秋暗しまた燃え返すカンナの緋/林原耒井

荒磯の風に燃え立つカンナの緋/西村美枝

貧血のカンナの朝を尾行せよ/増田まさみ

カンナ燃えつきて夕風素通りす/鬼塚梵丹

カンナ燃え合せ鏡に挟み撃ち/小檜山繁子

喪の旅の岬に赤きカンナ咲く/近藤/紀代女

右の耳ばかりが熱きカンナかな/夏井いつき

草繁らせて秋が身にしむ花カンナ/林原耒井

花垂れてカンナそばゆる荼毘の場/石原舟月

火のカンナ火のシベリウス断続す/加藤楸邨

カンナの黄吐息ハンカチ以て蔽ふ/下村槐太

耳の如くカンナの花は楽に向く/田川飛旅子

老いぬれば我が丈低しカンナより/三橋鷹女

厚化粧する緋のカンナ咲きにけり/谷口桂子

空梅雨のカンナや迷ふこともなし/加藤楸邨

火の山へカンナの赤き道つゞく/穴井梨影女

幽霊のよく出た庭よりカンナ咲く/五島高資

俳句例:61句目~

久々に来たればカンナ枯れてあり/岸本尚毅

カンナ炎えビゼーの曲が早瀬なす/河野南畦

煩悩のかくも鮮やかなるカンナ/長谷川秋子

応えるはカンナの赤の夜の向う/鈴木六林男

子の胸のあたりに発火してカンナ/金子/敏

夏見舞派手な切手を貼つて出す/堀/カンナ

峡の町にカンナを見たり旅つづく/川崎展宏

死神に踏み込まれたるカンナの家/高澤良一

黄のカンナ盲目のごとく花終ふ/石塚まさを

カンナ燃ゆ生涯学習といふ講座/高尾まもる

逢ひにゆくカンナの緋途切れざる/高浦銘子

カンナ燃ゆ女は小さき嘘をつき/田村登喜子

カンナ咲きつゞき家居のつゞかざる/稲畑汀子

カンナ咲く日の水にざぶざぶ入りぬ/原田種茅

カンナ枯れ風に鳴ることだけ残る/加倉井秋を

カンナ燃えいよいよ海は寂しい画布/鈴木修一

本屋の前自転車降りるカンナの黄/鈴木しづ子

勾玉出土森にふしぎなカンナ咲き/神尾久美子

ホスピスの静まりかへりカンナ咲く/原島悦子

不惑とはカンナの群れてゐるあたり/櫂未知子

俳句例:81句目~

カンナ燃ゆ孫の毬などかくしながら/楠本憲吉

百合/カンナ葉がくれなるは藤の房/林原耒井

空の澄み名残りのカンナ燃ゆれども/臼田亜浪

カンナ立ち廃兵いまだ巷にあり/長谷川かな女

聖墓苑カンナ/ユッカも咲きて冬/下村ひろし

あらあらとカンナの真昼逢ひに行く/野木桃花

葉ばかりのカンナとなりぬ祷りつつ/三橋鷹女

カンナ燃ゆ乳房にふせる双手ぐせ/大沼よし子

しとしととカンナに雨の降る日なり/岸本尚毅

親のたけ子が抜き畑のカンナが抜く/右城暮石

手に負へぬ赤さのカンナ咲き出して/高澤良一

カンナの列へ干潟刻々ちゞまり来る/横山白虹

夜のカンナ指先のちから文字となす/桜井博道

颱風外れぬカンナはなほも花に富む/津田清子

鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ/渡辺白泉

鶏食ひしわれカンナより高く立つ/久保田慶子

カンナ燃えさかれど避暑期はや峠/久保田万太郎

籾干すやカンナいつまで咲くことか/金尾梅の門

都護府とは砂のまほろばカンナ咲く/鳥居おさむ

浪乗りの塩からき目にカンナの黄/久保田月鈴子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ