季語/神無月(かんなづき)を使った俳句

俳句例:101句目~

手の足の光ることせむ神無月/清水径子

時雨月をり~除夜の鐘照らす/高濱年尾

海原の如く照らしぬ時雨月/波多野爽波

詣で来て神有月の大社かな/石田雨圃子

二三日風邪にこもるや時雨月/松瀬青々

神無月や雨月の傘に散る紅葉/西山泊雲

芸の道思ひたやさね神無月/武原はん女

巌風呂に濤音こもる神無月/坂本山秀朗

葬人の野に曳くかげや神無月/飯田蛇笏

蔵相が出かけて行きぬ神無月/高澤良一

カナリヤをひきずる猫も神無月/岸本尚毅

兀山や化をあらはす神無月/ヲハリ-素覧

切先のどこを向いても神無月/神尾久美子

神無月水のほとりに酔へるこゑ/田中裕明

神無月たかくオリオン矩を正す/原子公平

手に触るるものみな薄し神無月/石川桂郎

群鳴いて鴉過ぎゆき神無月/阿部みどり女

あたたかき島の空なり神無月/八木林之介

和紙のごとき一日ありき神無月/松林尚志

君骨となるを待ちをり神無月/秋山巳之流

俳句例:121句目~

鳴き合ふは雄鹿ばかりの神無月/加藤憲曠

野々宮やさしわたりたる時雨月/鈴木花蓑

からたちの棘などおもひ神無月/神尾久美子

かんかんと鳴り合ふ竹や神無月/山田みづえ

たらちねとして日々深し神無月/中村草田男

とことはに黄味さす父母や神無月/三橋敏雄

にはとりの黄のこゑたまる神無月/飯田龍太

枯るるものみな枯れていく神無月/八十島稔

日が射して山かるくなる神無月/中尾寿美子

脇見してふと見えわたる神無月/中尾寿美子

言葉の矢刺さりしままに神無月/関野八千代

国栖の地図ひろげ見入り神無月/渡部伸一郎

歯ブラシのつかれし毛先神無月/木谷はるか

山みちの掃かれてありぬ神無月/大峯あきら

ひとは火を焚いてあそべり神無月/神尾久美子

神無月主治医変はりてゐたりけり/秋本ひろし

神無月/妻のまま盲となりぬ菊枕/宇多喜代子

タイトルとURLをコピーしました