季語/息白し(いきしろし)を使った俳句

「息白し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「息白し」について

【表記】息白し

【読み方】いきしろし

【ローマ字読み】ikishiroshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白息(しらいき:shiraiki)

季節による分類

・「い」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

息白しを含む俳句例

橋をゆく人悉く息白し/高浜虚子

横笛を吹く白息の一呼吸/井上雪

中年の華やぐごとく息白し/原裕

白息の人をつつめる石鼎忌/原裕

舟唄の白息あげて最上川/森玲子

青年の一語一語の息白し/島津亮

息白し根本中堂常闇に/高澤良一

東欧の民族民族息白し/川崎展宏

白息の新しき闇広目天/小島千架子

愛盡す妻の白息耳の辺に/小林康治

息白し長屋の空に変圧器/沢木欣一

白息のごと紅梅の蕊真白/吉野義子

白息に老の一徹通しける/西川五郎

犇めきて白息競ふ子豚かな/河野真

溜息の如白息の如噴煙/殿村莵絲子

雁をわが白息の上に見し/杉山岳陽

最澄の書に息あはせ息白し/上村占

朝市の売手買手の息白し/鎌田利彦

襟に幣さし白息の情け言/友岡子郷

人の老美しく吐く息白く/富安風生

俳句例:21句目~

合宿の訓辞もつとも息白し/樋笠文

息白く仏顔仰ぐ大和かな/中里美恵

団子汁吹く息白し峠茶屋/房前芳雄

樹氷原わが白息の生臭し/渡辺恭子

息白く太極拳に集ひ来し/谷口忠男

元日の白息を見す赤子かな/岸田稚

白息を生のすさびと美しく/斎藤玄

息白し人こそ早き朝の門/中村汀女

息白く心奪ひし女かな/加藤三七子

沼の息わが息白し暁けゆけり/沢聰

小走りに薪を取りに息白し/上野泰

馬の息白し藁束燃ゆる辻/大井雅人

唇に夜となりつつ息白し/依田明倫

白息や北斗わづかの片曇/杉山岳陽

朝の陽に段々畑息白し/澤柳たか子

白息の続く限りを弁解す/柴田奈美

鳩籠に少年の息白く迅し/石田波郷

息白く神田の古書の森歩む/岡田貞峰

息白く細しく何か諭しゐる/鈴木貞雄

息白く花見小路を鉢たゝき/角川春樹

俳句例:41句目~

深井戸に降る月光と白息と/中村苑子

牛の白息田の四方より冬の音/中拓夫

さし寄せし暗き鏡に息白し/中村汀女

息白く額を広くうらぶれて/杉山岳陽

白壁の囹圄白息紛れやすく/香西照雄

白息と気付き駅まで楽しかり/峠素子

白息の内側見えて夫婦かな/吉田紫乃

白息の出てより声す蒟蒻掘/松本康男

息白し何昂ぶりて行く人ぞ/犬塚華苗

一僧の吐く息白く鐘をつく/中村仏船

一列に遺跡掘る人息白し/今井真寿美

一抹の夜の息白く別れ来し/西島麥南

白息の日本語をつれ天壇へ/矢島房利

君煙草口になきとき息白し/星野立子

善哉をたべて互みに息白し/長谷川櫂

白息や後仕末つけるだけの旅/杉本寛

息白し極光の青噴き出でて/澤田緑生

息白し残留孤児といふ老も/三嶋隆英

大楠に朝のおとづれ息白し/玉城一香

白息をゆたかに齢忘じゐる/上川謙市

俳句例:61句目~

白息を吐いて朝礼始まりぬ/中村輝峰

家を出る門を一歩の息白し/高浜年尾

小鼓を打ち終はりても息白し/井上雪

脚太き馬の白息多喜二の街/茨木和生

舞楽面鬼の白息たちのぼる/吉原文音

息白し餌を撒く人も丹頂も/牧野寥々

走り来て白息といふ余力あり/風間圭

餓鬼鴉われの白息奪はれじ/村越化石

息白き家鴨に畦は音を発す/下村槐太

撃剣の面を溢れて息白し/田川飛旅子

欠伸せし息白ければ家思ふ/香西照雄

歩々の息白く頽齢に山仰ぐ/福田蓼汀

法楽や仮面を這つて息白し/矢島渚男

烏瓜咲かすや魔女の息白く/岩崎すゞ

生国を忘れし母の息白し/大木あまり

生徒等のいま反抗期息白く/木村蕪城

花禰宜の息白々と祓ひをり/山田文子

荒涼たる星を見守る息白く/野澤節子

葬りきて吾を離るる息白し/木村敏男

車椅子進め受洗の息白し/冨田みのる

俳句例:81句目~

息白く七日の家長家を出づ/石田波郷

車窓曇らせし別れの息白し/山田弘子

息白く丹頂鶴のひとつ鳴き/辻ゆづる

道曲り一人となりし息白し/嶋田一歩

長崎のにんげんの丘息白し/夏石番矢

息白く寄ればゆらぎて空也像/上村占

息白う馬は二た重の瞼かな/林原耒井

駆けり来し幼らの皆息白し/山岡黄坡

一切を告げてしづかな白息よ/長田等

息白く我よりわれを解き放つ/岡本眸

息白く戻り来し子の忘れ物/岡田順子

三人子の白息砂糖壺に満ち/石川桂郎

丹頂の白息天へ吐かれけり/嶋田麻紀

息白く星と交せる一私心/つじ加代子

息白く朝の汽罐車みて愉し/西島麦南

息白く未知の校門子はゆけり/及川貞

僧と会ひ又白息の僧と会ふ/毛塚静枝

入営子白息もつて応へけり/萩原麦草

北穂高かげ落すわが白息に/杉山岳陽

妙齢の白息に触れ旅なかば/力石郷水

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ